海外映画(洋画)の動画情報をまとめたメディア|人気映画や最新映画を今すぐネットで無料視聴する方法紹介

ヒトラー 〜最期の12日間〜の動画(字幕/吹き替え)を無料視聴する方法

『ヒトラー 〜最期の12日間〜』は、2014年の秋に公開されたドイツ、オーストリア、イタリア共同制作による戦争映画で、ドイツ第三帝国総統アドルフ・ヒトラーの総統地下壕における最期の日々が描かれた作品です。

今回は『ヒトラー 〜最期の12日間〜』のフル動画を無料で見るための方法を、いろんな動画配信サービスやサイトを比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ちなみにU-nextなら『ヒトラー 〜最期の12日間〜』を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

 

ヒトラー 〜最期の12日間〜が視聴できる動画配信サービス一覧

動画配信サービスはいろんな種類がありますが、「ヒトラー 〜最期の12日間〜」を無料で視聴できるサイトをまとめました。

配信サービス名 字幕動画 吹き替え動画 月額・ポイント・無料期間
U-NEXT

実質無料

実質無料

31日間無料
月額1990円 600円分配布
NETFLIX

見放題

見放題

無料期間なし
月額800円 ポイントなし
TSUTAYA DISCAS

実質無料

× 30日間無料
月額2417円 1100円分配布
Amazon プライムビデオ

見放題

× 30日間無料
月額500円 ポイントなし
dTV

見放題

× 31日間無料
月額500円 ポイントなし
Music.jp

330円

× 30日間無料
月額1958円 1600円分配布
ビデオマーケット

330円

× 初月無料
月額500〜2000円
540〜2160円分配布
クランクインビデオ × × 2週間無料 月額990円
2000ポイント配布
Hulu × × 1ヶ月無料
月額960円 ポイントなし
TELASA × × 30日間無料
月額562円 550円分配布
Abema TV × × 1ヶ月間無料
月額960円 ポイントなし
FOD × × 2週間無料
月額888円 900円分配布
Paravi × × 2週間無料
月額1027円 チケット1枚配布
Disney DELUXE × × 初月無料
月額770円 ポイントなし

U-nextなら登録してすぐに『ヒトラー 〜最期の12日間〜』を実質無料で視聴できます!

また、U-nextなら、ヒトラー 〜最期の12日間〜以外の全シリーズの取り扱いもありますし、31日間の無料期間があるのでゆっくり視聴できてオススメです。

さらに、U-NEXTは業界トップの作品数を取り扱っているので無料トライアル期間内でたくさんの作品を見放題で楽しむこともできます。

ですので、U-NEXTを使ったことがない場合は、ぜひ一度無料トライアルで試してみてください。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

とは言っても、 動画配信サービスに登録しなくても無料で見れるサイトもあるんじゃないの?と思う方もいるかもしれません。

そこで、動画配信サービスサイト以外の無料配信サイトでの「ヒトラー 〜最期の12日間〜」の配信状況に関してまとめてみました。

 

ヒトラー 〜最期の12日間〜の無料動画一覧

YoutubeやTverなど、無料動画視聴サイトにおいて、「ヒトラー 〜最期の12日間〜 字幕」 「ヒトラー 〜最期の12日間〜 吹き替え」で検索した結果が以下となります。

ヒトラー 〜最期の12日間〜の字幕動画

字幕動画の検索結果をまとめましたが、予告編の映像や映画のワンシーンを切り取った動画などが主な検索結果となっています。

youtubeでは取り扱いはありますが、購入またはレンタルをしないといけないのが現状となっています。

youtube GYAO ニコニコ動画
TVer 動画イズム

無料動画サイトで動画がなく、すぐにヒトラー 〜最期の12日間〜を無料視聴したい場合は「U-next」がおすすめです♪

続いては吹き替え動画の検索結果です。

吹き替え動画

続いて、ヒトラー 〜最期の12日間〜の吹き替えの検索結果ですが、こちらも予告編の映像や映画のワンシーンの動画が表示される傾向にあります。

字幕と違う点は、本作をネタにした面白動画がより多く表示されている傾向にあるというところです。

youtubeなどで取り扱いはありますが、こちらも字幕と同様に、購入しないと視聴が出来ず無料で視聴できる動画は無料サイトでは見つかりませんでした。

youtube GYAO ニコニコ動画
TVer 動画イズム

ご確認いただけるように、ほとんどの場合は、フルの動画の視聴は難しく、画質や音質が悪いものが多いのが実情です。

仮にあったとしても著作権ですぐに削除されてしまうだけでなく、

このようにウイルスに感染し、個人情報を抜き取られたり、悪質なサイトに入ってしまうリスクも高くあるのです。

しかし、動画配信サービスを利用すれば

  • ウイルスに感染する可能性がない
  • 高画質・高音質でフル動画を観ることができる
  • 途中で広告などが入ってこない

といったメリットがあるだけでなく、『U-next』であれば、31日間の無料トライアル期間があるので、ストレスなく視聴できてオススメです♪

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

以上、ヒトラー 〜最期の12日間〜を無料で視聴する方法を説明しましたが、ヒトラー 〜最期の12日間〜に至るまでの流れを忘れている方も多いのではないでしょうか?

より、ヒトラー 〜最期の12日間〜を楽しんで頂くために、過去のあらすじと共に作品情報もまとめましたのでご覧ください!

 

ヒトラー 〜最期の12日間〜のあらすじ

本作品の良いところは、ヒステリックなヒトラー批判で終わっていない、という点だ。
ベルリン陥落前夜、追いつめられたヒトラーが、臣下にあたり散らす場面では万人が想像する、破滅直前の独裁者の姿そのものだが、その一方で、妻エヴァがヒトラーに我が儘を申し出ると、「国家財産の私有は許されないよ」と優しく諭す場面も描かれており、きっと、このような発言もしたに違いないだろうな、と思わせます。

今までの作品は、ヒトラー=極悪な狂気、としか表現されていませんでしたが、何故、論理的・理性的なドイツ国民が、結果としてヒトラーを選んだのか、説明できていません。

本作品を見ると、哀れな初老の、しかし指導者としてはそれなりの見識をわきまえた、特殊ではないドイツ人、として描かれており、現実的なヒトラー像を映し出すのに成功しています。

またヒトラーだけででなく、エヴァブラウン、ゲッベルス一家、シュペーア、ヒムラー、ゲーリング、みんなそっくりで、映画を見ながらこの人(例えばゲッベルス)は、きっとこんなことを言う、こんな性格の人だったのだろうなと思ってしまいます。

ヒトラーの映画を色々見ましたが、私は、一番いいと思いますよ。
ただ、残念なことに、DVDでも日本語吹き替え版は用意されていません。
(しかし、登場人物-ヒトラー・ゲッベルス-は、なんと、「声」まで似ていますので、字幕で見た方が良いかもしれません。)

ヒトラー 〜最期の12日間〜の作品情報

公開日 2004年9月16日
配給 コンスタンティン・フィルム
制作国 ドイツ、イタリア、オーストリア
上映時間 156分
公式サイト https://gaga.ne.jp/hitlerisback/deep/index.html

ヒトラー 〜最期の12日間〜はヒトラーの人間的側面に踏み込んだ作品でしたが、当時のドイツの様子を再現されており、ヒトラーやその周囲の人物たちの最後の姿を、史実にも忠実に描かれているように感じ、とても引き込まれました。

単なる映画ではなく、当時のドイツの置かれた状況を詳しく知ることができ、さらに心が揺さぶられる作品だと思います。

よりヒトラー 〜最期の12日間〜の世界観に浸ることができるように、既に試聴されたヒトラー 〜最期の12日間〜ファンの興奮しているリアルな声も集めてみました!

ヒトラー 〜最期の12日間〜の感想

作品の感想

TANK(40代・女性)
戦争って何のためにやるのでしょうか?「ヒトラー最期の12日間」を見ていたら、わからなくなりました。ヒトラーがやってきたことは、許されるものではありません。ユダヤ人の大虐殺は、話を聞くだけでも背筋が凍ります。ヒトラーが政権を握らなければ、無駄に命がなくなる事態は避けられたでしょう。しかし映画で見せたヒトラーは、間違いなく人間でした。新しく雇うことになった秘書に対しては、紳士的に対応。子供達にも優しいまなざしを向ける姿は、本当に悪名高いヒトラーなのかと疑ってしまいたくなります。また戦況が悪くなっても絶対的な勝利を信じていた姿も、人間らしいと言えるでしょう。自分がしでかした間違いは、認めたくないものです。ハリウッドが描く戦争映画は、ヒトラーがモンスターで連合国側が絶対的な正義として描かれています。ヒトラーは平和を脅かす存在だからこそ、連合国は立ち上がって戦わなければならないと、言わんばかりです。でもドイツにいるのは、ヒトラーだけではありません。戦争に何の関係もない子供・女性・老人もいます。「正義」の名のもとに、彼等に対して容赦ない攻撃を仕掛ける連合国軍。戦争って何でしょうか?戦場にあるのは、正義でもなく自由でもありません。幾重にも重なった死体と、無駄に流れた血があるのみです。


chiropiq24(30代・女性)
私にとってヒトラーとは、民族主義を理由にユダヤ人を大虐殺したナチス・ドイツの支配者。情報源はガス室で16年に満たない生涯を閉じたアンネ・フランクの『アンネの日記』です。従ってヒトラーは、ワースト1のエゴイスト、理不尽で愚かなだけの存在です。史実によると、ヒトラーは失った領土の回復と再軍備で強いドイツを復活させます。更に1939年ポーランドに侵攻し(第二次世界大戦勃発)ヨーロッパのほとんどを占領しますが、連合国が反攻し1945年4月30日にベルリンを包囲すると、陥落直前にヒトラーは自殺します。つまりこの映画は、ヒトラーが自殺を選択しそれを決行するまでの12日間にフォーカスしている訳ですが、そこには怒号を張り上げ、肥大化したプライドと醜いエゴに支配されて怯え、部下のみならず市民への責任転嫁で現実を認めようとしない愚かな憎むべき者がいます。彼の傍には、市民の命を救いヒトラーが生き延びる事をすすめる部下もいました。自分の運命を顧みず、生き延びろと仲間達や市民を励ます部下もいました。しかし結果としてヒトラーが自殺すると、殉死する人も大勢出ました。いつの時代も、なぜこんな愚か者が指導者になれるのか、そしてなぜ、命を捨てられるほどにその指導者を信奉する人がいるのかと考えさせられます。またどの戦争でも、幼い市民兵がいて命を落とす、あるいは殉死します。生き延びる事より死ぬ事こそが美徳だと人をして思わせる戦争の愚かさ、残虐さ、そして臆病な支配者は、怒りだけを心に残します。

ファンの方が興奮しているのがよくわかりますね!

感想だけでなく、実際に映像を通して見たいなと思ったら是非U-nextで無料視聴してみてくださいね!

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

それでは最後にヒトラー 〜最期の12日間〜の出演者や声優の情報をまとめて見ていきたいと思います。

ヒトラー 〜最期の12日間〜のキャスト・吹き替え声優

アドルフ・ヒトラー: ブルーノ・ガンツ(大塚周夫)
ドイツ国総統。トラウドゥルを秘書として採用する。戦争に負けそうになっていても頑なにベルリンを離れない。

トラウドゥル・ユンゲ:アレクサンドラ・マリア・ララ(安藤麻吹)
ヒトラーの秘書として採用された女性。ミュンヘン出身。

エヴァ・ブラウン:ユリアーネ・ケーラー(増子倭文江)
ヒトラーの恋人。死の直前に結婚し、ヒトラーと共に自殺する。

ヘルマン・フェーゲライン:トーマス・クレッチマン(木下浩之)
親衛隊の中将。エヴァの義理の弟。ヒトラーに処刑される。

ヨーゼフ・ゲッベルス:ウルリッヒ・マテス(水野龍司)
ドイツの宣伝全国指導者。子どもたちを毒殺し、自身も自殺する。

マクダ・ゲッベルス:コリンナ・ハルフォーフ(寺内よりえ)
ヨーゼフ・ゲッベルスの妻。夫と共に、子どもたちを毒殺し、自身も自殺する。

アルベルト・シュペーア:ハイノ・フェルヒ(加門良)
ドイツの軍需大臣。ヒトラーの友人でもある。ヒトラーに辞職を申し出る。

エルンスト=ギュンター・シェンク:クリスチャン・ベルケル(土師孝也)
親衛隊の大佐。軍医。ヒトラーが自殺を計画していることを知る。

ヒトラー 〜最期の12日間〜のスタッフ

  • 監督: オリヴァー・ヒルシュビーゲル
  • 脚本:ベルント・アイヒンガー
  • 原作:ヨアヒム・フェスト
  • 製作:ベルント・アイヒンガー
  • 撮影:ライナー・クラウスマン
  • 編集:ハンス・ファンク(ドイツ語版)
  • 音楽:ステファン・ツァハリアス(ドイツ語版)

ヒトラー 〜最期の12日間〜の関連作品

  • ヒトラーの忘れもの
  • ロシアン・スナイパー
  • グレート・レイト 史上最大の作戦
  • グローリー

 

ヒトラー 〜最期の12日間〜を無料視聴する方法まとめ

今回は映画「ヒトラー 〜最期の12日間〜」を無料でフル視聴する方法を紹介いたしました。

様々な動画配信サービスやサイトがある中でもやはりオススメなのは『U-next』です。

こちらの作品だけでなく、他にも見放題作品が90000本以上もあるため期間内にたくさん見ることができますので、 まだU-nextの無料お試しトライアルに申し込まれたことがない場合は是非この機会に体験をしてみませんか?

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴