海外映画(洋画)の動画情報をまとめたメディア|人気映画や最新映画を今すぐネットで無料視聴する方法紹介

終戦のエンペラーの動画(字幕/吹き替え)を無料視聴する方法

『終戦のエンペラー』は、2012年の冬に公開されました。ピーター・ウェーバー監督のアメリカ合衆国の歴史映画です。

 

今回は『終戦のエンペラー』のフル動画を無料で見るための方法を、いろんな動画配信サービスやサイトを比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ちなみにU-nextなら『終戦のエンペラー』を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

 

終戦のエンペラーが視聴できる動画配信サービス一覧

動画配信サービスはいろんな種類がありますが、「終戦のエンペラー」を無料で視聴できるサイトをまとめました。

 

配信サービス名 字幕動画 吹き替え動画 月額・ポイント・無料期間
U-NEXT

見放題

× 31日間無料
月額1990円 600円分配布
dTV

見放題

見放題

31日間無料
月額500円 ポイントなし
TELASA

見放題

× 30日間無料
月額562円 550円分配布
ビデオマーケット

330円

330円

初月無料
月額500〜2000円
540〜2160円分配布
Amazon プライムビデオ

300円

× 30日間無料
月額500円 ポイントなし
TSUTAYA DISCAS

500円

× 30日間無料
月額2417円 1100円分配布
クランクインビデオ × × 2週間無料 月額990円
2000ポイント配布
Music.jp × × 30日間無料
月額1958円 1600円分配布
Abema TV × × 1ヶ月間無料
月額960円 ポイントなし
Hulu × × 1ヶ月無料
月額960円 ポイントなし
NETFLIX × × 無料期間なし
月額800円 ポイントなし
FOD × × 2週間無料
月額888円 900円分配布
Paravi × × 2週間無料
月額1027円 チケット1枚配布
Disney DELUXE × × 初月無料
月額770円 ポイントなし

U-nextなら登録してすぐに『終戦のエンペラー』を実質無料で視聴できます!

また、U-nextなら、終戦のエンペラー以外の全シリーズの取り扱いもありますし、31日間の無料期間があるのでゆっくり視聴できてオススメです。

さらに、U-NEXTは業界トップの作品数を取り扱っているので無料トライアル期間内でたくさんの作品を見放題で楽しむこともできます。

ですので、U-NEXTを使ったことがない場合は、ぜひ一度無料トライアルで試してみてください。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

とは言っても、 動画配信サービスに登録しなくても無料で見れるサイトもあるんじゃないの?と思う方もいるかもしれません。

そこで、動画配信サービスサイト以外の無料配信サイトでの「終戦のエンペラー」の配信状況に関してまとめてみました。

 

終戦のエンペラーの無料動画一覧

YoutubeやTverなど、無料動画視聴サイトにおいて、「終戦のエンペラー 字幕」 「終戦のエンペラー 吹き替え」で検索した結果が以下となります。

終戦のエンペラーの字幕動画

字幕動画の検索結果をまとめましたが、メイキング映像や予告動画などが主な検索結果となっています。

youtubeでは取り扱いはありますが、購入またはレンタルをしないといけないのが現状となっています。

youtube GYAO ニコニコ動画
TVer 動画イズム

無料動画サイトで動画がなく、すぐに終戦のエンペラーを無料視聴したい場合は「U-next」がおすすめです♪

続いては吹き替え動画の検索結果です。

吹き替え動画

続いて、終戦のエンペラーの吹き替えの検索結果ですが、こちらもメイキング映像や予告動画が表示される傾向にあります。

字幕と違う点は、予告動画がより多く表示されている傾向にあるというところです。

youtubeなどで取り扱いはありますが、こちらも字幕と同様に、購入しないと視聴が出来ず無料で視聴できる動画は無料サイトでは見つかりませんでした。

youtube GYAO ニコニコ動画
TVer 動画イズム

ご確認いただけるように、ほとんどの場合は、フルの動画の視聴は難しく、画質や音質が悪いものが多いのが実情です。

仮にあったとしても著作権ですぐに削除されてしまうだけでなく、

このようにウイルスに感染し、個人情報を抜き取られたり、悪質なサイトに入ってしまうリスクも高くあるのです。

しかし、動画配信サービスを利用すれば

  • ウイルスに感染する可能性がない
  • 高画質・高音質でフル動画を観ることができる
  • 途中で広告などが入ってこない

といったメリットがあるだけでなく、『U-next』であれば、31日間の無料トライアル期間があるので、ストレスなく視聴できてオススメです♪

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

以上、終戦のエンペラーを無料で視聴する方法を説明しましたが、終戦のエンペラーに至るまでの流れを忘れている方も多いのではないでしょうか?

より、終戦のエンペラーを楽しんで頂くために、過去のあらすじと共に作品情報もまとめましたのでご覧ください!

 

終戦のエンペラーのあらすじ

アメリカは日本に、マッカーサーを第二次世界大戦終戦後行かせ、GHQを設置し戦争の責任を持つ「A級戦犯」を逮捕・裁きを命じる。
ここで昭和天皇の戦争責任が問題になった。連合国は天皇を「戦犯」として裁く必要があると考えたが、マッカーサーは天皇に責任があるのかどうかを10日で探るように命じた。
この命を受けたフェラーズ准将は、日本人留学生の元恋人の影響から、日本文化に興味を持ち、日本人の「わびさび」文化など、日本人と西洋人の考え方が全く違うことを研究していた専門家である。
フェラーズはこの任務をきっかけに、13年前父親の危篤で別れたきりの元恋人あやを想い、行方を探し始める。
運転手兼通訳の高橋に捜索を依頼し、あやは空襲で死んでいたことがわかり、フェラーズは悲しみに暮れるが、それでも任務を続けた。
任務はなかなかうまく進まず、フェラーズは強引に皇居に乗り込み、天皇が御前会議で平和を望む和歌を詠んだことを知るが、これは説得力に欠ける。その後天皇が玉音放送によって戦争を終わらせたことを聞くと、「天皇にどれほどの戦争責任があったかはわからない。しかし戦争を終わらせたのは天皇である」とし、マッカーサーに報告する。
天皇を戦犯として裁けば国民の反乱は免れないことは想像できるため調査をさせたが、確かな証拠がない報告を受けてマッカーサーは判断できないことを不満に思う。しかし、天皇に興味を持ち、会談を行うことにする。
天皇は会談に応じ、二人はマッカーサーの公邸で面会した。
天皇は、戦争の責任は全て自分一人にあるとし、国民の未来のためなら命も差し出す覚悟であることを伝え、天皇としてはタブーである間近での写真撮影や握手にも快く応じ、誠意ある態度を持ってマッカーサーに接した。
天皇の覚悟を知ったマッカーサーは、終始和やかに行われた会議で天皇の戦争責任を問わず日本の未来のために協力してくれるように言った。

終戦のエンペラーの作品情報

公開日 2012年9月14日
配給 ロードサイド・アトラクションズ/ライオンズゲート
制作国 アメリカ合衆国
上映時間 1107分
公式サイト https://web.archive.org/web/20141217045601/http://www.emperor-movie.jp/

映像のクオリティが高く、映し出される風景もどこか西洋的な捉え方を感じられました。

また、日本独特の雰囲気を忠実に捉えており非常に面白い作品です。焼け野原の映像が印象に残る、戦争の儚さを改めて思い知らされます。

そして、非常に中立な立場から描かれており、終戦直後の日本を学ぶことができ、非常に見応えのある作品です。
既に終戦のエンペラーを視聴された方達のリアル声を集めてみました!

終戦のエンペラーの感想

作品の感想

Jas2(30代・女性)
アメリカには理解しにくい「天皇制」と日本の心がテーマ。
天皇は日本の象徴である。第二次世界大戦までは、「現人神」であった。多くの国の君主とは異なり、日本は政治のトップこそ何度も変わったが、「天皇制」は有史以来ずっと続いてきた。今では天皇は象徴としてだけ存在するが、未だ崇拝の対象でもある。
外国人にはこの「天皇」が到底理解できない。現代日本人ですらその意識は低くなり、説明は難しいのだから、日本文化に触れたことすらない西欧人にとってはなおさらである。
そんな天皇に戦争責任があるのかどうか。この判断は本当に難しい。
実際、兵隊は「天皇万歳」と叫んで命を捧げてきたわけで、天皇に戦争責任がないなどとは言えない。しかし天皇は日本を象徴する人物で、多くの国民が敬い崇める存在。どう折り合いをつけるか迫られたフェラーズは、罪を問う必要はないと判断する。実はこれこそ日本人の考え方である。天皇に戦争責任がないとはいえず、しかし日本人の希望でもある。国の象徴として、表裏一体なのである。だからこそフェラーズは白黒つけず、日本にとっていいと思える道を選んだ。
「NOといえない日本人」というほど、日本人ははっきり物事に区別をつけることを嫌がる。はっきり断れなければ「善処します」と言い、物を断る時でさえ「いりません」ではなく「結構です」「いいです」と曖昧に返事をする国民性。物事にはっきり白黒つける西欧人にとってはこれが理解できないと思うのだが、日本文化の専門家フェラーズは日本人よりも日本の心を理解し、マッカーサーは英断を下したのである。


大村2323(40代・男性)
「終戦のエンペラー」は昭和天皇にフォーカスした物語である。
「お気持ち」しか伝えない天皇に戦争責任はあるのか。第二次世界大戦への参戦に関与したのは誰なのか。
ラジオによる玉音放送やマッカーサーなどが出てくる時期の物語だ。
日本独特の「天皇制」という文化。
天皇は日本の象徴であり、第二次世界大戦までは「現人神」であった。
日本の政治のトップは幾度と変わったが、「天皇制」は有史以来ずっと続いてきている。
今では天皇は象徴としてだけ存在するが、未だに崇拝の対象であるし、また天皇の仕事も自身の頭を垂れ、祈りを捧げることにある。
外国人にはこの「天皇」という存在・役割の理解が難しい。
現代の日本人ですら明確にわかっている人はどれくらいいるのだろうか。
私もよくわかっていない。
第二次世界大戦時、日本の兵は「天皇万歳」と叫んで日の丸を背負い、命を捧げてきた。
天皇は日本を象徴する人物であり、多くの国民が敬い崇める存在である。
日本の専門家フェラーズはどう折り合いをつけるか迫られ、罪を問う必要はないと判断する。
日本人よりも日本の心を理解し、マッカーサーは英断を下したのである。

既に視聴した方達が楽しんでいるのがよくわかりますね!

感想だけでなく、実際に映像を通して見たいなと思ったら是非U-nextで無料視聴してみてくださいね!

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

それでは最後に終戦のエンペラーの出演者や声優の情報をまとめて見ていきたいと思います。

終戦のエンペラーのキャスト・吹き替え声優

ボナー・フェラーズ – マシュー・フォックス
ダグラス・マッカーサー – トミー・リー・ジョーンズ
島田あや – 初音映莉子
鹿島 – 西田敏行
高橋 – 羽田昌義
昭和天皇 – 片岡孝太郎
木戸幸一 – 伊武雅刀
関屋貞三郎 – 夏八木勲
近衛文麿 – 中村雅俊
東条英機 – 火野正平
鹿島夫人 – 桃井かおり

終戦のエンペラーのスタッフ

  • 監督:ピーター・ウェーバー
  • 脚本:ヴェラ・ブラシ、デヴィッド・クラス
  • 原作:岡本嗣郎『陛下をお救いなさいまし 河井道とボナー・フェラーズ』
  • 製作:奈良橋陽子、ゲイリー・フォスター、野村祐人、ラス・クラスノフ、芥川保志
  • 撮影監督:スチュアート・ドライバーグ
  • 編集:クリス・プラマー
  • 音楽:アレックス・ヘッフェス

終戦のエンペラーの関連作品

  • パラサイト 半地下の家族
  • メイズ・ランナー
  • ミッドサマー
  • ダークナイト
  • ルームシェア 忍び寄る魔の手

 

終戦のエンペラーを無料視聴する方法まとめ

今回は映画「終戦のエンペラー」を無料でフル視聴する方法を紹介いたしました。

様々な動画配信サービスやサイトがある中でもやはりオススメなのは『U-next』です。

こちらの作品だけでなく、他にも見放題作品が90000本以上もあるため期間内にたくさん見ることができますので、 まだU-nextの無料お試しトライアルに申し込まれたことがない場合は是非この機会に体験をしてみませんか?

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴