海外映画(洋画)の動画情報をまとめたメディア|人気映画や最新映画を今すぐネットで無料視聴する方法紹介

父親たちの星条旗の動画(字幕/吹き替え)を無料視聴する方法

『父親たちの星条旗』は、2006年の秋に公開されたドラマ/戦争もので、硫黄島の戦いを日米双方の視点から描いたもので、父親たちの星条旗は米国側の視点から描かれた作品となります。

今回は『父親たちの星条旗』のフル動画を無料で見るための方法を、いろんな動画配信サービスやサイトを比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ちなみにU-nextなら『父親たちの星条旗』を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

 

父親たちの星条旗が視聴できる動画配信サービス一覧

動画配信サービスはいろんな種類がありますが、「父親たちの星条旗」を無料で視聴できるサイトをまとめました。

配信サービス名 字幕動画 吹き替え動画 月額・ポイント・無料期間
U-NEXT

見放題

× 31日間無料
月額1990円 600円分配布
TSUTAYA DISCAS

見放題

× 30日間無料
月額2417円 1100円分配布
dTV

見放題

× 31日間無料
月額500円 ポイントなし
NETFLIX

見放題

× 無料期間なし
月額800円 ポイントなし
Abema TV

見放題

× 1ヶ月間無料
月額960円 ポイントなし
TELASA

200円

× 30日間無料
月額562円 550円分配布
Music.jp

440円

× 30日間無料
月額1958円 1600円分配布
クランクインビデオp

440円

× 2週間無料 月額990円
2000ポイント配布
ビデオマーケット

440円

× 初月無料
月額500〜2000円
540〜2160円分配布
Amazon プライムビデオ × × 30日間無料
月額500円 ポイントなし
FOD × × 2週間無料
月額888円 900円分配布
Hulu × × 1ヶ月無料
月額960円 ポイントなし
Paravi × × 2週間無料
月額1027円 チケット1枚配布
Disney DELUXE × × 初月無料
月額770円 ポイントなし

U-nextなら登録してすぐに『父親たちの星条旗』を実質無料で視聴できます!

また、U-nextなら、父親達の星条旗以外のドラマ/戦争物の取り扱いもあります。

さらに対となる映画「硫黄島からの手紙」も視聴できますし、31日間の無料期間があるのでゆっくり視聴できてオススメです。

さらに、U-NEXTは業界トップの作品数を取り扱っているので無料トライアル期間内でたくさんの作品を見放題で楽しむこともできます。

ですので、U-NEXTを使ったことがない場合は、ぜひ一度無料トライアルで試してみてください。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

とは言っても、 動画配信サービスに登録しなくても無料で見れるサイトもあるんじゃないの?と思う方もいるかもしれません。

そこで、動画配信サービスサイト以外の無料配信サイトでの「父親たちの星条旗」の配信状況に関してまとめてみました。

 

父親たちの星条旗の無料動画一覧

YoutubeやTverなど、無料動画視聴サイトにおいて、「父親たちの星条旗 字幕」 「父親たちの星条旗 吹き替え」で検索した結果が以下となります。

父親たちの星条旗の字幕動画

字幕動画の検索結果をまとめましたが、予告動画や紹介動画、映画のワンシーンの動画などが主な検索結果となっています。

youtubeでは取り扱いはありますが、購入またはレンタルをしないといけないのが現状となっています。

youtube GYAO ニコニコ動画
TVer 動画イズム

無料動画サイトで動画がなく、すぐに父親たちの星条旗を無料視聴したい場合は「U-next」がおすすめです♪

続いては吹き替え動画の検索結果です。

吹き替え動画

続いて、父親たちの星条旗の吹き替えの検索結果ですが、こちらも予告動画や紹介動画、映画のワンシーンの動画などが表示される傾向にあります。

字幕と違う点は、戦争の歴史を写真付きで紹介された動画や日本語でのバンザイ突撃シーン等が、上位表示に入ってきます。

youtubeなどで取り扱いはありますが、こちらも字幕と同様に、購入しないと視聴が出来ず無料で視聴できる動画は無料サイトでは見つかりませんでした。

youtube GYAO ニコニコ動画
TVer 動画イズム

ご確認いただけるように、ほとんどの場合は、フルの動画の視聴は難しく、画質や音質が悪いものが多いのが実情です。

仮にあったとしても著作権ですぐに削除されてしまうだけでなく、

このようにウイルスに感染し、個人情報を抜き取られたり、悪質なサイトに入ってしまうリスクも高くあるのです。

しかし、動画配信サービスを利用すれば

  • ウイルスに感染する可能性がない
  • 高画質・高音質でフル動画を観ることができる
  • 途中で広告などが入ってこない

といったメリットがあるだけでなく、『U-next』であれば、31日間の無料トライアル期間があるので、ストレスなく視聴できてオススメです♪

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

以上、父親たちの星条旗を無料で視聴する方法を説明しましたが、父親たちの星条旗の内容を知らない方や流れを忘れている方も多いのではないでしょうか?

より、父親たちの星条旗を楽しんで頂くために、映画のあらすじと共に作品情報もまとめましたのでご覧ください!

 

父親たちの星条旗のあらすじ

硫黄島のスケールが大きい激戦地を描いており、戦闘シーンにとても力を入れていることが分かる。土地が狭い日本映画とはダイナミックさが桁違いである、というのが素直な感想である。
それにしても、死体の状態や怪我の具合、手榴弾や戦艦からの砲撃など規格外にリアルで、どの場面を見ても悲惨で眼を背けたくなるほどである。
なぜこんなにも日本とは比類出来ないほどのCG技術を持ち、本物であるかのような映像を作ることができたのだろうか。
なぜクリント・イースウッドはこれほどリアルな撮影にこだわったのか。
戦争は勝利しても犠牲者が出ないということは無く、アメリカ側も日本側もかなりの数の人間が亡くなっている。そこには死体の山があり、血の海が広がっている。このことは戦争を知らないであろう若い世代である自分たちも知っていなければいけない事実であると思い知らされた。
日本においても終戦記念日が近づくと戦争もののドラマや映画が製作され、特攻隊で静かに散る姿を描いていたり、泣きながら出兵する兵隊の姿が描かれているが、どの作品も日本人目線でアメリカの様子が分かるようなものはない。たまに描かれることがあろうと、悲惨な姿が表現されることはなく、余裕を感じさせる強い国の兵隊という印象しかない。
しかしこの映画は違う。アメリカ兵の苦悩の姿が描かれている。
戦争から無事帰還することができようとも心には傷が残り精神的にも衰弱していく。戦地で見た記憶がフラッシュバックすることが原因だ。当然このシーンも映画には出てくるが見ているだけで胸が苦しくなる。
日本側の目線で描いた硫黄島の戦いと本作品の両方を見れば戦争には勝利も敗北もないのだと気が付くことができる。
例え勝とうとも心から喜ぶものなどいないのだ。
少なくとも戦地で命を懸けて戦っていた兵士たちは。

 

父親たちの星条旗の作品情報

 

公開日 2006年10月21日
配給 ワーナー・ブラザース パラマウント映画
制作国 アメリカ合衆国
上映時間 132分
公式サイト https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=2175

クリント・イーストウッド スティーブン・スピルバーグにより硫黄島の戦いがアメリカ側の視点で制作された今作品です。生き残ったアメリカ兵3人のその後を追っていく作品となっているのですが、思い出したくもない功績を称えられる3人の心境がシビアに表現されていて、戦争は勝っても負けても何も残らないと言う事がこの映画を通じてよくわかりました。

英雄視された3人のそれぞれの悲痛な心境に注目です。

より父親たちの星条旗の世界観に浸ることができるように、既に試聴された父親たちの星条旗ファンのリアルな声も集めてみました!

父親たちの星条旗の感想

作品の感想

EclairOwl(20代・男性)

この『父親たちの星条旗』という作品は、舞台が硫黄島の激戦地で、戦争の時代を描いているということもあり、戦闘シーンには力を入れているのがよくわかります。やはり土地が狭く、スケールが小さい日本映画とは迫力が違うというところが、率直な感想です。しかし、あまりにもリアルすぎる点も。登場人物たちの死体の状態や怪我の具合、手榴弾や戦艦からの砲撃など、どれをとっても目を背けたくなるような悲惨な状態が伺えます。『父親たちの星条旗』の監督であるクリント・イーストウッドは、なぜこれほどまでに本物に近づけて撮影したのか。アメリカには日本とは比べ物にならないくらいのCG技術があり、より本物に近づけることができたのでしょう。しかし、戦争は勝利したからといて犠牲者が出ていないわけではありません。もちろん、アメリカ側も日本側も相当な人数が亡くなっています。この作品で描かれている中には、死体の山、血の海など、凄惨な光景も少なくありません。戦争を知らない、経験していない世代の自分たちも知らなければいけない現実であると思い知らされました。


Jas2(30代・女性)
この作品では、アメリカ兵の苦悩が描かれている。日本では、終戦記念日付近には戦争もののドラマや、映画が製作される。頻繁に扱われるテーマとしては、特攻隊が静かに散るもの、泣きながら出兵するものなど様々な様子が描かれている。しかし、どれも日本人から見たストーリーのため、アメリカ側の様子はブラックボックスに覆われている。描かれたとしても、悲惨な様子ではなく余裕を感じさせる強い国の兵隊という描かれ方がほとんどだ。このような点でも、新奇性がうかがえる。
硫黄島の激戦地を描いているということもあり、戦闘シーンには力を入れられている。
率直な感想としては、スケールが日本映画とは段違いであるということでる。しかし、死体の状態や怪我、手りゅう弾や戦艦からの砲撃はあまりにもリアルであり、目をそむけたくなる。戦争から無事に帰ることができたとしても、心の傷は残り、精神的に衰弱していく様子も悲惨である。胸が苦しくなるようなものばかりである。なぜクリント・イーストウッドはこれほどまでにリアルさを以て撮影したのか疑問に思う。潤沢なCG技術があり、より本物に近づけることが出来たから、ということかもしれない。事実、作品を通して、アメリカ側も日本側も双方で相当な数が亡くなっているということを知ることができた。戦争に勝つことができたからといっても、結局心から喜ぶ者なんていないのだ。

 

ファンの方が戦争の怖さを痛感されているのがよくわかりますね。

感想だけでなく、実際に映像を通して見たいなと思ったら是非U-nextで無料視聴してみてくださいね!

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

それでは最後に父親たちの星条旗の出演者や声優の情報をまとめて見ていきたいと思います。

父親たちの星条旗のキャスト・吹き替え声優

・ジョン・‘ドク’ブラッドリー:ライアン・フィリップ
ウィスコン州で葬儀屋を営む老人。1945年に海軍衛生下士官として硫黄島で仲間の救助に当たっていた。新しい米国旗を掲げる時偶然居合わせたことが彼の運命を変えていく。
・レイニー・ギャグノン:ジェシー・ブラッドフォード
占領した山に掲げた旗を交換してくるよう命じられた伝令。ドクを含む8人を引き連れて行く。任務を果たし、国民から英雄として迎えられる。
・アイラ・ヘイズ:アダム・ビーチ
レイニーとともに米国旗を交換するよう命じられたメンバーの一人で生き残り。晩年は罪の意識からアルコール依存症になってしまう。ネイティブアメリカンである。
・キース・ビーチ:ジョン・ベンジャミン・ヒッキー
戦争公債で戦費調達のための資金集めのイベントに同行した海軍の広報担当官。彼らと行動を共にするうちに彼らの苦しみに共感し同情するようになる。
・ハンク・ハンセン:ポール・ウォーカー
スリバチ山に最初の旗を掲げた小隊を率いた軍曹。ハーロンと間違われて英雄6人の中に入ってしまう。
・バド・ガーバー:ジョン・スラッテリー
ドク、レイニー、アイラを戦債ツアーに駆り立て線費を捻出させる財務省大臣。反発する三人を説得しツアーを続行させる。

父親たちの星条旗のスタッフ

  • 監督:クリント・イーストウッド
  • 脚本:ウィリアム・ブロイレス・Jr ポール・ハギス
  • 原作:ジェームズ・ブラッドリー ロン・パワーズ
  • 製作:クリント・イーストウッド スティーヴン・スピルバーグ ロバート・ロレンツ
  • 製作総指揮:クリント・イーストウッド
  • 撮影監督:トム・スターン
  • 編集:ジョエル・コックス
  • 音楽:クリント・イーストウッド

父親たちの星条旗の関連作品

 

父親たちの星条旗を無料視聴する方法まとめ

今回は映画「父親たちの星条旗」を無料でフル視聴する方法を紹介いたしました。

様々な動画配信サービスやサイトがある中でもやはりオススメなのは『U-next』です。

こちらの作品だけでなく、他にも見放題作品が90000本以上もあるため期間内にたくさん見ることができますので、 まだU-nextの無料お試しトライアルに申し込まれたことがない場合は是非この機会に体験をしてみませんか?

\今すぐ動画を無料視聴する/ 31日間無料で動画視聴