海外映画(洋画)の動画情報をまとめたメディア|人気映画や最新映画を今すぐネットで無料視聴する方法紹介

パシフィック・リムの動画(字幕/吹き替え)を無料視聴する方法

  • 2020年9月13日
  • 2020年11月22日
  • SF映画

『パシフィック・リム』は、2013年の夏に公開された映画で、謎の巨大生命体と人類が開発した人型兵器との壮絶な戦いを描いたVFX超大作です。

今回は『パシフィック・リム』のフル動画を無料で見るための方法を、いろんな動画配信サービスやサイトを比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ちなみにU-nextなら『パシフィック・リム』を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

 

パシフィック・リムが視聴できる動画配信サービス一覧

動画配信サービスはいろんな種類がありますが、「パシフィック・リム」を無料で視聴できるサイトをまとめました。

配信サービス名 字幕動画 吹き替え動画 月額・ポイント・無料期間
U-NEXT

見放題

見放題

31日間無料
月額1990円 600円分配布
Hulu
見放題

見放題
1ヶ月無料
月額960円 ポイントなし
NETFLIX

見放題

見放題

無料期間なし
月額800円 ポイントなし
TSUTAYA DISCAS

見放題

見放題

30日間無料
月額2417円 1100円分配布
Amazon プライムビデオ

299円

299円

30日間無料
月額500円 ポイントなし
Music.jp

299円

299円

30日間無料
月額1958円 1600円分配布
dTV

400円

400円

31日間無料
月額500円 ポイントなし
ビデオマーケット

299円

299円

初月無料
月額500〜2000円
540〜2160円分配布
クランクインビデオp

440円

×

 

2週間無料 月額990円
2000ポイント配布
TELASA ×

200円

30日間無料
月額562円 550円分配布
Abema TV × × 1ヶ月間無料
月額960円 ポイントなし
FOD × × 2週間無料
月額888円 900円分配布
Paravi × × 2週間無料
月額1027円 チケット1枚配布
Disney DELUXE × × 初月無料
月額770円 ポイントなし

U-nextなら登録してすぐに『パシフィック・リム』を実質無料で視聴できます!


また、U-nextなら、パシフィック・リム以外の関連シリーズの取り扱いもありますし、31日間の無料期間があるのでゆっくり視聴できてオススメです。
U-NEXT
パシフィック・リム: アップライジング

さらに、U-NEXTは業界トップの作品数を取り扱っているので無料トライアル期間内でたくさんの作品を見放題で楽しむこともできます。

ですので、U-NEXTを使ったことがない場合は、ぜひ一度無料トライアルで試してみてください。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

とは言っても、 動画配信サービスに登録しなくても無料で見れるサイトもあるんじゃないの?と思う方もいるかもしれません。

そこで、動画配信サービスサイト以外の無料配信サイトでの「パシフィック・リム」の配信状況に関してまとめてみました。

 

パシフィック・リムの無料動画一覧

YoutubeやTverなど、無料動画視聴サイトにおいて、「パシフィック・リム字幕」 「パシフィック・リム 吹き替え」で検索した結果が以下となります。

パシフィック・リムの字幕動画

字幕動画の検索結果をまとめましたが、予告映像や映画のワンシーンを切り取った動画などが主な検索結果となっています。

youtubeでは取り扱いはありますが、購入またはレンタルをしないといけないのが現状となっています。

youtube GYAO ニコニコ動画
TVer 動画イズム

無料動画サイトで動画がなく、すぐにパシフィック・リムを無料視聴したい場合は「U-next」がおすすめです♪

続いては吹き替え動画の検索結果です。

吹き替え動画

続いて、パシフィック・リムの吹き替えの検索結果ですが、こちらも予告映像や映画のワンシーンの動画が表示される傾向にあります。

字幕と違う点は、関連動画がより多く表示されている傾向にあるというところです。

youtubeなどで取り扱いはありますが、こちらも字幕と同様に、購入しないと視聴が出来ず無料で視聴できる動画は無料サイトでは見つかりませんでした。

youtube GYAO ニコニコ動画
TVer 動画イズム

ご確認いただけるように、ほとんどの場合は、フルの動画の視聴は難しく、画質や音質が悪いものが多いのが実情です。

仮にあったとしても著作権ですぐに削除されてしまうだけでなく、

このようにウイルスに感染し、個人情報を抜き取られたり、悪質なサイトに入ってしまうリスクも高くあるのです。

しかし、動画配信サービスを利用すれば

  • ウイルスに感染する可能性がない
  • 高画質・高音質でフル動画を観ることができる
  • 途中で広告などが入ってこない

といったメリットがあるだけでなく、『U-next』であれば、31日間の無料トライアル期間があるので、ストレスなく視聴できてオススメです♪

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

以上、パシフィック・リムを無料で視聴する方法を説明しましたが、パシフィック・リムの内容を知らない方や流れを忘れている方も多いのではないでしょうか?
より、パシフィック・リムを楽しんで頂くために、映画のあらすじと共に作品情報もまとめましたのでご覧ください!

 

パシフィック・リムのあらすじ

今より少し先の未来に、突如として平穏は破られた。割れた太平洋プレートの隙間に異世界とこの世界を繋げるワープゾーンができたのだ。怪獣に対抗すべく政府が立案した計画「イェーガー計画」は怪獣に匹敵する巨大ロボットを操り、怪獣の殲滅を狙うというものであったが、あまりに大きいロボットは1人では到底操縦することができない。そこで政府は、選び抜いた2人のパイロットの神経をシンクロさせ、2人分の力を用いて操縦することにした。しかし、パイロット2人の思考をシンクロさせると、相手の過去の記憶が自分へと流れてくる。また、そのパイロット達のシンクロ率が高くなければロボットをうまく操れず怪獣と戦えない。自分を全て晒すに等しいその行為は、互いに適性のある信頼に足る人物でないと行えないのだ。そんな中、主人公であるローリーは、実の兄との適性が認められ、イェーガーのパイロットとして抜擢された。人々を脅かしていた怪獣を撃退し、ローラーと兄は一躍英雄となる。しかしある日、一匹の怪獣と戦っていると別の一匹の怪獣が太平洋プレートから突如として現れた。兄はその怪獣の不意打ちを受け、命を落としてしまう。この事件をきっかけに、ローリーはパイロット職から離れてた。それから5年、イェーガーに対応するかのように体の進化をし続ける怪獣達は以前のロボットでは既に太刀打ちできないまでの存在となる。政府はすぐさま新しいロボットの開発を急ぎ、再び怪獣たちに立ち向かおうとしていた。そこでかつてローリーの上司であるスタッカーはローリーを基地本部へ呼び戻し、スタッカーの秘書であるマコを新ロボットのパートナーとした。初めのうちはマコを受け入れなったローリーだったが、格闘技の訓練中の2人のシンクロ率は非常に高く、初めて会うはずのマコと自分の息がピッタリだと気が付いた。一方その頃、基地の生物学者であるニュートが、太平洋プレートに出来た隙間へ爆弾を落とし、その爆発の力でワープゾーン壊す方法を導き出していた。ローリーとマコは他のイェーガー操作者達とその任務へ向かった。しかし、その途中でメンバーは残酷な事実に直面する。ワープゾーンを完全に塞ぐ為には、爆弾を落とすだけではなく、怪獣と共にその異次元への穴に飛び込み、さらには内部から爆弾を爆発させる必要があるのだ。つまり操作者は、怪物と共に爆発に巻き込まれる。メンバーであるスタッカーとジプシーは自らその役割を買って出た。仲間の制止を振り切り、スタッカーとジプシーは爆弾をもって、異次元への穴へと飛び込んで行く。巨大な爆発と共に、異次元への穴はその扉を閉じ、2人が命を賭して挑んだ最後の任務は、見事に成功した。爆風に飲まれたマコとローリーが操る機体は水上へと浮かび上がり、迎えにきた仲間のヘリコプターによって救助される。長きにわたり続いた怪獣達との果たし合いに決着がつき、2人はスタッカーとジプシーの想いをのせてまた作戦基地へと戻っていく。

 

パシフィック・リムの作品情報

公開日 2013年7月12日
配給 ワーナー・ブラザース
制作国 アメリカ合衆国
上映時間 132分
公式サイト https://warnerbros.co.jp/

最後の最後まで見逃せない展開でしたよね!

かつてKAIJUにより兄を亡くし、失意のどん底にいたイェーガーのパイロット、ローリーは再び立ち上がることを決意しました。その後の戦い、そして結果はどうなっていくのでしょうか?

よりパシフィック・リムの世界観に浸ることができるように、既に試聴されたパシフィック・リムの興奮しているリアルな声も集めてみました!

パシフィック・リムの感想

作品の感想

p-mama (30代・女性)
突然出現した巨大で凶暴なエイリアンKAIJU。人類はKAIJUと戦うため特殊な兵器を開発するものの、出現の度にパワーを増していくKAJUの容赦ない攻撃に対抗できなくなる。人類滅亡の危機に2人の男女がコンビを組み、迫りくる脅威に立ち向かうというストーリー。
ストーリー自体はシンプルだが、迫力と映像美がワクワクさせられ、菊池凜子さんや芦田愛菜ちゃんも出演していることから、日本リスペクトの精神が感じられる。日本人としてはとても誇らしい気持ちになります。特に芦田愛菜ちゃんの演技にはさすが!と脱帽です。また、アクションもド派手で、CGのクオリティの大変高くスケールも大きい作品となっています。日本をイメージした作品ということだが、いい意味でアメリカらしい作品だと思います。とにかく、ロボットの見た目やバトルシーンなど、大迫力の映像が楽しめるのでストーリーはそこまで期待しない方がいいかもしれません。繊細で丁寧な映画が好きな方は気に入らないかもしれないが、リアルなロボットを鑑賞するという気持ちで見て頂きたいです。逆に怪獣やロボットがたくさん出てくるので、特撮好きや、ロボット系が好きな方は見どころが多く飽きないと思います。


ヤマダ(50代・男性)
2013年に制作された、ギレルモ・デル・トロ監督、チャーリー・ハナム、菊池凛子など出演の映画です。米国制作の映画ですが、出てくる怪物達は映画の中で「カイジュウ」と呼ばれるなど、日本の特撮モノの影響を強く受けた映画です。 ストーリーとしては太平洋の底から怪物たちが続々と現れるので、それに対して人類は人間が乗って操縦する巨大ロボットを作り、怪物たちと戦うというものです。主人公のアメリカ人ローリー(チャーリー・ハナム)は以前の戦いでコンビを組んでいた兄を亡くし、日本人の研究者マコ・モリ(菊池凛子)と組み、旧型ロボットを修理して再び怪物たちに挑むところが、ストーリーの中心になっています。 各国がそれぞれ巨大ロボットを作りますが、それぞれお国柄が出ています。 ロシアのロボットは「チェルノ・アルファ」という名称で無骨なデザインのパワー重視型で、日本のロボットは「コヨーテ・タンゴ」という名称でスリムなデザインで素早く動き、中国のロボットは「クリムゾン・タイフーン」という名称で三人のパイロットが中で曲芸のように動いて操縦し、表面が赤く塗装されているなど、それぞれの国のイメージを表現しています。 SF映画というよりも、あくまで日本の怪獣映画を予算をかけて派手に作った映画となっています。


kkk1109ooo(30代・女性)
この作品を作ったのがギレルモ・デル・トロ監督だというのは見終わったあとに知りました。今となってはあのアカデミー受賞作品「シェイプ・オブ・ウォーター」を作った監督として有名ですね。彼の作品は全体的に怪しげというか妖艶というかそういった雰囲気があるイメージだったので、あんなにもごりごりのアクション作品を作っているなんて・・・調べてみると、デル・トロ監督は日本のアニメやロボット作品が大好きみたいですね!確かに見終わってから考えてみるとロボットの敵を「KAIJU」と呼んでいるあたりはデル・トロ監督の遊び心なのかなと思ったり(笑)とにかくロボットや怪獣の豪快なアクションが大好きな方は絶対見て欲しいですね!難しいことを考えず、ただただ迫力満載の戦闘シーンを楽しみたいときにはうってつけの作品だと思います。先ほども言ったあえて日本語の「KAIJU」をそのまま使ったり、菊地凛子さんをメインキャストとして起用していたり、そもそも日本で人気のあるロボットを使った戦いを全面的に使っているあたりデル・トロ監督の日本愛、そしてヲタク度を感じますね。国内映画で特撮にあれだけの映像技術を使うことはまずないので、規模がやっぱ違うよなぁと圧巻でした。あと芦田愛菜ちゃんが初ハリウッド出演ですごく話題になっていましたね。セリフはありませんが、重要な役どころだったと思います。

ファンの方がパシフィック・リムに興奮しているのがよくわかりますね!

感想だけでなく、実際に映像を通して見たいなと思ったら是非U-nextで無料視聴してみてくださいね!

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

それでは最後にパシフィック・リムの出演者や声優の情報をまとめて見ていきたいと思います。

パシフィック・リムのキャスト・吹き替え声優

ローリー・ベケット:チャーリー・ハナム(杉田智和)

森マコ:菊地凛子(林原めぐみ)

森マコ(幼少期):芦田愛菜(芦田愛美)

スタッカー・ペイントコスト役:イドリス・エルバ(玄田哲章)

ニュートン・ガイズラー:チャーリー・デイ(古谷徹)

ハーマン・ゴットリーブ:バーン・ゴーマン(三ツ矢雄二)

テンドー・チョイ:クリフトン・コリンズ・Jr(千葉繁)

ハーク・ハンセン:マックス・マーティーニ(池田秀一)

パシフィック・リムのスタッフ

  • 監督:ギレルモ・デル・トロ
  • 脚本:トラヴィス・ビーチャム
  • 原作:トラヴィス・ビーチャム
  • 製作:ジョン・ジャッシニ
  • 製作総指揮:カラム・グリーン
  • 編集:ピーター・アムンドソン
  • 音楽:ラミン・ジャヴァディ

パシフィック・リムの関連作品

  • メイズ・ランナー
  • アイアンマン
  • インターステラー
  • バイオハザード
  • 2012

 

パシフィック・リムを無料視聴する方法まとめ

今回は映画「パシフィック・リム」を無料でフル視聴する方法を紹介いたしました。

様々な動画配信サービスやサイトがある中でもやはりオススメなのは『U-next』です。

こちらの作品だけでなく、他にも見放題作品が90000本以上もあるため期間内にたくさん見ることができますので、 まだU-nextの無料お試しトライアルに申し込まれたことがない場合は是非この機会に体験をしてみませんか?

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴