映画「コーラスライン」動画を無料で見る方法は?(字幕/吹替)

『コーラスライン』は、1985年の冬に公開された、1975年初演の同名ミュージカルを基にしたアメリカのミュージカル映画です。

今回は『コーラスライン』のあらすじ・感想・作品情報から、フル動画を無料で見るための方法を、いろんな動画配信サービスやサイトを比較してまとめました。

TSUTAYA DISCAS」なら『コーラスライン』観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてください。

\今すぐDVDをレンタル/ TSUTAYAでレンタル
※「TSUTAYA DISCAS」は、DVDの宅配レンタルサービスです。

 

「コーラスライン」が視聴できる動画配信サービス一覧

動画配信サービスは複数ありますが、「コーラスライン」が視聴できるサイトをまとめました。

配信サービス名 字幕映画 吹替映画 月額・無料期間
TSUTAYA DISCAS
レンタル
X 1,026円
(14日間無料)
U-NEXT X X 2189円
(31日間無料)
Amazon プライムビデオ X X 600円
(30日間無料)
DMM TV プレミアムDMMプレミアム X X 550円
(30日間無料)
music.jp X X 1,958円
(30日間無料)
クランクインビデオ X X 990円
(14日間無料)

※2024/06/15時点の情報です。最新情報は各VODサイトをご確認ください。

「◯」は見放題あり。「TSUTAYA DISCAS」はDVDの宅配レンタルサービス、「music.jp」「クランクイン・ビデオ」は、毎月付与されるポイントを利用した動画レンタルサービスです。

 

「TSUTAYA DISCAS」はDVDの宅配レンタルサービスですが,初月無料期間もあります。

 

また、「TSUTAYA DISCAS」なら、もちろんコーラスライン以外の映画を楽しむことが出来ます。

「TSUTAYA DISCAS」は、DVDの宅配レンタルサービスです。動画配信サービスにはない映画が、DVDで視聴できることもあります。DVDだけでなく、CDもレンタルできます。初回登録時は、14日間の無料トライアルが可能です。
\今すぐDVDをレンタル/ TSUTAYAでレンタル
※「TSUTAYA DISCAS」は、DVDの宅配レンタルサービスです。

 

動画配信サービスに登録しなくても、無料で見れるサイトもあるのでは?と思う方もいるかもしれません。

そこで、動画配信サービスサイト以外の無料配信サイトでの「コーラスライン」の配信状況に関してまとめてみました。

 

「コーラスライン」の無料動画一覧(YouTube/ニコニコ動画/TVer/動画イズム)

YouTubeやTverなど、無料動画視聴サイトにおいて、「コーラスライン 字幕」 「コーラスライン 吹き替え」で検索した結果が以下となります。

 

「コーラスライン」の無料字幕動画

字幕動画の検索結果をまとめましたが、映画のワンシーンを切り取った動画などが主な検索結果となっています。

YouTでubeでは取り扱いはなく、購入またはレンタルをしないといけないのが現状となっています。

youtube ニコニコ動画
TVer 動画イズム

 

「コーラスライン」の無料吹き替え動画

続いて、コーラスラインの吹き替えの検索結果ですが、こちらは予告映像や映画のワンシーンを切り取った動画などを含めて見つからない傾向にあります。

youtube ニコニコ動画
TVer 動画イズム

 

ご確認いただけるように、ほとんどの場合は、フルの動画の視聴は難しく、画質や音質が悪いものが多いのが実情です。

他にも無料動画サイトはありますが、特に違法サイトや外国の怪しいサイトにアップされている動画を視聴すると、以下のような警告画面が表示されることがあります。


上記の画像は、ブラウザの警告画面の一例です。悪質なサイトの動画を見ることでウイルスに感染して、個人情報が漏洩するリスクもあります。

有料にはなりますが、正規の動画配信サービス(VOD)を利用すれば
  • ウイルスに感染する可能性がない
  • 高画質・高音質でフル動画を観ることができる
  • 途中で広告などが入ってこない

といったメリットがあります。また、無料トライアル期間があるVODもあるため、お試しで映画を楽しむことも可能です。
\今すぐDVDをレンタル/ TSUTAYAでレンタル
※「TSUTAYA DISCAS」は、DVDの宅配レンタルサービスです。

 

以下より、「コーラスライン」を楽しんで頂くために、映画のあらすじ、感想、作品情報を紹介します。

 

「コーラスライン」のあらすじ

ブロードウェイのヒット・ミュージカルを完全映画化した「コーラスライン」は、ショービジネスの厳しさと夢を追い求める若者たちの物語。

ブロードウェイで成功を収めたディレクター兼コレオグラファーのザックが、新しいショーのために男女各4人ずつのコーラスメンバーを選ぶオーディションを実施するところから物語が始まります。

オーディションには、夢と希望を胸に抱いた大勢の若者たちが集結。彼らは、全体で何人採用されるのかも分からない状況で、自分の才能を証明しようと全力を尽くします。その中から17人が選ばれ、彼らはザックの厳しい審査と指導に立ち向かうことに・・・

 

「コーラスライン」の作品情報

公開日 1985年12月13日
配給 コロンビア映画、松竹富士
制作国 アメリカ合衆国
上映時間 113分
公式サイト https://www.sonypictures.com/

コーラスとは役名のない配役のこと。メインキャストを盛り上げる役のオーディションに応募したダンサーたち一人一人の想いや決意が伝わってきます。

プロデューサーのザックがどういう基準で選んでいるかの捉え方で、この映画の意味が変わって見えてくるように思えます。

よりコーラスラインの世界観に浸ることができるように、既に視聴された方がダンサーたちを応援したくなっているリアルな声を紹介します。

 

「コーラスライン」の感想

 

 

感想だけでなく、実際に映像を通して見たいなと思ったら「TSUTAYA DISCAS」で視聴してください。

\今すぐDVDをレンタル/ TSUTAYAでレンタル
※「TSUTAYA DISCAS」は、DVDの宅配レンタルサービスです。

 

それでは最後に「コーラスライン」の出演者や声優の情報を紹介していきます。

 

「コーラスライン」のキャスト・吹き替え声優

  • ザック(振付師) – マイケル・ダグラス(堀勝之祐)
  • キャシー – アリソン・リード(久野綾希子)
  • ラリー(振付助手) – テレンス・マン(内田直哉)
  • キム(ザックの秘書) – シャロン・ブラウン(英語版)
  • マーク – マイケル・ブレビンズ(西尾巧)
  • ディアナ – ヤミール・ボージェス(羽村京子)

 

※日本語吹替に関しては、KADOKAWA発売のブルーレイにのみ収録されているようです。吹替バージョンをお探しの方は、Blu-rayを購入したほうが良いかもしれません。

 

「コーラスライン」の製作スタッフ

  • 監督:リチャード・アッテンボロー
  • 脚本:アーノルド・シュルマン
  • 製作:サイ・フューアー アーネスト・H・マーティン
  • 製作総指揮:ゴードン・スタルバーグ
  • 撮影監督:ロニー・テイラー
  • 編集:ジョン・ブルーム
  • 音楽:エドワード・クレバン マーヴィン・ハムリッシュ

 

「コーラスライン」の関連作品

 

 

まとめ

「インクレディブル・ハルク」のあらすじ、感想、映画を視聴する方法を紹介いたしました。

様々な動画配信サービスある中で、オススメは『「TSUTAYA DISCAS」』です。「TSUTAYA DISCAS」はDVDの宅配レンタルサービスですが,初月無料期間もあります。

「TSUTAYA DISCAS」は、DVDの宅配レンタルサービスです。動画配信サービスにはない映画が、DVDで視聴できることもあります。DVDだけでなく、CDもレンタルできます。初回登録時は、14日間の無料トライアルが可能です。

※2024/06/15時点の情報です。

\今すぐDVDをレンタル/ TSUTAYAでレンタル
※「TSUTAYA DISCAS」は、DVDの宅配レンタルサービスです。