海外映画(洋画)の動画情報をまとめたメディア|人気映画や最新映画を今すぐネットで無料視聴する方法紹介

ジェイソン・ボーンの動画(字幕/吹き替え)を無料視聴する方法

『ジェイソン・ボーン』は、2016年の秋に公開されたシリーズ第5作で、記憶を失った暗殺者ジェイソンボーンに降りかかる新たな使命が描かれています。

今回は『ジェイソン・ボーン』のフル動画を無料で見るための方法を、いろんな動画配信サービスやサイトを比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ちなみにU-nextなら『ジェイソン・ボーン』を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

 

ジェイソン・ボーンが視聴できる動画配信サービス一覧

動画配信サービスはいろんな種類がありますが、「ジェイソン・ボーン」を無料で視聴できるサイトをまとめました。

配信サービス名 字幕動画 吹き替え動画 月額・ポイント・無料期間
U-NEXT

実質無料

実質無料

31日間無料
月額1990円 600円分配布
TSUTAYA DISCAS

実質無料

実質無料

30日間無料
月額2417円 1100円分配布
dTV

見放題

見放題

31日間無料

月額500円 ポイントなし

Amazon プライムビデオ

299円

299円

30日間無料
月額500円 ポイントなし
Music.jp

440円

440円

30日間無料
月額1958円 1600円分配布
TELASA

350円

×

 

30日間無料

月額562円 550円分配布

クランクインビデオ × × 2週間無料 月額990円
2000ポイント配布
ビデオマーケット × × 初月無料
月額500〜2000円
540〜2160円分配布
Hulu × × 1ヶ月無料
月額960円 ポイントなし
Abema TV × × 1ヶ月間無料
月額960円 ポイントなし
NETFLIX × × 無料期間なし
月額800円 ポイントなし
FOD × × 2週間無料
月額888円 900円分配布
Paravi × × 2週間無料
月額1027円 チケット1枚配布
Disney DELUXE × × 初月無料
月額770円 ポイントなし

U-nextなら登録してすぐに600円分のクーポン(600ポイント)が配布されるので、そのポイントを使えば『ジェイソン・ボーン』(330円)を実質無料で視聴できます!

また、U-nextなら、ジェイソン・ボーン以外の全シリーズの取り扱いもありますし、31日間の無料期間があるのでゆっくり視聴できてオススメです。
U-NEXT
ボーン・アイデンティティー
ボーン・スプレマシー
ボーン・アルティメイタム
ボーン・レガシー ×

 

さらに、U-NEXTは業界トップの作品数を取り扱っているので無料トライアル期間内でたくさんの作品を見放題で楽しむこともできます。

ですので、U-NEXTを使ったことがない場合は、ぜひ一度無料トライアルで試してみてください。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

とは言っても、 動画配信サービスに登録しなくても無料で見れるサイトもあるんじゃないの?と思う方もいるかもしれません。

そこで、動画配信サービスサイト以外の無料配信サイトでの「ジェイソン・ボーン」の配信状況に関してまとめてみました。

 

ジェイソン・ボーンの無料動画一覧

YoutubeやTverなど、無料動画視聴サイトにおいて、「ジェイソン・ボーン 字幕」 「ジェイソン・ボーン 吹き替え」で検索した結果が以下となります。

ジェイソン・ボーンの字幕動画

字幕動画の検索結果をまとめましたが、予告映像や映画のワンシーンを切り取った動画などが主な検索結果となっています。

youtubeでは取り扱いはありますが、購入またはレンタルをしないといけないのが現状となっています。

youtube GYAO ニコニコ動画
TVer 動画イズム

無料動画サイトで動画がなく、すぐにジェイソン・ボーンを無料視聴したい場合は「U-next」がおすすめです♪

続いては吹き替え動画の検索結果です。

吹き替え動画

続いて、ジェイソン・ボーンの吹き替えの検索結果ですが、こちらも予告映像が表示される傾向にあります。

字幕と違う点は、予告動画がより多く表示されている傾向にあるというところです。

youtubeなどで取り扱いはありますが、こちらも字幕と同様に、購入しないと視聴が出来ず無料で視聴できる動画は無料サイトでは見つかりませんでした。

youtube GYAO ニコニコ動画
TVer 動画イズム

ご確認いただけるように、ほとんどの場合は、フルの動画の視聴は難しく、画質や音質が悪いものが多いのが実情です。

仮にあったとしても著作権ですぐに削除されてしまうだけでなく、

このようにウイルスに感染し、個人情報を抜き取られたり、悪質なサイトに入ってしまうリスクも高くあるのです。

しかし、動画配信サービスを利用すれば

  • ウイルスに感染する可能性がない
  • 高画質・高音質でフル動画を観ることができる
  • 途中で広告などが入ってこない

といったメリットがあるだけでなく、『U-next』であれば、31日間の無料トライアル期間があるので、ストレスなく視聴できてオススメです♪

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

以上、ジェイソン・ボーンを無料で視聴する方法を説明しましたが、ジェイソン・ボーンに至るまでの流れを忘れている方も多いのではないでしょうか?

より、ジェイソン・ボーンを楽しんで頂くために、過去のあらすじと共に作品情報もまとめましたのでご覧ください!

 

ジェイソン・ボーンのあらすじ

ブラックブライアー作戦の関係者を失脚させた後、地下格闘技の世界で生計を立てて静かに暮らしていたボーンのもとに、ハッキングによって新たに探り当てた事実を告げにCIAの元同僚ニッキーが現れる。事態の露見を恐れたCIA局長の放った刺客がボーンとニッキーを襲い、ニッキーは殺害されてしまう。ボーンはニッキーの遺した「CIA が世界中の情報を監視・操作する事を目的とした、恐ろしい極秘プログラムが始動したという」という情報を元に、全容を解明するために再び動き出す。

CIA局員のヘザーはボーンがまだ愛国心をもっているとし、CIAにボーンを引き戻すことを局長を含めた上層部に提案して受け入れられる。ボーンは元局員のマルコムを追い詰め、トレッドストーン計画を作ったボーンの父親が、息子のボーンが参加者となることを知り、息子を守るためにトレッドストーン計画の暴露を示唆したことから殺されたことを知ってしまう。

ヘザーはボーンにCIA局長の新しい計画であるアイアンハンドの存在を明らかにする。ディープドリーム社のシンポジウムにてボーンとヘザーは協調行動をとり、局長の刺客はディープドリーム社CEOを暗殺しようとするが、ボーンにより未遂に終わってしまう。そして、ボーンはCIA局長と対峙するも…。

ジェイソン・ボーンの作品情報

公開日 2016年10月7日
配給 ユニバーサルピクチャーズ
制作国 アメリカ合衆国
上映時間 124分
公式サイト https://www.nbcuni.co.jp/movie/sp/bourne/

ジェイソン・ボーンのシリーズの第5作となる今作でしたが、今までの出来事や伏線などが繋がって最後の最後まで見逃せない展開でしたよね!

いよいよ、ボーンシリーズも第5章ですが、ジェイソンボーンはなぜ記憶を失ってしまったのか?いったい何者なのでしょうか?

よりジェイソン・ボーンの世界観に浸ることができるように、既に視聴されたジェイソン・ボーンファンの興奮しているリアルな声も集めてみました!

ジェイソン・ボーンの感想

作品の感想

zizi2417(30代・女性)
マット・デイモンが一匹狼の暗殺者、ジェイソン・ボーンを演じるスパイアクション映画の第4作目。本作で、ボーンは自身の隠された秘密をめぐり、新たな戦いに打って出る。そしてついには彼の過去が白日の下に…。
私の大好きなシリーズで、繰り返し観てはそのたびにハラハラドキドキ。最大の魅力はマット・デイモン演じる主人公ジェイソン・ボーンでしょう。
スパイ大国アメリカの陰謀の渦に巻き込まれ、翻弄されてきたボーンが、ようやく平穏を得たかに見えたのですが、そんな穏やかな日々も長くは続きませんでした。
スリルとサスペンス満載の迫力あるアクションシーンがこのシリーズの大きな見どころですが、本作でもその勢いは衰えていません。手に汗握るアクションシーンとカーチェイスは非常に見ごたえがあります。
どんな状況でも常に冷徹で知的なボーンがあらゆる危機にも柔軟に対応し、自力で見事に乗り越えていく姿がとてもカッコいいです。
さすがにマットも年取ったとか4作目ともなるとやはりマンネリ・・・といった意見もありそうですが、私は十分に楽しめました。
今回のヒロイン、CIA局員のヘザーとの絡みのシーンはそう多くないのですが、最後のオチは「してやったり!」でスカッとしましたね。


かける(30代・男性)
名優マッド・デイモンが記憶をなくした暗殺者を演じるスパイアクション映画の第4弾。今作ではボーンの過去が明らかになる。
米国の陰謀に巻き込まれ続け、ようやく平穏を得たボーンに新たな魔の手が伸びる本作ではこれまで孤独な暗殺者であったボーンは自らの出自を知るのだが、ボーンを巡る思惑が耐えることがない現実にボーンの影がより一層濃く指しているように感じられた作品。
これまで以上に迫力のあるアクションシーンも見どころ。
大好きなスパイアクション映画シリーズ第4弾。平穏な暮らしをしたいだけのボーンは、これまで何度もアメリカの争いに巻き込まれてきたが、今回ようやくボーンの過去が明らかになる。
4作目になっても相変わらず衰えることのないアクションシーンは、非常に見応えがある。また、冷静で知的なボーンが、あらゆるトラブルにも柔軟に対応してみせる姿が格好いい。予想外の事態が起こっても、落ち着いて見ていられる安心感が、この主人公の持つ魅力の一つでもある。
ボーンシリーズ最新作であるため、本作を鑑賞した後、シリーズの原点に戻って第1作目から見返してみると、改めてジェイソン・ボーンという人物を取り巻いていた思惑や、本人の葛藤や苦悩、彼を追い回す組織の目的など、複雑な背後関係を紐解きストーリーを深く味わう事が出来る。もし、本作がボーンシリーズデビューの方ならば、是非ともシリーズ1作目からの鑑賞をお勧めしたい。
007にも劣らぬストーリーを体験する事が出来る。


kamick2014(30代・男性)
この作品を初めて見た時は本当に驚きました。スパイ映画なのにとにかく静かなのです。無駄なセリフを省いた演出。激しくも派手な動きのないアクション。地味ともいえる主人公像。主人公と関わる人物の少なさと地味さ。どこを見てもそれ以前に見た007シリーズなどのスパイ映画とは一線を画しており、全体を覆う抑制的な作品の雰囲気に序盤からあっという間に引き込まれてしまいました。主人公の失われた記憶がカギというのもミステリーのようで興味をそそられました。断片的に現れる主人公ジェイソンを恐るべき殺人マシーンに改造したと思われる人々。真相につながる情報を小出しに示しながらも決して大っぴらに全体を明かそうとしない演出がまるで霧の中に誘うかのような感覚を与えてくれて、映画を見ながら最後まで迷わされてしまいました。印象に残るシーンは色々あるのですが、一番は逃亡中に出会ったマリーとのパリまでのドライブシーンです。場面は車内に二人きり。パリまではまだまだ距離があり時間はたっぷりあります。そしてジェイソンは男、マリーは女です。しかし二人は余りしゃべらない。会話は乏しく、車は淡々とパリへ向けて走っていきます。主人公とヒロインが二人きりだというのに静かにしている。こんなスパイ映画かつてあったでしょうか。ジェイソンでなくボンドならパリまで軽妙な会話が続くでしょう。しかしジェイソンは違います。苦悩し、どうしたら良いのか分からないのです。しかし、心の奥底に叩き込まれた何かが彼を突き動かす。そしてマリーはそんな彼がまるで分からない。この接近しようにも出来ない二人のもどかしさ、心理描写こそが本作のもう一つの肝であり、パリまでのドライブのシーンはこの想いが凝縮されているのです。このモノトーンに満ちた心理描写こそが今作の特徴であり、第1作に特に強く表れたジェイソンボーンシリーズ独特の魅力だと思います。

ファンの方がジェイソン・ボーンに興奮しているのがよくわかりますね!

感想だけでなく、実際に映像を通して見たいなと思ったら是非U-nextで無料視聴してみてくださいね!

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

それでは最後にジェイソン・ボーンの出演者や声優の情報をまとめて見ていきたいと思います。

ジェイソン・ボーンのキャスト・吹き替え声優

ジェイソン・ボーン:マット・デイモン(平田広明)
銃撃をきっかけに、自分の名前とすべての記憶をなくしてしまった暗殺者。ひっそりと孤独に暮らしていたが、CIA の陰謀に巻き込まれニッキーを目の前で殺されるなど起きるが、徐々に自信の記憶を取り戻し、再び自分のアイデンティティ(存在意義)を見出すため、戦いへ挑むのである。

ロバート・デューイCIA長官:トミー・リー・ジョーンズ(土師孝也)
CIA長官で保守的な男。ソーシャルネットワークを利用してリアルタイムに監視・操作をする「アイアンハンド作戦」を企てている。

ヘザー・リー:アリシア・ヴィキャンデル(竹内絢子)
CIAサイバー部門の女性。ボーンがまだ愛国心をもっているとし、ボーンをCIAへ再び戻すことを上層部に提案する。ボーンにCIA局長の新しい計画「アイアンハンド」の存在を明らかにし、ディープドリーム社のシンポジウムにてボーンと共同で行動をし、局長の刺客によってディープドリーム社CEOを暗殺しようとしているところをボーンによって未遂に終わらせた。CIA局長と対峙したボーンが殺されそうになったところをヘザーが局長を射殺することによって救出した。

アセット(作戦員):ヴァンサン・カッセル(向井修)
ジェイソン・ボーンを暗殺するために送り込まれた暗殺者の男。

ニッキー・パーソンズ:ジュリア・スタイルズ(沢海陽子)
CIAマドリッド支局員の女性。「ボーン・アイデンティティ」「ボーン・スプレマシー」ではボーンの敵として扱われていた。ひっそり暮らしていたボーンの前に姿を現した。CIAが世界中を監視するために極秘プログラムを立ち上げたことをボーン告げる。そして、ボーンに関する過去に纏わる真実も告げる。

アーロン・カルーア:リズ・アーメッド(川田紳司)
シリコンバレーにあるディープドリーム社のCEOの男。新たなSNSを開発し、市場調査などに反映されない、全く監視されることのない理想のSNSだと発表するが、それは表向きの情報で、内実はCIAの技術専門家であるアーロンは、デューイ長官に圧力をかけられ、強固な監視システムを作っていた。記者会見の場でカルーアはCIAのたくらみを発表しようとしていることに気づかれ、デューイ長官の支持のもと、アセット作戦員に命を狙われる。

クレイグ・ジェファーズ:アトー・エッサンドー
デューイ長官の右腕のCIA捜査官の男。ボーン暗殺のために送り込まれる。デューイ長官がボーンに復職をせまる中、ボーンに近づき発砲をし、ボーンの脇腹にあてるも、ボーンに射殺される。

エドウィン・ラッセル:スコット・シェパード
国家情報長官の男。デューイ長官と共にニッキーにボーンを追跡したいと直訴する。

ジェイソン・ボーンのスタッフ

  • 監督: ポール・グリーングラス
  • 脚本:ポール・グリーングラス クリストファー・ラウズ
  • 原作:ロバート・ラドラム
  • 製作:フランク・マーシャル マット・デイモン ポール・グリーングラス グレゴリー・グッドマン
  • 製作総指揮:クリストファー・ラウズ
  • 撮影監督: バリー・アクロイド
  • 編集:クリストファー・ラウズ
  • 音楽: ジョン・パウエル デヴィッド・バックリー

ジェイソン・ボーンの関連作品

 

ジェイソン・ボーンを無料視聴する方法まとめ

今回は映画「ジェイソン・ボーン」を無料でフル視聴する方法を紹介いたしました。

様々な動画配信サービスやサイトがある中でもやはりオススメなのは『U-next』です。

こちらの作品だけでなく、他にも見放題作品が90000本以上もあるため期間内にたくさん見ることができますので、 まだU-nextの無料お試しトライアルに申し込まれたことがない場合は是非この機会に体験をしてみませんか?

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴