海外映画(洋画)の動画情報をまとめたメディア|人気映画や最新映画を今すぐネットで無料視聴する方法紹介

シンドラーのリストの動画(字幕/吹き替え)を無料視聴する方法

『シンドラーのリスト』は、1994年の冬に公開され、あのスティーブン・スピルバーグ監督によって、ナチスのユダヤ人大虐殺(ホロコースト)と、それに反発したひとりのドイツ人の実業家の姿を描いた名作です。

今回は『シンドラーのリスト』のフル動画を無料で見るための方法を、いろんな動画配信サービスやサイトを比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ちなみにU-nextなら『シンドラーのリスト』を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐ動画を無料視聴する/ 31日間無料で動画視聴

 

シンドラーのリストが視聴できる動画配信サービス一覧

動画配信サービスはいろんな種類がありますが、「シンドラーのリスト」を無料で視聴できるサイトをまとめました。

配信サービス名 字幕動画 吹き替え動画 月額・ポイント・無料期間
https://lyriccinemacafe.com/unextU-NEXT

実質無料

実質無料

31日間無料
月額1990円 600円分配布
Music.jp

330円

330円

30日間無料
月額1958円 1600円分配布
dTV

330円

330円

31日間無料
月額500円 ポイントなし
TELASA

見放題

見放題

30日間無料
月額562円 550円分配布
NETFLIX

見放題

見放題

無料期間なし
月額800円 ポイントなし
ビデオマーケット

330円

330円

初月無料
月額500〜2000円
540〜2160円分配布
Amazon プライムビデオ

299円

× 30日間無料
月額500円 ポイントなし
TSUTAYA DISCAS

220円

× 30日間無料
月額2417円 1100円分配布
Hulu × × 1ヶ月無料
月額960円 ポイントなし
FOD × × 2週間無料
月額888円 900円分配布
Abema TV × × 1ヶ月間無料
月額960円 ポイントなし
Paravi × × 2週間無料
月額1027円 チケット1枚配布
クランクインビデオ × × 2週間無料 月額990円
2000ポイント配布
Disney DELUX × × 初月無料
月額770円 ポイントなし

U-nextなら登録してすぐに『シンドラーのリスト』を実質無料で視聴できます!

また、U-nextなら、シンドラーのリスト以外の作品の取り扱いもありますし、31日間の無料期間があるのでゆっくり視聴できてオススメです。

さらに、U-NEXTは業界トップの作品数を取り扱っているので無料トライアル期間内でたくさんの作品を見放題で楽しむこともできます。

ですので、U-NEXTを使ったことがない場合は、ぜひ一度無料トライアルで試してみてください。

\今すぐ動画を無料視聴する/ 31日間無料で動画視聴

とは言っても、 動画配信サービスに登録しなくても無料で見れるサイトもあるんじゃないの?と思う方もいるかもしれません。

そこで、動画配信サービスサイト以外の無料配信サイトでの「シンドラーのリスト」の配信状況に関してまとめてみました。

 

シンドラーのリストの無料動画一覧

YoutubeやTverなど、無料動画視聴サイトにおいて、「シンドラーのリスト 字幕」 「シンドラーのリスト 吹き替え」で検索した結果が以下となります。

シンドラーのリストの字幕動画

字幕動画の検索結果をまとめましたが、実際のホロコーストの様子や、劇中の音楽紹介動画などが主な検索結果となっています。

youtubeでは取り扱いはありますが、購入またはレンタルをしないといけないのが現状となっています。

youtube GYAO ニコニコ動画
TVer 動画イズム

無料動画サイトで動画がなく、すぐにシンドラーのリストを無料視聴したい場合は「U-next」がおすすめです♪

続いては吹き替え動画の検索結果です。

吹き替え動画

続いて、シンドラーのリストの吹き替えの検索結果ですが、こちらもホロコーストの様子や映画紹介の動画が表示される傾向にあります。

字幕と違う点は、生存者の証言や、戦争関連の動画がより多く表示されている傾向にあるというところです。

youtubeなどで取り扱いはありますが、こちらも字幕と同様に、購入しないと視聴が出来ず無料で視聴できる動画は無料サイトでは見つかりませんでした。

youtube GYAO ニコニコ動画
TVer 動画イズム

ご確認いただけるように、ほとんどの場合は、フルの動画の視聴は難しく、画質や音質が悪いものが多いのが実情です。

仮にあったとしても著作権ですぐに削除されてしまうだけでなく、

このようにウイルスに感染し、個人情報を抜き取られたり、悪質なサイトに入ってしまうリスクも高くあるのです。

しかし、動画配信サービスを利用すれば

  • ウイルスに感染する可能性がない
  • 高画質・高音質でフル動画を観ることができる
  • 途中で広告などが入ってこない

といったメリットがあるだけでなく、『U-next』であれば、31日間の無料トライアル期間があるので、ストレスなく視聴できてオススメです♪

\今すぐ動画を無料視聴する/ 31日間無料で動画視聴

以上、シンドラーのリストを無料で視聴する方法を説明しましたが、シンドラーのリストに至るまでの流れを忘れている方も多いのではないでしょうか?

より、シンドラーのリストを楽しんで頂くために、過去のあらすじと共に作品情報もまとめましたのでご覧ください!

 

シンドラーのリストのあらすじ

1939年9月。ドイツ軍のポーランド制圧により、国内で暮らす1万人以上のユダヤ人に移動命令が下る。彼らは駅で名前をチェックされ、ポーランド南部のクラクフへ運ばれる。
ナチス党員で実業家のオスカー・シンドラーは、この戦争を利用して金儲けをするため、生まれ故郷のブリンリッツからクラクフへ出てくる。社交的なシンドラーは、SS(ナチス親衛隊)の将校たちが集まるクラブに入り込み、金を使って彼らに近づく。
イザック・シュターンは、食品製造会社の会計士をしていたユダヤ人で、現在はユダヤ人評議会の世話役として、強制労働の班分けや苦情相談を受ける仕事をしていた。シンドラーは、シュターンの仲介で閉鎖された食品容器製造工場を買い取り、その経営も任せたいと申し出る。
1941年3月20日。全ユダヤ人にクラクフのゲットー(ユダヤ人居住区)への移動命令が下る。ユダヤ人は、長年住み慣れた我が家を強制的に追い出され、狭いゲットー内での不自由な生活を強いられる。
シンドラーはこの機会に便乗し、裕福なユダヤ人の家と家財道具を手に入れる。食品容器製造工場も買い取り、地盤固めは盤石となる。従業員には、賃金の安いユダヤ人を雇うことにして、シュターンに人材集めを任せる。
ゲットー内では、ユダヤ人をブルーカードとイエローカードに分ける作業が進んでいた。SSは、役に立ちそうな者はブルーカード、役立たずと認定したユダヤ人にはイエローカードを渡し、イエローカードのユダヤ人から収容所送りにしていた。シュターンは、イエローカードになりそうなユダヤ人を優先的に選び、彼らが技術者や熟練工だったという偽の証明書を作って、ブルーカードを発行してもらう。
そんなある日、シンドラーが愛人と過ごしていた自宅へ、故郷の妻がやってくる。シンドラーの妻は、無一文だった夫の優雅な暮らしぶりを見て、また故郷へ戻っていく。妻は、ここにミセス・シンドラーの居場所はないと判断していた。
大雪が降った日。ゲットーから工場へ向かっていた従業員たちは、SSに雪かきを命じられる。SSの兵士は、そこで足の悪い老人を見つけ、いきなり彼を射殺する。シンドラーはSSの将校に抗議するが、「ユダヤ人の障害者に頼るのは国への反逆だ」と言われてしまう。収容所へ送られるユダヤ人の名簿に、なぜかシュターンの名前が入っており、彼は収容所行きの汽車に乗せられる。シンドラーは駅に駆けつけ、執念でシュターンを救い出す。シンドラーにとってシュターンは、どんなことをしてでも守りたい存在になっていた。
1942年の冬。アーモン・ゲート少佐がゲットーを視察に来る。ゲートは、クラクフ郊外に建設中のプワシュフ収容所の所長に任命されており、その現場も視察する。そこでバラックの建設方法について正しい意見を述べたユダヤ人女性は、その場でゲートに射殺される。それを目の当たりにしたユダヤ人は、ゲートの冷酷さに恐れおののく。
1943年3月13日。ゲットーが解体されることになり、SSによるユダヤ人の整理が始まる。本来なら、ここで暮らすユダヤ人はプワシュフ収容所へ送られるのだが、人数が多すぎるため、弱者や子供はその場で射殺される。シンドラーは、ゲットーが一望できる丘の上で、その様子を見ていた。逃げ惑う人々の中に、赤い服を着た幼い少女がいて、シンドラーはなぜか彼女のことが深く印象に残る。シュターンも従業員も収容所に送られ、シンドラーの工場は完全にストップしてしまう。シンドラーは、懇意にしている将校からゲートを紹介してもらい、賄賂を渡して彼に取り入る。その上で、自分の従業員を返して欲しいと交渉する。ゲートは力になると約束してくれるが、シンドラーに1番近い存在のシュターンとは、自由に会わせようとしない。
シンドラーはあちこちに賄賂を渡し、ゲート邸を訪れるたびに、シュターンと密会して今後の相談をする。賄賂のおかげで、元の従業員は工場で働くことを許され、身の安全が確保される。。ゲットーが解体された日から、シンドラーの中で何かが変わり始めていた。
シンドラーはゲートに、殺すよりも許す人間の方が強い力を持つようになると話す。その話を聞いたゲートは、ミスをしたユダヤ人の少年を許そうとしてみるが、結局は射殺してしまう。ゲートはヘレンに対しても、不条理な暴力を振るう。ゲートはヘレンに欲情していたが、人間以下とされるユダヤ人女性を抱くことは、ナチスの思想に反している。その苛立ちを、ヘレンを殴ることで晴らしていた。
シンドラーの誕生祝いの席に、工場で働くユダヤ人の少女と子供がケーキを持って来る。シンドラーは、SSの将校たちの前で2人にキスをして、感謝の言葉を述べる。シンドラーの行為は、ナチス党員として許されないものだった。
収容所に新たなユダヤ人が送られてくることになり、ゲートは現在いるユダヤ人の削減を行う。ユダヤ人は裸にされて広場に集められ、医者の身体検査を受ける。栄養不良や病気と判断された者は、虐殺されるのを待つだけの絶滅収容所へ送られる。多くの子供たちも連れて行かれた。親たちは泣き叫んでいたが、どうすることもできなかった。
シンドラーはゲートのやり方に反発し、汽車に押し込まれたユダヤ人にホースで水をかけてやる。灼熱の車内で苦しんでいたユダヤ人は、冷たい水のシャワーを喜ぶ。この行為やユダヤ人少女へのキスが人種再編成法違反と見なされ、シンドラーは刑務所に収監される。

シンドラーのリストの作品情報

公開日 1994年2月26日
配給 UIP
制作国 アメリカ合衆国
上映時間 195分
公式サイト

巨匠・スティーブン・スピルバーグ監督による、ナチスのユダヤ人大虐殺、それに歯向かう一人のドイツ人実業家の姿を描いた、名作です。

ヒトラーだけではなく、第二次世界大戦の下、ナチスドイツがユダヤ人に対してどのような迫害をしたのか、そして、ナチス以外のドイツ人はどうあったのか。

よりシンドラーのリストの世界観に浸ることができるように、既にシンドラーのリストを試聴された方のリアルな声も集めてみました!

シンドラーのリストの感想

作品の感想

YY(20代・男性)
ホロコーストの最中にユダヤ人を救った英雄の実話、という程度の予備知識しかないまま、本作を鑑賞したが、単純に善悪で分けられるものでもなく、予想以上に深いメッセージ性をもった作品に仕上がっていた。主人公のシンドラーは、元々はナチス寄りであったし、ユダヤ人を救うという話も、自身の事業に差し障りが出ないようにするためという利己的な動機も描かれている。そのため、単純にホロコーストの不条理に立ち向かいユダヤ人を助けた英雄の話として観ると、違和感を感じる人もいるかもしれない。ただ、私はそのシンドラーの人間臭さに却って共感できたし、映画化の際に必要以上に美化しなかった点は素晴らしかったと思う。シンドラーに対するナチス高官を演じたレイフ・ファインズの冷酷そのものの演技も、作品に緊迫感を与えており、強烈な印象だった。彼を含め、登場人物が皆非常にリアリティがあり、「演技」という枠を越えて、実際の映像を目の当たりにしているかのような錯覚を覚えた。3時間近い長編であり、ホロコーストをテーマにしていることから全編を通して暗い雰囲気はあるが、さすがに名作とされているだけあって、様々なことを考えさせられる作品だ。特に詳細は控えるが、ラスト近くでシンドラーが「あと何人か救えたかもしれない」と後悔の涙を流す場面が、私の心には最も響いた。果たしてあの時代に自分が生きていたらどのような行動をとっていたのかを考えさせられた。全ての人に、「人間として見るべき映画」として強くおすすめできる。余談にはなるが、本作を鑑賞された方には、是非本作の舞台となったクラクフを訪問してほしいと思う。


ふぁびお(40代・男性)
「感想はいつの間にか泣いていた」です。当時、公開する映画すべてがヒットしていたスティーブンスピルバーグ監督の作品で前評判をまったく調べずに見た私は、これまでスピルバーグ作品同様に派手なアクションと映像の美しさが売りだろうと思っていた。しかし、冒頭からモノクロ。いやいやそのうちカラーになるだろうと思っていても終始モノクロ。そのうち泣いていたといった具合である。舞台は、第2次世界大戦さなかのナチスドイツ軍。当時行われたユダヤ人の迫害を若手実業家がいろいろな手を尽くして助け、自らが経営する工場で働かせるという形で進んでいくストーリーは、胸に刺さるものがある。そしてユダヤ人大量虐殺においてもシンドラーは奮起し、一人でも多くのユダヤ人を救出しようと躍起になるが、たかが一人の実業家の力は虚しく救ったユダヤ人よりも多くのユダヤ人を亡くしてしまう。それでも救った功績は素晴らしいと感じる中でシンドラーが言った「この指輪があるのならもう何人か救えたかもしれない」の言葉は劇中の中で最も胸を刺す言葉の一つです。見終わった後のなんとも言えない胸のすくみは大きく、改めてどんな映画なのかを調べてみるとすべて実話をもとに作られていたことに驚かされた。その後、ナチスドイツや第二次世界大戦について勉強しようと思ったきっかけの作品です。


tapimaru(50代・女性)
第二次世界大戦でどれだけのユダヤ人が迫害されたかは、残された資料を見ても凄惨さは伝わります。しかし、この映画は資料では伝えきれない、当時のユダヤ人が受けた理不尽な仕打ちを知ることができます。ヒトラーは有名だけど、その部下たちの振る舞いはどうだったかは知らない人も多いと思います。民間人のシンドラーの視点から見ても、放ってはおけないことが行われていたんでしょう。自分の会社を運営するために見せかけながら、危険を承知でユダヤ人を救う使命感は、ドイツ軍の蛮行が激しいほど強くなっていくのを感じました。最初と最後以外が白黒映画なのは、シンドラーが現実の中で感情をわざと殺した心情を表しているように思えます。劇中で赤い色が浮かび上がるシーンがあるのですが、その時だけはシンドラーの冷静を保っていられない心の動きで、どうしても押さえられない色の象徴だと思います。劇中でシンドラーの立ち居振る舞いは優雅で余裕のある人にも見えますが、心の中は確固としたものがあったと思います。1100人の人を救ったシンドラーの最後の言葉は考えさせられました。私は彼のような人がいてくれた事に、感謝と尊敬を感じます。戦争の悲惨さを残しておくべき映画として残り続ける作品です。

ファンの方がシンドラーのリストに感動しているのがよくわかりますね!

感想だけでなく、実際に映像を通して見たいなと思ったら是非U-nextで無料視聴してみてくださいね!

\今すぐ動画を無料視聴する/ 31日間無料で動画視聴

それでは最後にシンドラーのリストの出演者や声優の情報をまとめて見ていきたいと思います。

シンドラーのリストのキャスト・吹き替え声優

オスカー・シンドラー:リーアム・ニーソン(堀勝之祐)
実業家。ドイツで鋳金工場を経営している。人の心に入り込むのが上手い男、赤いコートの少女の存在を機に、ホロコーストに送り込まれそうなユダヤ人達の救済を開始し「リスト」を作成する。

イザック・シュターン:ベン・キングズレー (上田敏也)
シンドラーの会社の会計士。ポーランド系ユダヤ人。穏やかな性格だが、仲間が強制収容所に連れていかれそうなのを見ていられずシンドラーに助けを求めた。聡明な男性。

アーモン・ゲート:レイフ・ファインズ(田中秀幸)
ナチスドイツ、クラクフ・プラシュフ強制収容所所長。寝起きに囚人達に向けて発砲したり、犬を嗾けたりし虐待した。戦後、ポーランドの戦争犯罪人として死刑となった。

エミリエ・シンドラー:キャロライン・グッドール(弘中くみ子)
シンドラーの妻。女好きの夫に悩まされながらも、リストを必死に作り、ユダヤ人の為に奔走する夫を支える。最後はオスカーと共に車で工場を脱出した。

ポルデク・ペファーベルグ:ジョナサン・セガール(梅津秀行)
ゲットーで物の売買を行っていたところ、シンドラーに話しかけられる。それが縁で最後はリストに乗せられ一命を取り留めるユダヤ人。強制収容所内でミラという女性と結婚した。

ヘレン・ヒルシュ:エンベス・デイヴィッツ(佐久間レイ)
アーモン・ゲートのメイドとして働く女性。ゲートに乱暴されそうになるが、その後シンドラーの機転で、彼の工場で働く事となる。リストに記載され最後は命からがら、他のユダヤ人達と解放された。

マルセル・ゴルトベルク:マーク・イヴァニール
ゲットーや収容所で生きるためナチス親衛隊に協力するユダヤ人。シュターンが望む「リスト入り」を望まれたため命が助かる。

ユリアン・シェルナー:アンジェイ・セヴェリン(糸博)
ナチス親衛隊の将校。シンドラーと通じ合い賄賂を送られ協力をしている。眼鏡がトレードマークである。

シンドラーのリストのスタッフ

  • 監督:スティーブン・スピルバーグ
  • 脚本:スティーブン・ザイリアン
  • 原作:トーマス・キニーリー『シンドラーの箱船』原題Schindler’s Ark 米国改題『Schindler’s List』
  • 製作:スティーブン・スピルバーク ジャラルド・モーレン ブランコ・ラスティグ
  • 製作総指揮:キャスリーン・ケネディ
  • 撮影監督:ヤヌス・カミンスキー
  • 編集:マイケル・カーン
  • 音楽:ジョン・ウィリアムズ

シンドラーのリストの関連作品

  • 戦場のピアニスト
  • それでも夜は明ける
  • ヒトラー〜最後の12日間〜
  • ホテル・ルワンダ
  • 黄色い星の子供たち

 

シンドラーのリストを無料視聴する方法まとめ

今回は映画「シンドラーのリスト」を無料でフル視聴する方法を紹介いたしました。

様々な動画配信サービスやサイトがある中でもやはりオススメなのは『U-next』です。

こちらの作品だけでなく、他にも見放題作品が90000本以上もあるため期間内にたくさん見ることができますので、 まだU-nextの無料お試しトライアルに申し込まれたことがない場合は是非この機会に体験をしてみませんか?

\今すぐ動画を無料視聴する/ 31日間無料で動画視聴