海外映画(洋画)の動画情報をまとめたメディア|人気映画や最新映画を今すぐネットで無料視聴する方法紹介

サブウェイ123 激突の動画(字幕/吹き替え)を無料視聴する方法

『サブウェイ123 激突』は、2009年の夏に公開された、ニューヨーク地下鉄運行司令室のガーバーとハイジャック犯ライダーの一味との戦いを描いたアクション映画です。

今回は『サブウェイ123 激突』のフル動画を無料で見るための方法を、いろんな動画配信サービスやサイトを比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ちなみにTsutaya Discasなら『サブウェイ123 激突』を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

サブウェイ123 激突が視聴できる動画配信サービス一覧

動画配信サービスはいろんな種類がありますが、「サブウェイ123 激突」を無料で視聴できるサイトをまとめました。

配信サービス名 字幕動画 吹き替え動画 月額・ポイント・無料期間
TSUTAYA DISCAS

実質無料

実質無料

30日間無料
月額2417円 1100円分配布
NETFLIX

見放題

見放題

無料期間なし
月額800円 ポイントなし
Amazon プライムビデオ

299円

× 30日間無料
月額500円 ポイントなし
Music.jp

299円

× 30日間無料
月額1958円 1600円分配布
ビデオマーケット

299円

× 初月無料
月額500〜2000円
540〜2160円分配布
Paravi

400円

× 2週間無料
月額1027円 チケット1枚配布
TELASA × × 30日間無料
月額562円 550円分配布
dTV × × 31日間無料
月額500円 ポイントなし
Abema TV × × 1ヶ月間無料
月額960円 ポイントなし
FOD × × 2週間無料
月額888円 900円分配布
U-NEXT × × 31日間無料
月額1990円 600円分配布
Hulu × × 1ヶ月無料
月額960円 ポイントなし
クランクインビデオ × × 2週間無料 月額990円
2000ポイント配布
Disney DELUXE × × 初月無料
月額770円 ポイントなし

Tsutaya Discasならなら登録してすぐに1100円分のクーポン(1100ポイント)が配布されるので、そのポイントを使えば『サブウェイ123 激突』(440円)を実質無料で視聴できます!

また、Tsutaya Discasなら、サブウェイ123 激突以外の全シリーズの取り扱いもありますし、30日間の無料期間があるのでゆっくり視聴できてオススメです。

さらに、Tsutaya Discasは10000作品の見放題動画に加えて、DVDのレンタルも無料で借り放題となっていますので、ほとんどの作品が網羅されており、観たいと思っていた作品もこの機会に楽しむことができます!

ですので、Tsutaya Discasを使ったことがない場合は、ぜひ一度無料トライアルで試してみてください。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

とは言っても、 動画配信サービスに登録しなくても無料で見れるサイトもあるんじゃないの?と思う方もいるかもしれません。

そこで、動画配信サービスサイト以外の無料配信サイトでの「サブウェイ123 激突」の配信状況に関してまとめてみました。

サブウェイ123 激突の無料動画一覧

YoutubeやTverなど、無料動画視聴サイトにおいて、「サブウェイ123 激突 字幕」 「サブウェイ123 激突 吹き替え」で検索した結果が以下となります。

サブウェイ123 激突の字幕動画

字幕動画の検索結果をまとめましたが、予告編や出演者への取材動画などが主な検索結果となっています。

youtubeでは取り扱いはありますが、購入またはレンタルをしないといけないのが現状となっています。

youtube GYAO ニコニコ動画
TVer 動画イズム

無料動画サイトで動画がなく、すぐにサブウェイ123 激突を無料視聴したい場合は「U-next」がおすすめです♪

続いては吹き替え動画の検索結果です。

吹き替え動画

続いて、サブウェイ123 激突の吹き替えの検索結果ですが、こちらも予告編や出演者への取材動画などが表示される傾向にあります。

youtubeなどで取り扱いはありますが、こちらも字幕と同様に、購入しないと視聴が出来ず無料で視聴できる動画は無料サイトでは見つかりませんでした。

youtube GYAO ニコニコ動画
TVer 動画イズム

 

ご確認いただけるように、ほとんどの場合は、フルの動画の視聴は難しく、画質や音質が悪いものが多いのが実情です。

仮にあったとしても著作権ですぐに削除されてしまうだけでなく、

このようにウイルスに感染し、個人情報を抜き取られたり、悪質なサイトに入ってしまうリスクも高くあるのです。

しかし、動画配信サービスを利用すれば

  • ウイルスに感染する可能性がない
  • 高画質・高音質でフル動画を観ることができる
  • 途中で広告などが入ってこない

といったメリットがあるだけでなく、『Tsutaya Discas』であれば、30日間の無料トライアル期間があるので、ストレスなく視聴できてオススメです♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

以上、サブウェイ123 激突を無料で視聴する方法を説明しました。

より、サブウェイ123 激突を楽しんで頂くために、本作のあらすじと共に作品情報もまとめましたのでご覧ください!

 

サブウェイ123 激突のあらすじ

ニューヨーク地下鉄の普通列車「ペラム123号」が緊急停止した。その車両とはペラム1時23分発の車両で、しかも先頭の1車両だけであった。嫌な予感がした運行司令室で働くガーバー(デンゼル・ワシントン)は無線で車両に連絡をとる。応答したのはライダー(ジョン・トラボルタ)と名乗る男で、先頭車両をハイジャックしたと宣言する。ライダー一味の要求は、19人の乗客を人質にとり、ニューヨーク市長に59分以内に1000万ドルの身代金を用意させることであるという。
ライダーはガーバーを交渉係に指名したが、警察が拒否する。すると、運転士を射殺したのだった。人質の射殺を少しでも阻止するために、無線で必死にライダーと会話をするガーバー。会話によりガーバーはライダーの素性を知ることができた。実は彼は投資会社の社長であり、莫大な損失をだしたせいで市長に告発され逮捕されていた。その腹いせにテロを起こし、さらに株価を大暴落ささえようと企んでいたのだ。そうこうしているうちに身代金の用意ができた。到着した身代金の運搬をガーバーに命じるライダー。ライダーの狙いは、殺した運転士の代わりに元運転士のガーバーを使うことだった。先頭車両を行き止まりの路線に向かわせたライダー。ライダー一味とガーバーは途中で車両から降り、何食わぬ顔で地上に出て立ち去ろうとするライダーの一味。ライダー達から逃れることに成功したガーバーは、命がけでライダーを追い、逃亡を阻止するのだった。

サブウェイ123 激突の作品情報

公開日 2009年6月12日
配給 SPE、コロンビア映画
制作国 アメリカ合衆国
上映時間 105分
公式サイト https://www.sonypictures.jp/he/830643

デンゼル・ワシントン演じるガーバーとジョン・トラボルタ演じるライダーとの無線交渉のシーンは必見!こちらにも緊張感が伝わります!

アクション好きな方だけでなく、ハラハラするスリルを体験したい方にもおすすめしたい作品です。是非ともご覧ください!

よりサブウェイ123 激突の世界観に浸ることができるように、既に視聴されたサブウェイ123 激突ファンの興奮しているリアルな声も集めてみました!

サブウェイ123 激突の感想

作品の感想

NAO_WORKS(40代・男性)
映画「サブウェイ123 激突」は、ジョン・トラボルタとデンゼル・ワシントンが共演したことでも私の記憶に残っている作品です。特に両者の役作りが印象に残っており、デンゼル・ワシントンの役作りはかなり顔がふっくらとして見えるほど体重を増やしており別人に見えるほどで、賄賂の疑いでいつものデスクワークから偶々地下鉄の運行指示係に回されていたガーバーを演じ、ジョン・トラボルタが演じるのは犯人のRYDERと名乗る男でとても迫力がありました。ストーリーはRYDERとその仲間たちの犯罪グループが一瞬のうちに地下鉄の車両をジャックするところから始まり、終始緊迫感がある展開が続きます。私は映画を観終わるまでハラハラ、ドキドキでした。RYDERが交渉役に選んだのは、その日偶々運行指示係に回っていたガーバーで、ガーバーは巻き込まれつつRYDERとの交渉を始めていく流れも見応えがありました。RYDERが市長にお金を要求した後には、お金を輸送するシーンなどは指定された時間までの残り時間の表示と現金の輸送を強行する警察が時間に間に合うのかドキドキでした。そんな最中、RYDERとガーバーの交渉は続いていきますが、人質の命を盾に取られて賄賂を受け取ったことを告白させられるなど、交渉の中にも本当に緊張感がありました。そして、現金の運び役としてRYDERから指定されるガーバーは運び役を引き受けますが、そこからも色々と展開を見せ、遂には逃走するRYDERをガーバーが追いかけることになりますが、まさかラストにあんな展開になるのかととても驚きました。最後の帰宅するガーバーの姿にようやくホッと出来た、とても緊迫感のある作品でした。


yu0630ma(40代・男性)
1973年に公開された『サブウェイ・パニック』という映画のリメイク作品です。
トニー・スコット監督がリメイクを引き受けたということは、オリジナルは良い作品だったのでしょう。
舞台は現代のニューヨークで、主人公が仲間と武装して地下鉄をハイジャックする話です。
ストーリーの設定やベースはやはり古い映画のリメイクと言うだけあって古臭い印象がありますが、それを飽きさせない演出でした。
トニー・スコット監督の作風の一つに、ノリのいいサウンドに合わせた細かいカット割りがありますが、今作でもそれは発揮されていました。
今作は決して傑作とは呼べないかもですが、最後まで緊張感のある演出で、娯楽作品としては良かったと思います。
ジョン・トラボルタが演じる武装集団のボスのなんか危なっかしい感じもうまく表現されてたし、デンゼル・ワシントンも相変わらず上手かった。彼は役のためにわざと太ったのかな?だらしない体型がうまく生きていましたね。
細かいところへのツッコミは置いといて、70年代から80年代のパニック映画が好きな人ならとっても楽しめる作品です。
常に中の上くらいの娯楽映画をしっかりと仕上げる達人のような監督のこの作品、今回も個人的には満足でしたね。

ファンの方がサブウェイ123 激突に興奮しているのがよくわかりますね!

感想だけでなく、実際に映像を通して見たいなと思ったら是非Tsutaya Discasで無料視聴してみてくださいね!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

それでは最後にサブウェイ123 激突の出演者や声優の情報をまとめて見ていきたいと思います。

サブウェイ123 激突のキャスト・吹き替え声優

ウォルター・ガーバー デンゼル・ワシントン 石塚運昇 運行指令官
ライダー ジョン・トラボルタ 山路和弘 主犯格
カモネッティ警部補 ジョン・タトゥーロ 諸角憲一 NY市警、交渉人
フィル・レイモス ルイス・ガスマン 後藤哲夫 犯行一味、元運転手
ジョン・ジョンソン マイケル・リスポリ 天田益男
市長 ジェームズ・ガンドルフィーニ 池田勝
デルガドー ラモン・ロドリゲス 西健亮
ジョージ アレックス・カルジュスキー 川野剛稔

サブウェイ123 激突のスタッフ

  • 監督:トニー・スコット
  • 脚本:ブライアン・ヘルゲランド デヴィッド・コープ
  • 原作:ジョン・ゴーディ
  • 製作:トッド・ブラック トニー・スコット ジェイソン・ブルメンタル スティーヴ・ティッシュ
  • 製作総指揮:バリー・ウォルドマン マイケル・コスティガン ライアン・カヴァノー
  • 撮影監督:トビアス・シュリッスラー
  • 編集:クリス・レベンゾン
  • 音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

サブウェイ123 激突の関連作品

  • 1917 命をかけた伝令
  • ミッション:インポッシブル/フォールアウト
  • アントマン&ワスプ
  • ザ・ビースト

 

サブウェイ123 激突を無料視聴する方法まとめ

今回は映画「サブウェイ123 激突」を無料でフル視聴する方法を紹介いたしました。

様々な動画配信サービスやサイトがある中でもやはりオススメなのは『Tsutaya Discas』です。

こちらの作品だけでなく、他にも見放題作品が10000本以上もあり、旧作をレンタルし放題なため期間内にたくさん見ることができますので、 まだTsutaya Discasの無料お試しトライアルに申し込まれたことがない場合は是非この機会に体験をしてみませんか?

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴