海外映画(洋画)の動画情報をまとめたメディア|人気映画や最新映画を今すぐネットで無料視聴する方法紹介

ザ・ファンの動画(字幕/吹き替え)を無料視聴する方法

『ザ・ファン』は、1996年の夏に公開された映画で、ストーカー化していく狂信的な野球ファンの姿を描いた作品です。

今回は『ザ・ファン』のフル動画を無料で見るための方法を、いろんな動画配信サービスやサイトを比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ちなみにTsutaya Discasなら『ザ・ファン』を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ザ・ファンが視聴できる動画配信サービス一覧

動画配信サービスはいろんな種類がありますが、「ザ・ファン」を無料で視聴できるサイトをまとめました。

配信サービス名 字幕動画 吹き替え動画 月額・ポイント・無料期間
TSUTAYA DISCAS

実質無料

実質無料

30日間無料
月額2417円 1100円分配布
U-NEXT 31日間無料
月額1990円 600円分配布
Hulu 1ヶ月無料
月額960円 ポイントなし
クランクインビデオ

440円

440円

2週間無料 月額990円
2000ポイント配布
Amazon プライムビデオ

299円

299円

30日間無料
月額500円 ポイントなし
Music.jp

440円

440円

30日間無料
月額1958円 1600円分配布
dTV

400円

400円

31日間無料
月額500円 ポイントなし
ビデオマーケット

400円

400円

初月無料
月額500〜2000円
540〜2160円分配布
TELASA

200円

200円

30日間無料
月額562円 550円分配布
Abema TV × × 1ヶ月間無料
月額960円 ポイントなし
NETFLIX × × 無料期間なし
月額800円 ポイントなし
FOD × × 2週間無料
月額888円 900円分配布
Paravi × × 2週間無料
月額1027円 チケット1枚配布
Disney DELUXE × × 初月無料
月額770円 ポイントなし

Tsutaya Discasならなら登録してすぐに1100円分のクーポン(1100ポイント)が配布されるので、そのポイントを使えば『ザ・ファン』(440円)を実質無料で視聴できます!

また、Tsutaya Discasなら、ザ・ファン以外の全シリーズの取り扱いもありますし、30日間の無料期間があるのでゆっくり視聴できてオススメです。


さらに、Tsutaya Discasは10000作品の見放題動画に加えて、DVDのレンタルも無料で借り放題となっていますので、ほとんどの作品が網羅されており、観たいと思っていた作品もこの機会に楽しむことができます!

ですので、Tsutaya Discasを使ったことがない場合は、ぜひ一度無料トライアルで試してみてください。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

とは言っても、 動画配信サービスに登録しなくても無料で見れるサイトもあるんじゃないの?と思う方もいるかもしれません。

そこで、動画配信サービスサイト以外の無料配信サイトでの「ザ・ファン」の配信状況に関してまとめてみました。

ザ・ファンの無料動画一覧

YoutubeやTverなど、無料動画視聴サイトにおいて、「ザ・ファン 字幕」 「ザ・ファン 吹き替え」で検索した結果が以下となります。

ザ・ファンの字幕動画

字幕動画の検索結果をまとめましたが、予告映像や類似作のプロモーション動画などが主な検索結果となっています。

youtubeでは取り扱いはありますが、購入またはレンタルをしないといけないのが現状となっています。

youtube GYAO ニコニコ動画
TVer 動画イズム

無料動画サイトで動画がなく、すぐにザ・ファンを無料視聴したい場合は「U-next」がおすすめです♪

続いては吹き替え動画の検索結果です。

吹き替え動画

続いて、ザ・ファンの吹き替えの検索結果ですが、こちらも予告映像や類似作のプロモーション動画が表示される傾向にあります。

字幕と違う点は、洋画の吹き替え声優に関する動画がより多く表示されている傾向にあるというところです。

youtubeなどで取り扱いはありますが、こちらも字幕と同様に、購入しないと視聴が出来ず無料で視聴できる動画は無料サイトでは見つかりませんでした。

youtube GYAO ニコニコ動画
TVer 動画イズム

 

ご確認いただけるように、ほとんどの場合は、フルの動画の視聴は難しく、画質や音質が悪いものが多いのが実情です。

仮にあったとしても著作権ですぐに削除されてしまうだけでなく、

このようにウイルスに感染し、個人情報を抜き取られたり、悪質なサイトに入ってしまうリスクも高くあるのです。

しかし、動画配信サービスを利用すれば

  • ウイルスに感染する可能性がない
  • 高画質・高音質でフル動画を観ることができる
  • 途中で広告などが入ってこない

といったメリットがあるだけでなく、『Tsutaya Discas』であれば、30日間の無料トライアル期間があるので、ストレスなく視聴できてオススメです♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

以上、ザ・ファンを無料で視聴する方法を説明しましたが、ザ・ファンに至るまでの流れを忘れている方も多いのではないでしょうか?

より、ザ・ファンを楽しんで頂くために、映画のあらすじと共に作品情報もまとめましたのでご覧ください!

 

ザ・ファンのあらすじ

ギル・レーバン(ロバート・デニーロ)は熱狂的なジャイアンツファンで、サンフランシスコのナイフ会社の営業をしている。ギルは今年の開幕戦を心待ちにしていた。なぜなら、強打者のボビー・レーバン(ウェズリー・スナイプス)が4000万ドルでジャイアンツと契約したからだ。
ギルは自己中心的で激昂しやすい性格の為なかなか契約が取れず、最近仕事の成績が悪かった。上司からは実績が伸びなければクビだと言われている。大事な取引先との約束の日に離婚後離れて暮らす息子リッキーと開幕戦へいく約束をしていた為、無理をして観戦に行った。
ボビーがホームランを打ったのを見届け、息子を残して取引先へ向うが、結局無駄足に終わり会社を解雇されてしまう。さらに、息子は球場に残されたことで迷子として保護され自宅へ。これが別れた妻の怒りを買い、接近禁止命令が出された。
ボビーは開幕戦で怪我をしてから、スランプだった。ボビーのラッキーナンバー11を背番号につけたプリモ(ベニチオ・デル・トロ)に11番を譲ってくれと交渉したが、プリモは譲ってくれなかった。
ギルは孤独だった。野球観戦が生きがいで、ボビーに執着するようになった。ラジオ番組でボビーと会話をした事によって、自分がボビーを救わなければと思うようになり、ボビーのライバル、プリモを殺害してしまう。

ザ・ファンの作品情報

公開日 1996年8月16日
配給 コロンビア映画
制作国 アメリカ合衆国
上映時間 117分
公式サイト

スターとファンの関係性を描いた本作でしたが、狂気にとらわれてストーカー化していく主人公の姿にハラハラする展開でしたね…。

より世界観に浸ることができるように、既に視聴された方のリアルな声も集めてみました!

ザ・ファンの感想

作品の感想

Jas2(30代・女性)
往年の大スターの熱狂的ファンが常軌を逸した行動をとるという話。ファンの男は25歳という設定で、毎年町のコンテストで大スターアーリヤン・カンナーのモノマネをしてトロフィーをかっさらっているんだが、このモノマネ芸の演出を両親が手伝っているというのがなんともね。こうやって趣味がどんどん高じていくのを甘やかしていたから、ああなったのかなあとも思う。何せ息子がアーリヤンに会うと行って出かけて行くのも応援しているわけだから。父は自分の仕事を休んで、息子の店の店番したりとかは、個人的には甘やかしすぎ。適当に合わせてただけにも見えないし、逆恨みしてなりすまし犯罪を企むファンの男もキモいけど、この両親がかなりキモかった。お母さんは最後のほうまともな態度見せてたけどさ。ファンは、要はストーカーなんだが、こういうことするやつマジでいそうなところがこわい。追いかけっこなどのアクションシーンが若干多めで、これはもう少し短くてもいいかなとは思ったが、全体的にはよくできていて楽しめる。シャー・ルク・カーンが大スターとファンを一人二役で演じているんだが、いったいどういう特殊効果になってんだ? メイクの力がすごいと思った。大スターの側と大ファンの側を両方の細かい心理描写まで演じてしまうシャー・ルクにかなりびっくりしてしまう。途中に挟まれるアクションも、ジャッキー・チェン映画や007と較べても遜色ないほどのクオリティ。残念ながらダンスシーンはないのだけれど、こうしたエンタメ界を一歩引いた視点で冷静に見せてくれ、かなり背筋が凍る作品であった。


きょん(30代・女性)
シャー・ルク・カーンが本人そのものの大スターを演じ、そのスターに憧れる青年も演じているという正にシャー・ルク・ファンならばどちらにも感情移入してしまう作品。
シャー・ルクが一人二役を演じているのだが、顔つきといい、体型といい、若さといい、どう見ても二人いるようにしか見えない。
自分もよくイベントに行くのだが、その大半はまともなお客さんなのだけど、一部に過激なファンがいて、ほんの一握り本当におかしい人がいる。ニュースやネットを見ていても人気スターには必ずアンチも張り付いていて、コミュニケーション障害の人も多いし、実際好きすぎるがゆえに事件まで起こしてしまうことも多い。人気スターになるにはこうした問題も必ずついて回るので本当に大変だと思う。
そうした大スターの側と大ファンの側を両方の細かい心理描写まで演じてしまうシャー・ルクにかなりびっくりしてしまう。途中に挟まれるアクションもジャッキー・チェン映画や007と較べても遜色ないほどのクオリティ。残念ながらダンスシーンはないのだけれど、こうしたエンタメ界を一歩引いた視点で冷静に見せてくれ、かなり背筋が凍る作品であった。

ファンの方がザ・ファンに興奮しているのがよくわかりますね!

感想だけでなく、実際に映像を通して見たいなと思ったら是非Tsutaya Discasで無料視聴してみてくださいね!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

それでは最後にザ・ファンの出演者や声優の情報をまとめて見ていきたいと思います。

ザ・ファンのキャスト・吹き替え声優

ギル・レナード:ロバート・デ・ニーロ
地元野球チームの強打者ボビーの大ファン。離婚した妻の元にいる息子を置き去りにしてしまい裁判所から接近禁止令が出てしまう。

ボビー・レイバーン:ウェズリー・スナイプス
サンフランシスコ・ジャイアンツの強打者。チームメイトのプリモが因縁の相手。大スランプに陥ってしまう。

ジョエル・スターン:エレン・バーキン
ラジオ番組のスポーツキャスター。ボビーへの質問が原因で、ギルが番組に電話をかけてくる。

マニー:ジョン・レグイザモ
ボビーの球団のエージェントで、背番号を33から11に変えて欲しいと頼まれる。

ホアン・プリモ:ベニチオ・デル・トロ
サンフランシスコ・ジャイアンツで背番号11の選手。背番号を50万ドルで譲るとエージェントを通じてボビーに提案する。

リッチー・レナード:アンドリュー・J・ファークランド(英語版)
ギルの息子。離婚した妻エレンの元で暮らしている。

エレン・レナード:パティ・ダーバンヴィル=クイン(英語版)
ギルの離婚した妻。ギルのことを信用しておらず、様々な経緯から彼に息子への接近禁止令を出してもらう。

ティム:クリス・マルケイ
エレンと付き合っている男性。何かと反発してくるギルに困っている。

ザ・ファンのスタッフ

  • 監督: トニー・スコット
  • 脚本: フォエフ・サットン
  • 原作: ピーター・エイブラハムズ
  • 製作: ウェンディ・フィネルマン
  • 製作総指揮: バリー・M・オズボーン、ジェームズ・W・スコッチドポール、ビル・アンガー、
  • 撮影監督: ダリウス・ウォルスキー
  • 編集: クリスチャン・ワグナー、クレア・シンプソン
  • 音楽: ハンス・ジマー

ザ・ファンの関連作品

  • マラソンマン
  • ミッシング・ディ
  • LIMITLESS
  • 9人の翻訳家

 

ザ・ファンを無料視聴する方法まとめ

今回は映画「ザ・ファン」を無料でフル視聴する方法を紹介いたしました。

様々な動画配信サービスやサイトがある中でもやはりオススメなのは『Tsutaya Discas』です。

こちらの作品だけでなく、他にも見放題作品が10000本以上もあり、旧作をレンタルし放題なため期間内にたくさん見ることができますので、 まだTsutaya Discasの無料お試しトライアルに申し込まれたことがない場合は是非この機会に体験をしてみませんか?

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴