海外映画(洋画)の動画情報をまとめたメディア|人気映画や最新映画を今すぐネットで無料視聴する方法紹介

ニコール・キッドマン

大人気作品である映画「オーストラリア」のレディ・サラ・アシュレイとして数々のファンを魅了してきたニコール・キッドマン。

その美しい美貌と引き込まれる演技力や力強い性格が多くの人に反響を呼んでいますよね!

今回はニコール・キッドマンの出演作品のランキングと共にまずはプロフィール情報から紹介していこうと思います♪

 

ニコール・キッドマンのプロフィール

本名 Nicole Mary Kidman
生年月日 1967年6月20日(53歳)
出身地 ハワイ州ホノルル
経歴 Victorian College of the Arts
身長 180cm
SNS ツイッター
インスタグラム

1967年の6月にアメリカ合衆国のハワイ州で誕生し、15歳からテレビやミュージックビデオなどに出演。1983年、『BMXアドベンチャー』で映画初出演を果たしました。

映画1作品の出演料が高額なことで知られていて、2006年には「最も出演料の高い女優1位」となりました。
2007年1月、アメリカの経済誌『フォーブス』がエンターテイメント界で活躍する女性で資産の多い女性トップ20を発表し、ニコールは総資産72億円で18位にランクインしました。
2008年の『フォーブス』誌では高額なギャラ相応の興行収入が稼げないことから、「コストパフォーマンスの悪い俳優1位」になってしまいました。

女優としての功績と人道支援活動が評価されて、2006年にオーストラリア国民の最高の栄誉である、勲章「Companion of the Order of Australia(AC)」を受勲。1994年よりユニセフの親善大使、2006年から2010年までは国際連合婦人開発基金の親善大使も務めていました。

ここからはそんなニコール・キッドマンのおすすめ作品をランキング形式でまとめましたので、ご覧ください♪

 

ニコール・キッドマンの出演作品

数々の名作に出演しているニコール・キッドマンですが、どんな作品が人気なのでしょうか?

1位 オーストラリア

公開年 2009年2月28日
上映時間 165分
配給 20世紀フォックス
監督 バズ・ラーマン
メインキャスト ヒュー・ジャックマン(ドローヴァー)
デビッド・ウェナム(ニール・フレッチャー)
ブライアン・ブラウン(キング・カーニー)
ジャック・トンプソン(キプリング・フリン)
ブランドン・ウォルターズ(ナラ)

2009年の冬に公開された映画「オーストラリア」に主演のレディ・サラ・アシュレイとして出演しており、イングランドの貴族を演じています。

こちらの作品は、美術、撮影、視覚効果でサテライト賞を獲得しており、北米では2,642館で公開されるほどの人気話題作となっています。

オーストラリアのあらすじ

夫が新大陸開拓にオーストラリアへと旅立ち、1年も戻ってこないのでサラは様子を見に単独オーストラリアへ旅立つ。現地に到着すると夫は既に他界しており、粗野で乱暴なドロヴァーと彼の息子でアボリジニとのハーフのナラと交流を繰り返すことでアボリジニに対する移民のヨーロッパ人達の迫害に気づき、ナラを如何にして守り育てていくか苦悩する。そんなある日、太平洋戦争が開戦され日本軍がオーストラリアへと進軍してくるのだった。

オーストラリアの感想

これも中学生の時に多分学校で観ました。キャストがとても豪華やったけど、残念ながら映画のストーリーを全然覚えていないです。想像していたよりもパッとしやんかったです。でもニコールキッドマンはとても素敵な女性でした。

オーストラリアのストーリーなのですが、どこかファンタジックなオーラがある。リアリティすぎない感じで、観やすくなっているのだろう。ラブストーリーや家族との絆、アボリジニへの差別的な問題を含みながら、オーストラリアの壮大な自然が主人公のような映画だった。

壮大なスケールな感じで、まさかの牛のところで終わるのかと思っていたら、戦争に突入した。フィッシャーに最後までイライラさせられた。荒々しい役のヒューも、芯のあるいい所のお嬢様役のニコールもハマり役だった。

2位 アクアマン

公開年 2019年2月8日
上映時間 143分
配給 ワーナー・ブラザーズ・ピクチャーズ
監督 ジェームズ・ワン
メインキャスト ジェイソン・モモア(アーサー・カリー/アクアマン)
パトリック・ウィルソン(オーム王/オーシャンマスター)
アンバー・ハード(メラ)
ウィレム・デフォー(バルコ)
ドルフ・ラングレン(ネレウス王)

2019年の冬に公開された映画「アクアマン」にアトランナとして出演されており、アクアマンの生みの親であり、この物語において重要な役柄となっています。

この役のオファーをもらった際に、「今まではシリアスな作品に出演することが続いていたため、このような作品に参加するのは新鮮に思えた。」と感じ、出演を承諾したそうです。

この壮大な世界を描いた映画は「規格外」の破壊力と、「想定外」のアクション映画となっています!

アクアマンのあらすじ

アーサーは、普通の人間として育てられたが、実はアトランティス王国の血を引いている。母アトランナ女王が海に戻ったのを機に、バルコからアトランティス人としての教えを受けた彼は、海底人の能力や彼らの戦い方を学んでいく。ある日、そんな彼のもとにメラが現れ海底王国の企みを告げられる。彼らは人類を征服し、地上を侵略しようとしているようだ。アーサーは、超人的なパワーを持ったアクアマンとして、海底王国との戦いに挑む。2018年アメリカで製作された、豪華キャストと迫力満点の映像が楽しめる作品。

アクアマンの感想

戦う男たち!戦隊ものが好きな男子あつまれーな映画です。子供も一緒に見ることができる内容なのでステイホームの昨今もってこいの映画ですね。ラブシーンなど刺激的な内容はありませんので子供も安心して見ることが出来つつ、戦いのシーンではいっしょに盛り上がること、間違いなしです。

この作品が始まる展開自体が私は好きですね。初めに主人公が出るのではなくその両親、人間の父親と海の人間(人魚?)の恋愛物語風に書かれてます。映画の予告などで見た感じでは純粋なアクション系の映画だと思っていたのですが、嫌いではないです。まあ、私的には恋愛的な父母の物語もいいのですが、戦闘シーンも好きです。この作品は独特なやりを使った戦闘が見どころですね。主人公は何となくそこが弱く設定されてますが、かわりに特殊能力が優れています。映画のタイトル通り、アクアマン、海の男なので海の生物を操ることにたけています。最後の方にはそれがカギになります。とても見どころがあり、すごいですよ。

面白いの一言に尽きます。スターウォーズの海底版のようなイメージがあります。家族に対する強い愛が描かれていて、母と会うシーンは号泣ものでした。地球の歴史に対しても不思議な魅力満載で、存分に楽しめました。ヒロインも素敵です。

3位 スキャンダル

公開年 2020年2月21日
上映時間 108分
配給 ライオンズゲート
ギャガ
監督 ジェイ・ローチ
メインキャスト シャーリーズ・セロン(メーガン・ケリー)
ジョン・リスゴー(ロジャー・エイルズ)
マーゴット・ロビー(ケイラ・ポスピシル)
コニー・ブリットン(ベス・エイルズ)
ケイト・マッキノン(ジェス・カー)

2020年の冬に公開された映画「スキャンダル」にグレッチェン・カールソン役として出演しており、 TV局の元看板キャスターを演じています。

映画出演にあたって、役を引き受けたのは、「内容に惹かれた。重要な歴史的瞬間を表現しており、説得力のある物語になっていた。女性観点から描かれていたから。」と語っています。

この作品は、実話を基にした映画であり、登場人物の名前もほとんどそのまま使われています。そして、エンターテイメント性もありながらも、時代の変革を映し出しているようなタイムリーの作品となっています。

スキャンダルのあらすじ

メディア界を揺らすスキャンダルが発生する。テレビ王としてその地位を確固たるものにしていたFOXニュースCEOのロジャー・エイルズが、元人気キャスターであるグレッチェン・カールソンに提訴されたのだ。FOXニュース社の社員たちは騒然とする。そんな中、売れっ子キャスターのメーガン・ケリーは、看板番組を背負うまでに上り詰めたこれまでの過程を思い、やきもきしていた。一方、メーガンに代わるメインキャスターの座を腰眈々と狙う若手キャスター、ケイラは、ロジャーと対面するチャンスを得て…。

スキャンダルの感想

ビリーアイリッシュの予告編の歌がピッタリな映画です。女性の強さが出てるというか。元々アメリカ映画の女優さんはものすごい美人揃いですが、TV業界を舞台にし、メイン出演者がキャスターさんたちなだけあってスタイル抜群、美人な白人さんばかり。男性もそうですが女性にも目の保養。しかしながら、映像だけではありません。セクハラおやじをぶっ倒すストーリーは痛快そのもので最高に面白い。事実を元にしていて、実際もセクハラ上司は刑に処せられています。日頃の鬱憤を晴らすのに最適です。
とても面白いです。女性には特におすすめ。女性は特に見たら痛快に思うでしょう! こんな映画が作れるなんて、さすが自由の国、アメリカ。ハリウッドの有名美人女優が揃い踏みなのも注目です。お洒落でセクシーで強い。そんな女性に我々もなりたい。そう思う、勇気がでる映画です。
実話をもとに作られただけあって、とても興味深く観れました。アメリカ社会の裏を観ているようで、男性の汚いやり方に腹が立ちました。彼女たちは勝ちましたが、根の深いセクハラ問題は、人類の病気のようなところがあります。本当に住みやすい社会になるには、もっともっと時間がかかりそうです。

4位 パディントン

公開年 2016年1月15日
上映時間 95分
配給 スタジオカナル
キノフィルムズ
監督 ポール・キング
メインキャスト ベン・ウィショー(パディントン)
ヒュー・ボネヴィル(ヘンリー・ブラウン)
サリー・ホーキンス(メアリー・ブラウン)
ジュリー・ウォルターズ(バード夫人)
ジム・ブロードベント(サミュエル・グルーバー)

2016年の冬に公開された映画「パディントン」にミリセント・クライドとして出演されており、パディントンを狙う謎の美女の役柄となっています。

彼女の役は、元夫のトム・クルーズ主演の「ミッション:インポッシブル」にオマージュを捧げたシーンも登場しています。

この作品は、ユーモア溢れる、子どもだけでなく大人も楽しめるようなコメディー映画となっています。

パディントンのあらすじ

真っ赤な帽子を被り礼儀正しいそのクマは、イギリスの探検家に会うため南米ペルーのジャングルから船ではるばるロンドンまでやって来たばかり。大きな駅で途方に暮れているところを挿絵画家のブラウン夫人に助けられる。駅名にちなんで“パディントン”と名付けられた彼は、ブラウン家の屋根裏に泊めてもらうことに。しかし、お風呂の使い方が分からず家中を水びたしにしてしまい、旦那さんのブラウン氏はカンカン。あやうく家から追い出されそうになるパディントンだったが…。初めての都会生活で思わぬトラブルが続く中、パディントンは自分の家を探す。

パディントンの感想

60年近く昔の1958年に第1作が製作されて以降、世界40カ国以上で翻訳されて、3500万部以上も売り上げたとても大人気な作品を映画化したものです。パディントンという作品にニコール・キッドマンが出てることがちょっと驚きもしましたが、さすがは演技派俳優なだけあってとても上手でした。
世界40カ国以上で翻訳され、3500万部以上も売れたベストセラー、イギリスの児童文学「パディントン」を実写映画化したものです。私は原作やアニメなど知らないままこの映画を初めて観ました。普通のクマが言葉をしゃべって道具も使うところになんか違和感を感じた。でも、見慣れてくるとパディントンはとってもかわいくて好きになってしまいました。
すっごく楽しく観ることが出来ました。クマが二足歩行で人間の言葉を発し、道具もそつなく使いこなせるのはとても不思議な感じがしました。でも、そんなパディントンがとっても可愛くて、観てて癒されてく自分がいて最高でした。

5位 ピースメーカー

 

公開年 1998年1月15日
上映時間 124分
配給 ドリームワークス
UIP
監督 ミミ・レダー
メインキャスト ジョージ・クルーニー(トム・デヴォー)
マーセル・ユーレス(デューサン・ガブリック)
アレクサンダー・バエルフ(アレクサンドル・コドルフ)
レネ・メドヴェセク(ブラド・ミリック )
アーミン・ミューラ=スタール(ディミトリ)

1998年の冬に公開された映画「ピースメーカー」にジュリア・ケリーとして出演されており、アメリカの政府の核拡散防止グループの博士のキャラクターを演じています。

この作品では、ロシア・クロアチアの演劇界で活躍する俳優達も出演している国際色豊かな顔ぶれになっています。

前半は物語はスムーズに進むのですが、後半になってくるにつれ、国際事情も絡んできて、事件は複雑になってくるという、ポリティカル・ミリタリー・アクション映画となっています。

ピースメーカーのあらすじ

スタートに基づきロシアから解体される予定の核弾頭10発が盗み出され、そのうち1発が爆発した。アメリカは、核爆発を確認し、原子力科学者のケリー博士(ニコール・キッドマン)ら専門家を集め、統合参謀本部第2部ロシア担当情報参謀のデヴォー大佐(ジョージ・クルーニー)はウィーンで輸送に使ったトラックの情報を手に入れる。目的地はコンピューターに残っていた謎の記号「44E」。その頃、ボスニアで外交官のデューサン(マーセル・ユース)が国連に派遣されることが決まった。一方、監視衛星でトラックを見つけたデヴォーは核弾頭8発の回収に成功する。残りの1発はデューサンの手に渡り、外交官の荷物として無審査でニューヨークに持ち込まれてしまった。

ピースメーカーの感想

アメリカ国内に核が持ち込まれるという設定です。ジョージ・クルーニーの渋さが光り、存在感があります。また、敵役のテロリストも妻子を戦争で亡くしていることが、善悪の二極化では片付けられないようなストーリーとなっています。
大迫力なアクションシーンとスリリングに進んでいく展開が面白く一気に見てしまいました。スピード感満載のアクションシーンは戦闘系の映画作品が好きな人にはぴったりかもしれない。軍事映画アクションとしてお勧めできる作品。
女性がハリウッドで大作を作成という事で話題になった作品、私としては演出などだけでなく、音楽がとても素晴らしかった印章。ジマー節炸裂の音楽には大興奮で、サントラだけでも楽しめそうな作品。若き日のジョージクルーニーが若く見えないのも見どころ。

 

まとめ

以上がニコール・キッドマンの人気作品ランキングでした!

いかがでしたでしょうか?

「オーストラリア」のイメージが強い方もいらっしゃるかもしれませんが、実は幅広いジャンルで活躍をされており、いろいろな姿を作品を通して観ることができますので、是非この機会に気になった作品を視聴してみてはいかがでしょうか?