海外映画(洋画)の動画情報をまとめたメディア|人気映画や最新映画を今すぐネットで無料視聴する方法紹介

メル・ギブソン

大人気作品である映画「Force of Nature」に出演し数々のファンを魅了してきたメル・ギブソン。

その美しい瞳と熱心な性格が多くの人に反響を呼んでいますよね!

今回はメル・ギブソンの出演作品のランキングと共に、まずはプロフィール情報から紹介していこうと思います♪

 

メル・ギブソンのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mel Gibson Fanpage(@melgibson_fanpage)がシェアした投稿

本名 Mel Colm-Cille Gerard Gibson
生年月日 1956年1月3日(64歳)
出身地 ニューヨーク州ピークスキル(アメリカ)
経歴 オーストラリア国立演劇学院卒業
身長 183cm
SNS

1956年の1月にアメリカ・ニューヨーク州ピークスキルで誕生したメル・ギブソンですが、1979年にアクション映画『マッドマックス』の主役で脚光を浴びスターの座を掴みました。

このように俳優として引っ張りだこになっているメル・ギブソンですが、オーストラリア国立演劇学院を卒業しており、俳優業だけでなく学業の方にも力を注いでいました。

熱心なカトリック教徒であり純潔運動家としても知られており、避妊や妊娠中絶への反対をメディアに公言しています。また、教会を所有しています。

ここからはそんなメル・ギブソンのおすすめ作品をランキング形式でまとめましたので、ご覧ください♪

 

メル・ギブソンの出演作品

数々の名作に出演しているメル・ギブソンですが、どんな作品が人気なのでしょうか?

1位 Force of Nature

 

公開年 2020年6月30日
上映時間 91分
配給 ライオンズゲート
監督 マイケルポリッシュ
メインキャスト エミール・ハーシュ(カーディロ)
ケイト・ボスワース(トロイ・バレット)
ステファニー・カヨ(ジェス・ペーニャ)
デイヴィッド・ザヤス(バプテスマ・ヨハネ)
ジャスパーポリッシュ(ジャスミン)

2020年に公開された映画「Force Of Nature」に出演されており、主演を演じられました。

本作は巨大ハリケーンが街を襲い人々が避難するなか、住人が残っている建物に危険な強盗集団が押し入るというストーリー。ハーシュが残りの住民たちを避難させようとする警官役、ギブソンは避難を拒む頑固な住人のひとりで、玄関先に現れた強盗集団と戦う元刑事役を演じます。

「Force of Nature(原題)」はマイケル・ポーリッシュ(女優ケイト・ボスワースの夫)が監督。ランドール・エメット、ジョージ・ファーラ、ルイージョ・ルイスがプロデュースしています。

Force Of Natureのあらすじ

Force Of Natureの感想

そのような事さえありますか、それとも誰かが洗濯するお金を持っていたのですか、なぜなら良い事を言う、あるいは単に一貫した話は間違いなく問題ではなかったようです。メル・ギブソンもただのサイドショーでした。これは、品質管理を通じて一体どうやってそれを作ったのか考え続けてしまう映画の1つです。貴方はそのどれも気にしないので、銃撃戦の合間の男と乙女が彼らの前の一生についての世間話を通して接続するケースは厄介な事ではないのです。何個かの決まり文句の悪者、彼らが何個かの良い人を撃つ薄っぺらな要因、また当然私たちがそれを髣髴とさないハリウッド映画があり得ないので、ブレンドに愚かなナチスのサブプロットシューホーンは、そこになかったので、それは退屈で退屈です。サスペンスはなく、キャラクターは不自由であり、彼らが何も解釈をなさない。

私はメルギブソンを見て、この映画を好きになりました。映画の中から彼を取り出して、私はそれを見るだろう。メルは、彼の1番の最高から遠く離れていたため、この映画の的確なウィリアム・ウォレスではないのでした。

自然の力は悪い映画ではないのです。自然の力は、何個かの面白い瞬間を持っていてとても忘れられない。他に彼は映画の中で短い役割を持っています。戦いのシーンはそれほど悪くない。ただし、メル・ギブソンは私がこの映画をチェックしたいと熱望していた引き寄せられるでした。それは問題の公平な共有を持っていたが、老化アクションスターと低予算のアクション映画のために、それは全く悪いではないのです。ただし、致命的な武器のメルは咳と頑固な老人として示されました。

2位 エア★アメリカ

 

公開年 1991年2月16日
上映時間 112分
配給 トライスター・ピクチャーズ
東宝東和
監督 ロジャー・スポティスウッド
メインキャスト ロバート・ダウニー・Jr(ビリー・コヴィントン)
ナンシー・トラヴィス(コリンヌ・ランドロー)
ケン・ジェンキンス(ドナルド・レモンド少佐)
デヴィッド・マーシャル・グラント(ロブ・ディール)
レイン・スミス(ダヴェンポート上院議員)

1991年の冬に公開された映画「エア★アメリカ」にパイロットのジーン・ライアックとして出演されており、アメリカ軍パイロットを演じられました。

ベトナム戦争真っ只中の1969年。アメリカ中央情報局は、秘密裏に航空会社「エア・アメリカ」をラオス国内に設立していました。

そこに新しいパイロットのビリーがやってきます。戦地での暮らしに慣れない彼を、先輩パイロットのジーンは気さくに迎え入れました。

しかし丁度その頃、アメリカ本国からダヴェンポート上院議員が視察にやってくる事になりました。上院議員に裏で行っている麻薬密輸を知られたくないレモンド少佐は、パイロットに罪を擦り付けようと考えます。

エア★アメリカのあらすじ

1971年のラオス。戦争下で米軍のダーティーな業務を一手に引き受けるエア★アメリカという名の民間航空会社は輸送するものといったらブタから最先端兵器まで何でもアリ。ハイリスクな業務のため、ハイリターンで、腕利きで一匹狼のパイロットが揃っていた。腕利きパイロットの1人、ジーンは新人のビリー・コビントンとバディーとなった。その業務はハイリスクなもので、米から亡命者、武装兵まで何でも運ぶのであった。彼らの業務が公表される事はないが、どのパイロットも金・女・スリルのために働いていた。だが偽善をはらんだこのベトナム戦争にいささかウンザリしていたビリーはやがてその業務の中に政府ぐるみのアヘン密売に気づき、2人はエア★アメリカを裏切るために、愛する飛行機に乗って飛び立ってゆくのだった。

エア★アメリカの感想

航空アクションや、ヘリコプターや戦闘機の使われるシーンではヒヤヒヤする場面もありました。爆発アクションはわりとアジアっぽい感じ。各々の係りでいうとロバート・ダウニー・Jrは、陽気な感じのキャラクターでした。
パイロットらも、統括する軍人らも飛行機を使って裏稼業に精を出している。この法人、基地は公式には影響しない事になっている。ベトナム戦争下、CIAがラオスに作った民間航空法人エア・アメリカ、食料や武器等何でも飛行機で輸送する企業だ。
民間を装った空輸企業のパイロットコンビが、企業ぐるみの悪事を粉砕する物語。話の底は浅いけど、充分にお金も費やしており、最後までコメディっぽくて楽しめた。2人が揃ってロケ地にいたとなると、夜はなかなか大変だったのでは?

 

まとめ

以上がメル・ギブソンの人気作品ランキングでした!

いかがでしたでしょうか?

Force of Natureのイメージが強い方もいらっしゃるかもしれませんが、実は幅広いジャンルで活躍をされており、いろいろな姿を作品を通して観ることができますので、是非この機会に気になった作品を視聴してみてはいかがでしょうか?