海外映画(洋画)の動画情報をまとめたメディア|人気映画や最新映画を今すぐネットで無料視聴する方法紹介

リンカーンの動画(字幕/吹き替え)を無料視聴する方法

『リンカーン』は、2012年の冬に公開された映画で、スティーヴン・スピルバーグが監督したアメリカ合衆国の伝記戦争ドラマ映画です。
今回は『リンカーン』のフル動画を無料で見るための方法を、いろんな動画配信サービスやサイトを比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ちなみにU-nextなら『リンカーン』を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

 

リンカーンが視聴できる動画配信サービス一覧

動画配信サービスはいろんな種類がありますが、「リンカーン」を無料で視聴できるサイトをまとめました。

配信サービス名 字幕動画 吹き替え動画 月額・ポイント・無料期間
U-NEXT

見放題

見放題

31日間無料
月額1990円 600円分配布
Amazon プライムビデオ

299円

299円

30日間無料
月額500円 ポイントなし
Music.jp

299円

299円

30日間無料
月額1958円 1600円分配布
dTV

300円

300円

31日間無料
月額500円 ポイントなし
ビデオマーケット

299円

299円

初月無料
月額500〜2000円
540〜2160円分配布
TSUTAYA DISCAS

400円

× 30日間無料
月額2417円 1100円分配布
クランクインビデオ

330円

× 2週間無料 月額990円
2000ポイント配布
TELASA ×

200円

30日間無料
月額562円 550円分配布
Abema TV × × 1ヶ月間無料
月額960円 ポイントなし
Hulu × × 1ヶ月無料
月額960円 ポイントなし
NETFLIX × × 無料期間なし
月額800円 ポイントなし
FOD × × 2週間無料
月額888円 900円分配布
Paravi × × 2週間無料
月額1027円 チケット1枚配布
Disney DELUXE × × 初月無料
月額770円 ポイントなし

U-nextなら登録してすぐに『リンカーン』を実質無料で視聴できます!

また、U-nextなら、リンカーンの関連作品もありますし、31日間の無料期間があるのでゆっくり視聴できてオススメです。

 

さらに、U-NEXTは業界トップの作品数を取り扱っているので無料トライアル期間内でたくさんの作品を見放題で楽しむこともできます。

ですので、U-NEXTを使ったことがない場合は、ぜひ一度無料トライアルで試してみてください。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

とは言っても、 動画配信サービスに登録しなくても無料で見れるサイトもあるんじゃないの?と思う方もいるかもしれません。

そこで、動画配信サービスサイト以外の無料配信サイトでの「リンカーン」の配信状況に関してまとめてみました。

 

リンカーンの無料動画一覧

YoutubeやTverなど、無料動画視聴サイトにおいて、「リンカーン 字幕」 「リンカーン 吹き替え」で検索した結果が以下となります。

リンカーンの字幕動画

字幕動画の検索結果をまとめましたが、英語教材動画や映画のワンシーンを切り取った動画などが主な検索結果となっています。

youtubeでは取り扱いはありますが、購入またはレンタルをしないといけないのが現状となっています。

リンカーン

youtube GYAO ニコニコ動画
TVer 動画イズム

無料動画サイトで動画がなく、すぐにリンカーンを無料視聴したい場合は「U-next」がおすすめです♪

続いては吹き替え動画の検索結果です。

吹き替え動画

続いて、リンカーンの吹き替えの検索結果ですが、こちらも映画のワンシーンの動画が表示される傾向にあります。

字幕と違う点は、関連動画がより多く表示されている傾向にあるというところです。

youtubeなどで取り扱いはありますが、こちらも字幕と同様に、購入しないと視聴が出来ず無料で視聴できる動画は無料サイトでは見つかりませんでした。

youtube GYAO ニコニコ動画
TVer 動画イズム

ご確認いただけるように、ほとんどの場合は、フルの動画の視聴は難しく、画質や音質が悪いものが多いのが実情です。

仮にあったとしても著作権ですぐに削除されてしまうだけでなく、

このようにウイルスに感染し、個人情報を抜き取られたり、悪質なサイトに入ってしまうリスクも高くあるのです。

しかし、動画配信サービスを利用すれば

  • ウイルスに感染する可能性がない
  • 高画質・高音質でフル動画を観ることができる
  • 途中で広告などが入ってこない

といったメリットがあるだけでなく、『U-next』であれば、31日間の無料トライアル期間があるので、ストレスなく視聴できてオススメです♪

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

以上、リンカーンを無料で視聴する方法を説明しましたが、リンカーンの内容を知らない方や流れを忘れている方も多いのではないでしょうか?

より、リンカーンを楽しんで頂くために、映画のあらすじと共に作品情報もまとめましたのでご覧ください!

 

リンカーンのあらすじ

アメリカ民主主義の試みは、奴隷制を取り入れている南部と、自由な北部との対立が激化し分裂の危機にあった。
1865年1月、反乱を起こした南軍の敗北が迫る中、300万人もの奴隷の今後は何も決まっていなかった。リンカーン大統領は戦争と共に奴隷制度を終わらせようとしていた。

リンカーン大統領再選の2か月後こと、南北戦争は4年目を迎えていた。妻のメアリー・トッド・リンカーンは疲弊しており、戦争のことで苦悩する夫を心配していた。リンカーンが乗った馬車が事故に遭ったことがあり、メアリーは暗殺を疑っていた。だが、リンカーンは事故だと取り合ってはくれなかった。

リンカーンは奴隷制廃止の憲法修正案を下院で可決させようとしていた。他の者は可決されるはずがないと否定的な言葉を述べるが、リンカーンは諦めるつもりはなかった。共和党議員で保守派の重鎮であるプレストン・ブレアに会いに行き、協力を求めた。ブレアが見返りに求めたのは、南軍連合の大統領J・デイビスに会うことだった。共和党の保守派はリンカーンが南軍連合に歩み寄り、和平交渉の第一歩を踏み出すことを求めていた。

2年前、リンカーンは奴隷解放宣言を行った。だが、その宣言で完全に奴隷が自由になったわけではなかった。奴隷制廃止の憲法修正案が戦争終了前に可決されなければ、解放された人々が再び奴隷に戻される可能性があった。そのため、リンカーンは周囲が止めるのも聞かず、奴隷制廃止の憲法修正案を採用させようと奮闘していた。

奴隷制廃止の憲法修正案の件で、リンカーンは共和党の急進派にも協力を求めた。急進派はリンカーンがなぜ修正案の可決を急いでいるのか理解できず、修正案で脅し、南軍連合に降伏を迫る気ではないかと考えていた。急進派も南軍連合との和平を望んでいた。

急進派のタデウス・スティーブンス議員は、リンカーンのことが好きではなかった。しかし、共和党の党首であるリンカーンが、自分達に命令ではなく協力を持ちかけ、奴隷制を廃止しようとしていることについては敬意を表していた。

その一方で、リンカーンの味方であるウィリアム・スワード国務長官は、賛成票と引き換えに無職の民主党議員に職を与えようとロビイストに掛け合っていた。リンカーンは協力してもらう代わりにブレアをリッチモンドに行かせ、デイビスの使節団と対談させた。それに対し、何も知らなかったスワードは、ブレアを行かせたことで怒りを爆発させた。

もし、今回の対談で南軍が和平交渉のために使節団を送ってくる事態になれば、奴隷問題で溝を深めないよう世論が動き、賛成票を失うことになるからだった。だが、リンカーンは終戦締結の機会を無視したのがバレれば、それこそ賛成票が無くなると考えていた。リンカーンは修正案を採決を諦めてはなかった。

メアリーは息子のウィリアムが亡くなった悲しみの中にいたが、パーティーに出席し大統領夫人としての役割を果たしていた。その後、リンカーンは妻に息子ロバートが入隊を希望していると話した。メアリーはもちろん大反対。ロバートまで失うことに耐えられないのはリンカーンも同じ気持ちであった。

1865年1月20日アメリカ合衆国陸、軍総司令部グラント中将からリンカーン宛に電報が届く。そこには、南軍が平和と統一を望んでいること、リンカーン大統領が南軍の使節団と謁見する必要があることが書かれていた。リンカーンは終戦よりも先に修正案を可決させるため、使節団到着を遅らせることにした。

1月27日下院議会、修正案についての討論で、スティーブンスは修正案の目的が「人種の平等」ではなく「法の前での平等」だと述べる。長年人種の平等を謳ってきたスティーブンスの意見を変える行為であった。スティーブンスは奴隷制が無条件で禁止されるように、信条を曲げてでも修正案を通すことにしたのだ。

リンカーンは病院を訪れ、入院している兵士に声を掛けた。外で待っていたロバートは、目の前を通り過ぎていく布がかけられた荷台が気になった。血が落ちて地面が赤く染まっていたからだ。ロバートが荷台について行くと、ある穴の前で布が取られた。そこにあったのは、バラバラの人の手足だった。ロバートは衝撃的な光景に涙し、軍に入隊することを強く決意した。
自分だけ過酷な場所から逃げたくなかったのだ。リンカーンは思わず頬を殴って怒るが、ロバートの決意は固かった。リンカーンがロバートを守るためにできることは、できるだけ安全な場所に配属させることだけだった。メアリーはロバートを引き止められなかった夫を強く非難した。

1865年1月31日採決の朝、多くの黒人が傍聴席に座った。奴隷制強硬賛成派の議員は、南軍が内戦の即時停止に向けた提案書を持って使節団を派遣して来ていることを暴露した。議員達が動揺する中、可決のために和平提案が隠蔽されたのなら採決を延期するべきだという意見が挙がった。リンカーンはそれに対し、「私の知る限り使節団は街におらず、可能性もない」と書いた文章を議会に届けさせた。結局使節団が来ているのかいないのか分からないまま、採決が行われることになった。その結果、欠席または棄権が8票、反対56票、賛成119票により修正案が可決されることになった。

スティーブンスは修正案の原本を借りると、自宅に戻った。それを、黒人の家政婦であるリディアに渡した。実は周囲には内緒にしていたが、リディアはスティーブンスの妻だった。スティーブンスはリディアに修正案を読ませ、それを微笑みながら聞いていた。

リンカーンは南軍の使節団と対話した。使節団の一員で南軍連合の副大統領は、修正案が可決されたことを知り降伏することを嫌がった。奴隷制が消滅されれば、南部は大打撃を受けるのだ。だが、リンカーンは副大統領の意見を一蹴し、降伏することを求めた。彼にとってこれ以上戦争で血が流れるのは、耐えられないことだった。

リンカーンはメアリーと馬車に乗って出かけ、劇を見に行った。リンカーンの息子のタッドは、両親とは違う場所で劇を見ていた。そんな時、父が撃たれたという知らせが入る。タッドは泣き叫んで悲しんだ。仲間や家族達が見守る中、リンカーンは息を引き取った。

 

 

リンカーンの作品情報

公開日 2012年11月9日
配給 ドリームワークス
制作国 アメリカ合衆国
上映時間 150分
公式サイト http://www.foxmovies.jp/lincoln-movie/

大統領に再選され2ヶ月が経ちましたが、アメリカでは4年以上に及ぶ南北戦争が未だ続いていました。

リンカーンは毎晩1人で船に乗り、どこかへ向かっているという不思議な夢を見るようになります。一体、その後はどうなるのでしょうか?

よりリンカーンの世界観に浸ることができるように、既に試聴されたリンカーンファンの賞賛しているリアルな声も集めてみました!

リンカーンの感想

作品の感想

tsugumi141841 (30代・女性)

映画『リンカーン』の背後にあるのは、民主政がもたらす苦悶、民意のバイアスへの悲憤です。

リンカーンは、奴隷を解放すべきだと考えてました。
しかし間接民主主義の下、各州で選出された議員には奴隷解放に反対の者も多く、大統領という弱い立場のリンカーンは、奴隷制を廃止できなかったのです。
なにしろ大統領には、議会への出席権すらないのです。

本作は、四年に及んだ南北戦争から1865年1月を取り上げて、民主主義と戦うリンカーンを描いた映画です。
だから、題名が『リンカーン』だからといって、本作はリンカーンの生涯を描くわけではありません。

リンカーンが奴隷解放を訴えるようになった経緯を、この映画は詳しく語りませんが、そんなことはどうでもいいのです。
南北戦争の波乱万丈を描くわけでもないし、歴史的背景についてまったく知らなくても構わない。
スティーヴン・スピルバーグ監督が描くのは、「迷いを抱えた人がいかに決断するか」ということただ1つです。
150分の上映時間は、その決断の辛さと、重さを伝えるためにあります。
それゆえ、スピルバーグは、リンカーンの大統領任期全体を描いた脚本を改稿させ、リンカーンが奴隷解放に向け、憲法修正第13条を可決させるべく尽力した1月に、全ての的を絞らせたのです。

リンカーンには、究極の決断が突きつけられます。
その葛藤をより強調するために、スピルバーグはリンカーンの息子を登場させ、リンカーンがまさに戦争続行か否かを悩んでいる、まさにそのとき、軍に入隊させてしまうのです。
息子の身を案じる妻は狂乱して、リンカーンを非難します。
本作を構成するありとあらゆる要素は、リンカーンの葛藤を強調するためにあ流のです。

全てを背負い込んで、リンカーンは一人で決断しなければならない。
誰も代わってくれないし、幸運も舞い込まない。
どう決断しても、誰かが不幸になる。恨む者もいるだろう。
それは孤独な戦いなのです。

本作のその後の顛末は、映画『声をかくす人』で描かれています。
こちらも、いま観るべき傑作なのであわせて観てみるのも良いかもしれませんね。


ガレット松尾(30代・女性)
小峰隆夫氏の「世論、民意に従うのが本当の政治ではない。」という言葉は印象的だ。国民の気持ちを考えず、何の民主主義だろうと、指摘したくなるかもしれない。しかし民主主義なる用語は誤訳といわれている。democracy を昔の人は民主主義と訳したけれど、democracy の意味は民衆が支配することであり、主義(ism)ではない。democracy は autocracy (専政)や aristocracy (貴族政)に対比して、民衆が支配する政体を示しているため、民主政と訳す方が良い。本作の背後にあるのは、民主政がもたらす苦労、民意のバイアスへの悲しみ、怒りである。本作はリンカーンの生涯、奴隷解放を訴えるようになった経緯を描くわけではない。スティーヴン・スピルバーグ監督が描くのはただ一つ、迷いを抱えた人がいかに決断するか、ということだ。150分の上映時間は、その決断の辛さと重さを伝えるためにある。奴隷制廃止後の現在の私たちの眼には、奴隷制なんて廃止して当然の不合理に映る。しかし150年前のアメリカでは、奴隷の制度への賛否が南北戦争につながるほど意見が分かれていた。奴隷制の根絶を目指すと、現在奴隷として苦しんでいる者たちを解放できないとは、なんていう矛盾なのか。これらすべてを背負い込んで、リンカーンは一人で決断しなければならない。どう決断しても恨む者もいるのではないか。孤独な戦いだ。

ファンの方がリンカーンに賞賛しているのがよくわかりますね!

感想だけでなく、実際に映像を通して見たいなと思ったら是非U-nextで無料視聴してみてくださいね!

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

それでは最後にリンカーンの出演者や声優の情報をまとめて見ていきたいと思います。

リンカーンのキャスト・吹き替え声優

エイブラハム・リンカーン:ダニエル・デイ=ルイス
アメリカの大統領。心優しい性格をしていて奴隷制度をなくそうと奮闘する。

メアリー・トッド・リンカーン:サリー・フィールド
リンカーンの奥さん。息子のウィリアムを病気で亡くし、息子を想い続けている。

タデウス・スティーブンス:トミー・リー・ジョーンズ
共和党議員で奴隷解放を実現させようとしている。周囲に妻が黒人であることを内密にしている。

リンカーンのスタッフ

  • 監督:スティーヴン・スピルバーグ
  • 脚本:トニー・クシュナー
  • 原作:ドリス・カーンズ・グッドウィン
  • 製作:スティーヴン・スピルバーグ
  • 製作総指揮:ジョナサン・キング
  • 編集:マイケル・カーン
  • 音楽:ジョン・ウィリアムズ

リンカーンの関連作品

    • ペパー・ムーン
    • キューブ2
    • グローリー
    • リンカーン弁護士

リンカーンを無料視聴する方法まとめ

今回は映画「リンカーン」を無料でフル視聴する方法を紹介いたしました。

様々な動画配信サービスやサイトがある中でもやはりオススメなのは『U-next』です。

こちらの作品だけでなく、他にも見放題作品が90000本以上もあるため期間内にたくさん見ることができますので、 まだU-nextの無料お試しトライアルに申し込まれたことがない場合は是非この機会に体験をしてみませんか?

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴