海外映画(洋画)の動画情報をまとめたメディア|人気映画や最新映画を今すぐネットで無料視聴する方法紹介

ピアニストの動画(字幕/吹き替え)を無料視聴する方法

『ピアニスト』は、2001年の秋に公開されたフランスのドラマ映画で、母親に縛られていたピアノ教師が一人の青年に出会うことで変わっていく姿を描いた作品です。

今回は『ピアニスト』のフル動画を無料で見るための方法を、いろんな動画配信サービスやサイトを比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ちなみにTsutaya Discasなら『ピアニスト』を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

ピアニストが視聴できる動画配信サービス一覧

動画配信サービスはいろんな種類がありますが、「ピアニスト」を無料で視聴できるサイトをまとめました。

配信サービス名 字幕動画 吹き替え動画 月額・ポイント・無料期間
TSUTAYA DISCAS × × 30日間無料
月額2659円 1100円分配布
Amazon プライムビデオ

300円

× 30日間無料
月額500円 ポイントなし
Music.jp

330円

× 30日間無料
月額1958円 1600円分配布
ビデオマーケット

330円

× 初月無料
月額550円
550円分配布
U-NEXT × × 31日間無料
月額2189円 600円分配布
Hulu × × 1ヶ月無料
月額1026円 ポイントなし
クランクインビデオ × × 2週間無料 月額990円
3000ポイント配布
dTV × × 31日間無料
月額550円 ポイントなし
TELASA × × 30日間無料
月額618円 ポイントなし
Abema TV × × 1ヶ月間無料
月額1026円 ポイントなし
NETFLIX × × 無料期間なし
月額990円 ポイントなし
FOD × × 2週間無料
月額976円 900円分配布
Paravi × × 2週間無料
月額1017円 ポイントなし
Disney DELUXE × × 初月無料
月額770円 ポイントなし

Tsutaya Discasならなら登録してすぐに1100円分のクーポン(1100ポイント)が配布されるので、そのポイントを使えば『ピアニスト』(440円)を実質無料で視聴できます!

また、Tsutaya Discasなら、ピアニスト以外の全シリーズの取り扱いもありますし、30日間の無料期間があるのでゆっくり視聴できてオススメです。

さらに、Tsutaya Discasは10000作品の見放題動画に加えて、DVDのレンタルも無料で借り放題となっていますので、ほとんどの作品が網羅されており、観たいと思っていた作品もこの機会に楽しむことができます!

ですので、Tsutaya Discasを使ったことがない場合は、ぜひ一度無料トライアルで試してみてください。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

とは言っても、 動画配信サービスに登録しなくても無料で見れるサイトもあるんじゃないの?と思う方もいるかもしれません。

そこで、動画配信サービスサイト以外の無料配信サイトでの「ピアニスト」の配信状況に関してまとめてみました。

ピアニストの無料動画一覧

YoutubeやTverなど、無料動画視聴サイトにおいて、「ピアニスト 字幕」 「ピアニスト 吹き替え」で検索した結果が以下となります。

ピアニストの字幕動画

字幕動画の検索結果をまとめましたが、予告映像や演奏動画などが主な検索結果となっています。

youtubeでは取り扱いはありますが、購入またはレンタルをしないといけないのが現状となっています。

youtube GYAO ニコニコ動画
TVer 動画イズム

無料動画サイトで動画がなく、すぐにピアニストを無料視聴したい場合は「U-next」がおすすめです♪

続いては吹き替え動画の検索結果です。

吹き替え動画

続いて、ピアニストの吹き替えの検索結果ですが、こちらは予告映像や演奏動画が表示される傾向にあります。

字幕と違う点は、予告動画がより多く表示されている傾向にあるというところです。

youtubeなどで取り扱いはありますが、こちらも字幕と同様に、購入しないと視聴が出来ず無料で視聴できる動画は無料サイトでは見つかりませんでした。

youtube GYAO ニコニコ動画
TVer 動画イズム

 

ご確認いただけるように、ほとんどの場合は、フルの動画の視聴は難しく、画質や音質が悪いものが多いのが実情です。

仮にあったとしても著作権ですぐに削除されてしまうだけでなく、

このようにウイルスに感染し、個人情報を抜き取られたり、悪質なサイトに入ってしまうリスクも高くあるのです。

しかし、動画配信サービスを利用すれば

  • ウイルスに感染する可能性がない
  • 高画質・高音質でフル動画を観ることができる
  • 途中で広告などが入ってこない

といったメリットがあるだけでなく、『Tsutaya Discas』であれば、30日間の無料トライアル期間があるので、ストレスなく視聴できてオススメです♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

以上、ピアニストを無料で視聴する方法を説明しましたが、ピアニストに至るまでの流れを忘れている方も多いのではないでしょうか?

より、ピアニストを楽しんで頂くために、過去のあらすじと共に作品情報もまとめましたのでご覧ください!

 

ピアニストのあらすじ

ウィーンの名門音楽院でピアノの講師として働くエリカは、39歳にして母に逆らうことができず、すべて母の言う通りに生きて来た。

エリカは母に隠れてポルノショップに出入りし、夜の駐車場で他人の情事を覗くなどの性癖を持っていたが、すべてに於いて真面目で感情を表に出すことがなく、鉄仮面のようだった。

そんな彼女だったが、ある演奏会で出会った工学部学生の青年・ワルターと接するうちに変化を見せ、彼に求愛されたエリカは、異性と付き合ったことがなく動揺し、母のせいか慣れないのか、拒んでしまう。

しかしワルターはエリカを諦めなかった。
ピアノの才能があった彼は、エリカに会うために彼女が働く音楽院を受験し合格した。

ある日、音楽院生の演奏会リハーサルが行われた。
エリカの生徒もピアノを弾くことになっていたが、彼女は極度に緊張していて、その緊張をほぐすためにワルターが優しく接しそれを見ていたエリカが嫉妬心を抱く。

そして彼女は生徒のコートのポケットに、割れたグラスの欠片を入れ怪我を負わせてしまうのだった。

騒ぎの中女子トイレに駆け込むエリカを追ってきたワルターは彼女を抱きしめた。
彼女はキスを受け入れ口と手で性行為を行おうとするが、ワルターが触れることを許さず失敗してしまう。

しかし、ワルターはエリカがすっかり自分の想いを受け入れてくれたと思い、「次はうまくいく」と前向きにとらえる。

ピアニストの作品情報

公開日 2001年9月5日
配給 MK2 Diffusion
制作国 フランス オーストリア ドイツ
上映時間 132分
公式サイト

異常な親の元で育った主人公の性嗜好は恐ろしくもあり、共感もします。

一筋縄ではいかない登場人物についハマってしまい、記憶に残る一作となっていますよ。

よりピアニストの世界観に浸ることができるように、既に視聴されたファンの興奮しているリアルな声も集めてみました!

ピアニストの感想

作品の感想

リライト(30代・女性)
タイトルとパッケージだけでは、こんな映画だとは思いもつかない。ラブロマンスだと思って観たらとんでもなく難解で苦痛なものだった。全編通して観ていて居心地が悪く、苦痛でしかない。ワルターの明るさがせめてもの救い。
今でいえば、エリカの母親は娘に依存する毒親でしかなく、どれほどつらい人生だったかはよくわかる。仕事中に何度も電話をかけてきたり、娘が買った服を「こんなもの着るべきじゃない」と破ったり、ワルターと自室に閉じこもった後は「ここで娼館でも開けばいい」とあからさまにため息をついたりしてとにかく酷かった。
生活もピアノも全部母親の言う通りこなしてきたエリカがああいった性癖に走るのも理解できないことはない。ラストシーンで、自ら左胸をナイフで突くところは印象的である。常に無表情のエリかが、突然鬼の様な形相になり胸を突くのである。その間、映像は無音で、その後に続くエンドロールも無音。最近では『アメリカン・スナイパー』のエンドロールが無音だったことが異例として取り上げられていたが、それよりもこっちの方が印象的である。最後まで苦痛。解釈は観る人によるとは思うが、言い方は悪いが結局投げっぱなしである。


こがゆうり(30代・女性)
今でいえば、エリカの母親は娘に依存する毒親でしかなく、どれほどつらい人生だったかはよくわかる。仕事中に何度も電話をかけてきたり、娘が買った服を「こんなもの着るべきじゃない」と破ったり、ワルターと自室に閉じこもった後は「ここで娼館でも開けばいい」とあからさまにため息をついたり、観ていて殴りたくなるくらい酷い。
生活も、ピアノも、全部母親の言う通りこなしてきたエリカがああいった性癖に走るのも理解できないことはない。ラストシーンで、自ら左胸をナイフで突くところは非常に印象的である。常に無表情のエリカが、突然鬼の様な形相になり胸を突くのである。その間、映像は無音で、その後に続くエンドロールも無音。最近では『アメリカン・スナイパー』のエンドロールが無音だったことが異例として取り上げられていたが、それよりもこっちの方が印象的である。最後まで苦痛。解釈は観る人によるとは思うが、言い方は悪いが結局投げっぱなしである。
エリカが刺したところは心臓からは離れていて、肩に近く、あれで死ぬのかどうかは疑問だが、自ら刺すことには意味があったと思う。そのまま演奏会も何もかも放り出して出ていく。全てを放棄したエリカはやっと母親から解き放たれて自由になり、ワルターとも別れを告げたのである。
タイトルとパッケージだけでは、こんな映画だとは思いもつかないだろう。ラブロマンスだと思って観たらとんでもなく難解で苦痛なものだった。全編通して観ていて居心地が悪く、苦痛でしかない。ワルターの明るさがせめてもの救いだ。

 

ファンの方がピアニストの思いもしない展開に驚いているのがよくわかりますね!

感想だけでなく、実際に映像を通して見たいなと思ったら是非Tsutaya Discasで無料視聴してみてくださいね!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

それでは最後にピアニストの出演者や声優の情報をまとめて見ていきたいと思います。

ピアニストのキャスト・吹き替え声優

エリカ:イザベル・ユペール(日本語吹替:范文雀)
ウィーン国立音楽院でピアノの教師をしている。抑圧的な母親のせいか39歳になった今でも男性と関係をもった事がない。ワルターへの好意が度が過ぎた行動を引き起こしてしまう。

ワルター:ブノワ・マジメル(日本語吹替:坂詰貴之)
ハンサムな上流階級の青年。エリカが演奏するのを見て好意を抱く。
エリカに会うために音楽院を受験し、合格後に猛アタックする。

エリカの母親:アニー・ジラルド(日本語吹替:藤夏子)
男嫌いでエリカはその影響により39歳まで男性とは関係を持たなかった。エリカが男を家に連れ込んだ事を非難し拒絶する。

ピアニストのスタッフ

  • 監督:ミヒャエル・ハネケ
  • 脚本:ミヒャエル・ハネケ
  • 原作:エルフリーデ・イェリネク
  • 製作:ファイト・ハイドゥシュカ
  • 製作総指揮:イヴォン・クレン クリスティーヌ・ゴズラン ミヒャエル・カッツ
  • 撮影監督:クリスチャン・ベルジェ
  • 編集:モニカ・ヴィッリ ナディーヌ・ミューズ
  • 音楽:フランシス・ヘインズ

ピアニストの関連作品

ピアニストを無料視聴する方法まとめ

今回は映画「ピアニスト」を無料でフル視聴する方法を紹介いたしました。

様々な動画配信サービスやサイトがある中でもやはりオススメなのは『Tsutaya Discas』です。

こちらの作品だけでなく、他にも見放題作品が10000本以上もあり、旧作をレンタルし放題なため期間内にたくさん見ることができますので、 まだTsutaya Discasの無料お試しトライアルに申し込まれたことがない場合は是非この機会に体験をしてみませんか?

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴