海外映画(洋画)の動画情報をまとめたメディア|人気映画や最新映画を今すぐネットで無料視聴する方法紹介

炎のランナーの動画(字幕/吹き替え)を無料視聴する方法

『炎のランナー』は、1981年の春に公開された目標の異なる二人のランナーを描いたイギリス・アメリカ二国合作のドラマ映画です!

今回は『炎のランナー』のフル動画を無料で見るための方法を、いろんな動画配信サービスやサイトを比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ちなみにU-nextなら『炎のランナー』を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

 

炎のランナー視聴できる動画配信サービス一覧

動画配信サービスはいろんな種類がありますが、「炎のランナー」を無料で視聴できるサイトをまとめました。

配信サービス名 字幕動画 吹き替え動画 月額・ポイント・無料期間
U-NEXT

見放題

× 31日間無料
月額1990円 600円分配布
TSUTAYA DISCAS

400円

30日間無料
月額2417円 1100円分配布
Amazon プライムビデオ

199円

× 30日間無料
月額500円 ポイントなし
Music.jp

299円

× 30日間無料
月額1958円 1600円分配布
ビデオマーケット

299円

× 初月無料
月額500〜2000円
540〜2160円分配布
TELASA

200円

× 30日間無料
月額562円 550円分配布
dTV × × 31日間無料
月額500円 ポイントなし
クランクインビデオ × × 2週間無料 月額990円
2000ポイント配布
Hulu × × 1ヶ月無料
月額960円 ポイントなし
Abema TV × × 1ヶ月間無料
月額960円 ポイントなし
NETFLIX × × 無料期間なし
月額800円 ポイントなし
FOD × × 2週間無料
月額888円 900円分配布
Paravi × × 2週間無料
月額1027円 チケット1枚配布
Disney DELUXE × × 初月無料
月額770円 ポイントなし

U-nextなら登録してすぐに『炎のランナー』を実質無料で視聴できます!

また、U-nextなら、炎のランナー以外の全シリーズの取り扱いもありますし、31日間の無料期間があるのでゆっくり視聴できてオススメです。

さらに、U-NEXTは業界トップの作品数を取り扱っているので無料トライアル期間内でたくさんの作品を見放題で楽しむこともできます。

ですので、U-NEXTを使ったことがない場合は、ぜひ一度無料トライアルで試してみてください。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

とは言っても、 動画配信サービスに登録しなくても無料で見れるサイトもあるんじゃないの?と思う方もいるかもしれません。

そこで、動画配信サービスサイト以外の無料配信サイトでの「炎のランナー」の配信状況に関してまとめてみました。

 

炎のランナーの無料動画一覧

YoutubeやTverなど、無料動画視聴サイトにおいて、「炎のランナー 字幕」 「炎のランナー 吹き替え」で検索した結果が以下となります。

炎のランナーの字幕動画

字幕動画の検索結果をまとめましたが、映画のワンシーンを切り取った動画やテーマ曲の動画などが主な検索結果となっています。

youtubeでは取り扱いはありますが、購入またはレンタルをしないといけないのが現状となっています。

youtube GYAO ニコニコ動画
TVer 動画イズム

無料動画サイトで動画がなく、すぐに炎のランナーを無料視聴したい場合は「U-next」がおすすめです♪

続いては吹き替え動画の検索結果です。

吹き替え動画

続いて、炎のランナーの吹き替えの検索結果ですが、こちらも映画のワンシーンを切り取った動画やテーマ曲の動画が表示される傾向にあります。

字幕と違う点は、テーマ曲の動画がより多く表示されている傾向にあるというところです。

youtubeなどで取り扱いはありますが、こちらも字幕と同様に、購入しないと視聴が出来ず無料で視聴できる動画は無料サイトでは見つかりませんでした。

youtube GYAO ニコニコ動画
TVer 動画イズム

ご確認いただけるように、ほとんどの場合は、フルの動画の視聴は難しく、画質や音質が悪いものが多いのが実情です。

仮にあったとしても著作権ですぐに削除されてしまうだけでなく、

このようにウイルスに感染し、個人情報を抜き取られたり、悪質なサイトに入ってしまうリスクも高くあるのです。

しかし、動画配信サービスを利用すれば

  • ウイルスに感染する可能性がない
  • 高画質・高音質でフル動画を観ることができる
  • 途中で広告などが入ってこない

といったメリットがあるだけでなく、『U-next』であれば、31日間の無料トライアル期間があるので、ストレスなく視聴できてオススメです♪

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

以上、炎のランナーを無料で視聴する方法を説明しましたが、炎のランナーに至るまでの流れを忘れている方も多いのではないでしょうか?

より、炎のランナーを楽しんで頂くために、過去のあらすじと共に作品情報もまとめましたのでご覧ください!

 

炎のランナーのあらすじ

炎のランナーのあらすじ【起】

イギリス・ロンドンの教会では、かつてのオリンピック金メダリスト、ハロルド・エイブラハムズの死を追悼する式典が行われていた。壇上でエイブラハムズの功績を称えるアンドリュー・リンゼイ卿は、かつての仲間が、自分とオーブリー・モンタギューの残すだけになってしまったことを寂しく語った。そして、走ることに青春を燃やした頃の記憶を思い出す。
1924年6月、英国ケント州のカールトンホテル。パリオリンピックに出場する陸上選手たちが合宿を張っていた。海岸を駆け抜ける選手たちの中に、ケンブリッジ大学のハロルド・エイブラハムズ、アンドリュー・リンゼイ、オーブリー・モンタギューのほか、スコットランドのエリック・リデルの姿があった。
練習の後、ホテルでクリケットにする選手たちのなかで突然、エイブラハムズがゲームに因縁を付け始める。それを見ながら笑う他の選手たち。エイブラハムズが攻撃的な態度を取るのはいつものことだった。
1919年に英国の名門校、ケンブリッジ大学に入学したエイブラハムズ。同大学のキーズ・カレッジに向かうタクシーに相乗りしたモンタギューと仲良くなる。2人は寮の部屋も一緒だった。
新入生に対してクラブの勧誘が行われている。そんな中で、周囲約200mの中庭を、12時の時計が鳴り終えるまでに1周するというカレッジ・ダッシュがあった。それは、700年も成功者がいないという難関レースだった。エイブラハムズは、カレッジ・ダッシュに挑戦することになる。
注目のレースに群がる学生たち、スタート直前に飛び込みで参加したリンゼイと共に、スタートを切るエイブラハムズ。はじめはリンゼイが先を駆け抜けるが、やがてエイブラハムズが抜き返し、学生たちの大喝采を浴びながら2人はゴールを駆け抜けた。先着したエイブラハムズだけが、時計が鳴り終わる前にゴールし、なんと700年ぶりのカレッジ・ダッシュの成功者となった。
後者の窓からレースを見ていた学長たちは、「ユダヤ人は神に選ばれた子なのか?」と呟く。そうエイブラハムズはユダヤ人であった。そのため、常に英国人から偏見の目で見られていると思い込み、自尊心を傷つけてきた。彼にとって、走ることで勝利を収めるのは、その偏見を乗り越える武器であったのだ。

炎のランナーのあらすじ【承】
1920年、スコットランドのハイランズで、ラグビー・プレーヤーとして有名なエリック・リデルは、地元の子供たちの運動会で賞品の授与係として参加していた。代々、宣教師の家で育ったでリデルは、父の布教活動のため中国で生まれたが、故郷のスコットランドの美しい風景を誉め立てるスピーチを行い、地元の人たちの共感を得る。
リデルの友人マクミランが、大会最後に行われる200ヤード・オープンレースに参加するよう、リデルに勧める。そして、着替えずに私服のままレースに参加したリデルだったが、最後尾からスタートしたものの、楽々優勝をものにする。
リデルの爽快なランニングを見た彼の父親は、リデルが各地の陸上競技大会で勝てば、それが布教活動にも役に立つとして、リデルに走り続けることを勧める。その思惑どおり、次々とレースに勝って名声を高めるリデルは、布教の輪を広げていった。
しかし、一緒に布教活動をしている妹のジェニーは、走ることに魅了されていくリデルに難色を覚えていた。リデルが純粋に伝道師として活動していくことを望んでいたジェニーは、しばしばリデルと喧嘩してしまう。
リデルは、スコットランド対フランスの陸上競技の試合にに参加すると、そこにエイブラハムズも見学に来ていた。トラックの短距離競走に出場したリデルは、スタート直後に他の選手とぶつかり転んでしまう。しかし、すぐに起き上がって走り出し、誰もが無理だと感じたそのレースで、奇跡的な勝利をものにする。
エイブラハムズはスタンドでリデルの走りを見ていた。彼の走りに大いに驚き、また感動していた。しかし一方で、強力なライバルの出現に脅威も感じていた。
エイブラハムズがこの競技を見に来たもう一つの大切な目的は、それはサム・ムサビーニに、自分専属のコーチになってもらうことだった。エイブラハムズの願いを聞いたムサビーニは、すぐにはオーケーしなかった。そして、自分がエイブラハムズを観察して、気に入ったら自分からコーチになることを頼みに行くと告げた。
炎のランナーのあらすじ【転】
エイブラハムズは、モンタギューやリンゼイたちとオペレッタ「ミカド」の観劇に来ていた。モンタギューは、エイブラハムズにオペラグラスを手渡し、舞台上の美しい女優を指さた。その美しさにエイブラハムズも一目で惹かれてしまう。劇が終わると、「ブラボー」と歓声を送るエイブラハムズに気付いた女優は、なんと彼に微笑み返したのだった。
女優シビル・ゴードンとエイブラハムズは、彼女の弟がエイブラハムズのファンだったことがきっかけで、近しくなっていく。エイブラハムズは彼女を食事に誘うことに成功するが、リンゼイたちは、エイブラハムズの石のような精神が溶け出したと言って、冷やかす。
シビルの馴染みのレストランで、幸せそうに会話する2人。すると、なぜ彼がそこまで勝利にこだわるのかという話題になり、エイブラハムズは自分がユダヤ人であり、周囲の偏見と戦っているのだと打ち明ける。
ユダヤ人であることなど、誰も気にしていないとシビルは言うが、エイブラハムズはかぶりを振る。そのとき、シビルが注文した料理がテーブルに運ばれてた。2人は苦笑する、なぜならそれはユダヤ人にとってタブーである、豚の足だった。
パリオリンピックを翌年に控えた1923年、初めてエイブラハムズは100m競走でリデルと対決する。結果はリデルが文句なしで勝利した。目標を見失い、すっかり肩をおとしたエイブラハムズには、シビルの鼓舞する声も届かなかった。
そんなとき、ムサビーニが現れ、彼の専属のコーチを引き受けると申し出る。ムサビーニはエイブラハムズに、アメリカの短距離ランナー、パドックやショルツのビデオを見せる。その上で、彼のオーバーストライドが短距離走に不利であることを指摘し、フォームの徹底的な改造に取り組み始める。こうした厳しい訓練の末に、エイブラハムズは徐々に自信を取り戻していった。
ある日、ケンブリッジ大学の学長たちに呼び出されたエイブラハムズは、プロのコーチを雇っていること、しかもそのコーチが英国人でないことについて、注意を受ける。しかし、エイブラハムズは、そんな学長たちの意見を、子供じみたものだと一蹴する。
一方、リデルは中国に戻って伝道活動を行うことを妹のジェニーに打ち明ける。彼女は喜びを隠せなかった。しかし、その前にオリンピックで走るという兄の言葉を聞いたとき、ジェニーの顔色は再び曇る。しかしリデルは、自分の速い足は神から与えられた賜物であり、それによって人々に福音をもたらすことが自分の使命であると信じて疑わなかった。
1924年、エイブラハムズたちケンブリッジの陸上チームにリデルらを加えた英国選手団は、パリオリンピックに向かう船に乗る。そのとき、「日曜日の100m予選に出場するのか?」という質問を記者から受け、リデルは愕然とする。日曜日は安息日であり、その日に走ることは、神の教えに反することを意味していた。
炎のランナーの結末・ラスト(ネタバレ)
オリンピックの競技が始まったが、リデルは日曜日に行われる100mの予選を棄権することを決めていた。選手団長のバーケンヘッド卿はリデルをなんとか出場させようと説得を試みるが、リドルの気持ちは変わらない。そこで、観戦に来ていた皇太子からもリドルを説得してもらうが、それでもリドルの意志は変わることはなかった。
そこへリンゼイが現れて、あるアイデアを提案する。それは、自分の代わりに400m競走にリデルを出場させるという案だった。400mが行われるのは木曜日なので、安息日を固守する彼にも影響はない。リデルはリンゼイに申し訳ないと考えるが、リンゼイは自分はもうすでに障害レースでメダルを取っているので、構わないと言う。リデルは400mに出場することになった。
競技では、前評判どおりアメリカ選手のレベルは高く、ケンブリッジの選手たちは次々に敗れていく。エイブラハムズも200mで良い結果が出ず、100mも決勝までは進んだが、準決勝でのアメリカ選手との対戦では苦杯をなめた。
エイブラハムズのコーチ、マサビーニは、英国貴族たちの間で自分の受けが良くないことを知っており、エイブラハムズの決勝が行われるとき、会場には現れなかった。その代わり、エイブラハムズに、決勝戦ための最後のアドバイスを書き残し、お守りとともに残していった。
スタート直後には顎を引き、あとは一気に100mを駆け抜けろ。
マサビーニのアドバイスとお守りを胸に、エイブラハムは決勝のスタートラインに着いた。スタートの号砲が鳴ると、エイブラハムズはマサビーニのアドバイスどおりにした。一気に直線を駆け抜け、トップでゴールインするのだった。
喜びを爆発させるスタンドの応援団だったが、そこにマサビーニの姿はなく、彼は一人、ホテルの窓から競技場を眺めていた。ユニオンジャックの英国旗が一番上に掲げられるのを確認したマサビーニは、部屋で雄叫びを上げる。そして、勢い余って拳で帽子の底を打ち抜いてしまい、苦笑いをするのだった。
400m走の決勝戦で、リデルの突然の参戦をアメリカ選手も警戒していた。しかし、アメリカチームのコーチは、もともとリデルは短距離選手であり、予選から400mを何回も走って、もう体力はかなり消耗していると言い、自国の選手を激励する。
レースがスタート。リデルの「神から与えられし足」は、アメリカチームの予想に反して、後半になっても全くペースが落ちない。ラストスパートであごを上げ、両腕を振り回す独特のフォームのまま、リデルはトップでゴールラインを切った。
リデルのすばらしい走りを、妹のジェニーもスタンドで凝視していた。あれほど陸上にのめり込む兄と口論したジェニーが、兄の最後の勇姿を見て、あふれる喜びを噛み締めていた。
イギリスに凱旋帰国した選手団を、大勢の国民が駅で待ち構えていた。そして、リデルやリンゼイたちがオープンカーに乗って人混みの中に去って行った後、エイブラハムズはひっそりと列車から降りてきた。それを迎えるシビル。2人は、エイブラハムズの栄誉を称えるポスターを見て微笑む。エイブラハムズと偏見との戦いは、もう必要ないと思わせる安らかな笑顔だった。
その後、史実によれば、エイブラハムズは足のケガで翌年に引退。リデルは妹との約束どおり、布教のため中国に渡り、その地で生涯を閉じた。

 

 

炎のランナーの作品情報

公開日 1982年8月21日
配給 ワーナー・ブラザース
制作国 イギリス、アメリカ合衆国
上映時間 125分
公式サイト https://warnerbros.co.jp/

イギリス人青年2人の実話を基にした1920年のパリ・オリンピックを描いた今作ですが2つの信念が誰よりも勝利を追い求める様はまさに”アツい”!

東京オリンピック前に絶対チェックしておきたい映画ですね!

より炎のランナーの世界観に浸ることができるように、既に視聴された方達のリアルな声も集めてみました!

炎のランナーの感想

作品の感想

yuu323_3102(30代・女性)
映画館にも行ってみたい映画でした。
この有名な映画を初めて観ました。すごく楽しみにしてみました。始まりはよく内容が掴めませんでしたが、だんだんみているうちに、理解ができました。まずは、音楽の素晴らしさは、ありましたよ。ストーリーでは、少しみんな自分勝手な人たちばかりで、ご都合主義なところがありましたが、見所はそこではなく、イギリス、スコットランドのカルチャーのところです。。底意地の悪さの一方で、ノブレスオブリージュ的な考え埋め込めてあり、抑制の効いた行動や、歴史の重みと、宗教観、責任感を学ぶ第一話だったと思います。それらがとても興味深く面白くなっていきました。
第八回パリオリンピックが開催され、日章旗が翻っているシーンが意外すぎました。1924年は、大正期。この映画で再認識したが、モボモガの輸入元が歴然と感じられます。
時代性もあるだろうが、アメリカとはまるで違ったセンスで、どくとくなカリチャーが面白さをましていました。また爽やかで、若き、更に熱さもあるドラマが見れるができました。しかし、この映画は、精神面が強くないとやっては、いけないですね。学ぶことはできました。


大村2323(30代・男性)
「炎のランナー」1981年公開のイギリス・アメリカ合作のドラマ映画である。
当時の時代背景の中で権威主義的なイギリスやイギリス的尊厳を彫り込んだ作品になっている。

音楽も素晴らしい。ピアノが印象的だ。

登場人物は自分勝手なキャラクターばかりで多少のご都合主義を感じる。
見所はイギリスとスコットランドのカルチャーのところだろう。

底意地悪さを感じさせる一方でノブリスオブリージュの考えが埋め込まれており、抑制の効いた行動や歴史の重み、宗教観、そして責任感を学べる第1話だったと言えるだろう。
歴史に疎い私でもそれらがとても興味深く、おもしろく感じることができた。

話が進むと第8回パリオリンピックが開催される。
日章旗が翻っているシーンは日本人にとっては印象に残るだろう。
1924年は大正。
モボモガの輸入元が歴然と感じられる。

時代性もあるだろうがアメリカとはまるで違うセンスで独特なカルチャーが面白い。
また爽やかさ、若さ、さらには熱さもある。
この映画は精神面が強くなければ道は開けないということを強く伝えてくれる物語であろう。

 

既に視聴した方達が楽しんでいるのがよくわかりますね!

感想だけでなく、実際に映像を通して見たいなと思ったら是非U-nextで無料視聴してみてくださいね!

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

それでは最後に炎のランナーの出演者や声優の情報をまとめて見ていきたいと思います。

炎のランナーのキャスト・吹き替え声優

ハロルド・エーブラムス ベン・クロス 野島昭生 津嘉山正種
エリック・リデル イアン・チャールソン 田中秀幸 井上真樹夫 古川登志夫
サム・ムサビーニ イアン・ホルム 千葉耕市 宮内幸平
アンドリュー・リンゼイ卿[5] ナイジェル・ヘイヴァース 塩沢兼人
オーブリー・モンタギュー ニック・ファレル 神谷和夫
ジェニー・リデル シェリル・キャンベル 高島雅羅
シビル・ゴードン アリス・クリーグ 有馬瑞香

炎のランナーのスタッフ

  • 監督:ヒュー・ハドソン
  • 脚本:コリン・ウェランド
  • 製作: デヴィッド・パットナム
  • 製作総指揮:ジェイク・エバーツ ドディ・ファイド/li>
  • 撮影監督:デヴィッド・ワトキン/li>
  • 編集:テリーローリングス
  • 音楽:ヴァンゲリス

炎のランナーの関連作品

  • しあわせの隠れ場所
  • ザ・ウェイバッグ
  • スキャンダル
  • ラスト・プリンセス
  • サウスポー

 

炎のランナーを無料視聴する方法まとめ

今回は映画「炎のランナー」を無料でフル視聴する方法を紹介いたしました。

様々な動画配信サービスやサイトがある中でもやはりオススメなのは『U-next』です。

こちらの作品だけでなく、他にも見放題作品が90000本以上もあるため期間内にたくさん見ることができますので、 まだU-nextの無料お試しトライアルに申し込まれたことがない場合は是非この機会に体験をしてみませんか?

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴