海外映画(洋画)の動画情報をまとめたメディア|人気映画や最新映画を今すぐネットで無料視聴する方法紹介

クリステン・スチュワート

大人気作品である映画「スノーホワイト」の白雪姫として数々のファンを魅了してきたクリステン・スチュワート。

その太めのアイラインとボリューミーな下まつげと、とても芯が強い性格が多くの人に反響を呼んでいますよね!

今回はクリステン・スチュワートの出演作品のランキングと共に、まずはプロフィール情報から紹介していこうと思います♪

 

クリステン・スチュワートのプロフィール

View this post on Instagram

#kristenstewart

A post shared by Kristen Stewart (@kristenstewartx) on

本名 Kristen Jaymes Stewart
生年月日 1990年4月9日(30歳)
出身地 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス
経歴
身長 168cm
SNS

1990年の4月にアメリカ・ロサンゼルスで誕生したクリステン・スチュワートですが、2001年の「The Safety of Objects」でパトリシア・クラークソンの娘役として見事デビューを果たし、2014年には「アクトレス 女たちの舞台」の演技で、アメリカ人女優として初めてセザール賞の助演女優賞を受賞し「スノーホワイト」、「カフェ・ソサエティ」「パーソナル・ショッパー」、「チャーリーズ・エンジェル」などでヒロイン役や主演を務めるなど様々な作品で活躍をされています。

このように女優として引っ張りだこになっているクリステン・スチュワートですが、ペットが大好きで犬3匹と猫一匹を飼っています。また、写真を撮ることも好きで、休みの時は写真撮影に時間を費やしているそうです。

俳優業だけでなくアメリカ赤十字協会の会員としてチャリティーにも参加しています。

ここからはそんなクリステン・スチュワートのおすすめ作品をランキング形式でまとめましたので、ご覧ください♪

クリステン・スチュワートの出演作品

数々の名作に出演しているクリステン・スチュワートですが、どんな作品が人気なのでしょうか?

1位 スノーホワイト

公開年 2012年6月15日
上映時間 127分
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
東宝東和
監督 ルパート・サンダース
メインキャスト クリステン・スチュワート(スノーホワイト)
シャーリーズ・セロン(邪悪な女王ラヴェンナ)
クリス・ヘムズワース(猟師エリック)
サム・クラフリン(ウィリアム王子)
イアン・マクシェーン(ビース)

2012年の夏に公開された映画「スノーホワイト」にヒロインのスノーホワイトとして出演されており、王国を取り戻すため、甲冑を着た戦士として、ハンターのエリックや幼なじみのウィリアム王子と一緒に女王ラヴェンナと勇ましく対決する、これまでとは一味違う白雪姫を演じられました。

この作品は激しいアクションが多く、吹き替えなしだったそうですが、その中でも3.6mの高さの岩から冷たい水の中に飛び込むシーンが一番大変だったようで、さすがのクリステンも怖かったようです。

作中ではクリステンを虐める悪女のシャーリーズ・セロンですが、クリステンの才能、仕事に対する姿勢を大変評価し、大好きな女優だとしてクリステンのためならビルから飛び降りてもいいとまで言っています。

スノーホワイトのあらすじ

マグナス王とエレノア王妃の一人娘スノーホワイトは国中から愛されている心のきれいな少女。エレノアが急に亡くなって、しばらくした後、マグナス王は黒い甲冑の正体のわからない軍勢と戦い、敵方の虜囚女ラヴェンナを助ける。マグナスはラヴェンナの美しさに心奪われ、お妃として迎えることにする。しかし、ラヴェンナの正体は邪悪な魔女だった。なんとマグナスを暗殺したのち、魔軍を引き込み、王国を乗っ取ってしまう。ラヴェンナは逃げ遅れた家臣を次々に殺したが、スノーだけは秘密部屋に監禁し生かし続ける。ラヴェンナの悪政と魔女のような呪いによって、王国はまたたく間に荒れ果て、闇に閉ざされてしまう。

スノーホワイトの感想

童話的な解釈ではなく、新しい白雪姫像が描かれてアクション性が高いストーリーが面白かったです。また、狩人をメインに描かれているのも興味深く、映像も非常に美しく描かれていたからストーリーにも入りやすかったです。

白雪姫と言うと、私の中では「守られるタイプのお姫様」の代表格のようなイメージがありました。この映画は、そのイメージを根底から覆すものでした。しかし、私自身は、もともと戦うプリンセスが大好きです。新たなタイプの白雪姫を見ることができたおかげで、今まで何とも思っていなかった白雪姫というキャラクターを、少し好きになりました。キスをする役が王子様ではなかったのも、斬新だと感じました。眠る姫にキスをするのは王子様、が王道なのに。王道を微妙に外していくのが、逆に面白いです。戦闘シーンも大変迫力があり、見応え抜群でした。記憶が薄れた頃にまた観たくなる、素晴らしい映画だったと思います。

よくある「白雪姫」の物語を想像していたので、衝撃の内容でした。内容が激しい・・・まさかの内容でしばらく放心状態。誰がなにを思い、なにをしたかったのか、を理解するのが見るポイントかと思います。しっかり見ていないと内容ついていけなくなりますのでご注意!

2位 ジャンパー

公開年 2008年2月14日
上映時間 88分
配給 20世紀フォックス
監督 ダグ・リーマン
メインキャスト ヘイデン・クリステンセン(デヴィッド・ライス)
ジェイミー・ベル(グリフィン・オコナー)
レイチェル・ビルソン(ミリー・ハリーズ)
マイケル・ルーカー(ウィリアム・ライス)
クリステン・スチュワート(ソフィー)

2008年の春に公開された映画「ジャンパー」にメアリーの娘のソフィーとして、カメオ出演をされておられました。

瞬間移動能力を手に入れた少年が瞬時に移動しますが、日本にも移動されていて東京、埼玉でも撮影がされたようです

カメオ出演としてクリステン・スチュワートが最後の最後の数秒に登場するのですが、この他にも最初の最初の数秒間だけトム・ハルスも登場しています。見落とせませんね

ジャンパーのあらすじ

冴えない高校生のデヴィッド(マックス・シエリオット:少年時代)。母親は彼がまだ幼い頃に家出し、酒に溺れる父と二人で暮らす。彼は、同じハイスクールに通うのミリー(アンナサフィア・ロブ)に憧れている。ある日デヴィッドは、同級生からのいじめにより真冬の川に転落してしまう。その瞬間、眠っていた彼の能力が目覚め、彼は図書館に移動していた。デヴィッドは、テレポートすることができる、“ジャンパー”の能力を持っていたのだ。その後、デヴィッドはテレポート能力を自在に使えるように特訓を重ね、銀行の金庫から大金を入手する。そして自宅のあるミシガンから、ニューヨークへと向かう。

ジャンパーの感想

今作では誰もが一度は憧れる「瞬間移動」という特殊超能力を題材にした物語で主人公やその仲間の瞬間移動がかなりスタイリッシュでカッコ良かったですが、サミュエル・L・ジャクソンが何でその能力者をわざわざ殺害し続けるのかは観ていても個人的に分かりませんでした。
ジャンプの能力を使うときの効果音が爽快で、それ聞きたさに何度もみかえしてしまう。銀座から渋谷にジャンプで移動していくシーンは日本人ならワクワクしてしまう事間違いなし!自分にもこんな超能力があれば、、、と中二病心を煽られる作品でもあります。
こんな異能力あったら自分はどんなところにジャンプしてなにするかな~って妄想してしまう映画です。ストーリーの展開もいい感じで、何よりジャンプして行く瞬間がかっこよくて最後までしっかり見切ってしまった。見ごたえも十分なのでおススメです!

3位 チャーリーズ・エンジェル

公開年 2019年11月15日
上映時間 118分
配給 ソニー・ピクチャーズ・リリーシング
監督 エリザベス・バンクス
メインキャスト クリステン・スチュワート(サビーナ・ウィルソン)
ナオミ・スコット(エレーナ・ハフリン)
エラ・バリンスカ(ジェーン・カノ)
エリザベス・バンクス(レベッカ・ボスレー)
パトリック・スチュワート(ジョン・ボスレー)

2019年の冬に公開された映画「チャーリーズ・エンジェル」に主演三人組の一人のサビーナ・ウイルソンとして出演されており、ショートヘアで見た目もボーイッシュなクールで男性のような女性を演じられました。

クリステンはこの作品でイメージチェンジし、男性っぽい役を演じていますが、三人組へのインタビュー中にクリステンがナオミの歯についていた口紅を拭ってあげるという男前な行動が役回りと同じと話題になりました。

女性たちがお互いに助け合い、勝って、泣いて、笑って、時には失敗もするという愛すべき作品です。クリステンは「信頼できる存在や、味方を見つけるのが難しい時代。そんな人たちに観てもらいたい映画」と言っています。

チャーリーズ・エンジェルのあらすじ

70年代後半に人気を博したTVシリーズのリメイク作品である。ディラン、ナタリー、そしてアレックスの美女三人は姿を見せない社長チャーリーの探偵事務所で働いていた。彼女たちに今回下された指令というは、誘拐されたノックス・テクノロジー社の創立者であるノックス・ノックスを救出するというものであった。ノックス・ノックスが開発中である“音声認識ソフト”が悪用されてしまえば、世界は大混乱となってしまう。エンジェルたちは巨大企業オーナーでノックスの好敵手であったコーウィンが犯人と見て危険な潜入捜査を決行するのだった。

チャーリーズ・エンジェルの感想

3人のクールビューティーが活躍するコメディースパイ映画です。キャメロン・ディアスが中央の立ち位置なので彼女が主に活躍するのかと思いきやドリュー・バリモアのほうが意外とストーリーの核心人物と絡む点が意外でした。
大好きです。キャスト全員が好みでもあります。3人ともそれぞれの魅力があり、キュートなのにいざ仕事になるとカッコよく、高校生のときは何度も見ていました。スパイの映画も大好きなので、そのような装置や機械をみるだけでとてもワクワクします。

魅力的な女性3人が様々なミッションのためにアクションや女性ならではの色気を使ってこなしていくのがポイント。個人的には大人な女性というイメージのキャメロン・ディアスがかわいいキャラになっているのがとても魅力的で引き込まれます。

4位 ザスーラ

公開年 2005年11月8日
上映時間 113分
配給 コロンビア映画
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
監督 ジョン・ファヴロー
メインキャスト ジョシュ・ハッチャーソン(ウォルター・バドウィング)
ジョナ・ボボ(ダニー・バドウィング)
ダックス・シェパード(宇宙飛行士)
クリステン・スチュワート(リサ・バドウィング)
ティム・ロビンス(バドウィング)

2005年の冬に公開された映画「ザスーラ」に仲の悪い二人の兄弟の姉のリサとして出演されており、氷漬けにされてしまう役を演じられました。

この作品でのクリステンは気が強くて言葉づかいがあまりよくない姉を演じていましたが相変わらずきれいでした。この姉の二人の弟たちの馬鹿っぽさや子供っぽいところがとても可愛らしく描かれています。

ボードゲームから飛び出した宇宙飛行ファンタジーとして楽しめる作品ですが、監督ジョン・ファヴロー、出演者がクリステン・スチュワート、ジョシュ・ハッチャーソン等皆さんがこの映画の後にどんどん活躍していらっしいます。

ザスーラのあらすじ

ニューヨーク・マンハッタン。携帯電話会社のCEOでNY市長候補のスタックス(ジェイミー・フォックス)は選挙キャンペーンを行なっていた。その途中、偶然にも事故に遭いそうになった少女アニー(クワベンジャネ・ウォレス)を助ける。アニーは生後すぐにあるレストランに捨てられていた過去を持ち、今はハニガン(キャメロン・ディアス)が営む施設で暮らしていた。ハニガンは昔歌手をしており、今もその思い出に浸りながら生きる独身女性である。アニーは10歳になった今でも、金曜の夜になると自分が捨てられたレストランの前に行き、迎えにくるはずもない両親を待ち続けていた。スタックスはそんなアニーを引き取ることで、選挙戦に向け好感度をあげようと目論む。こうして、スタックスとアニーの共同生活が始まった。

ザスーラの感想

男の子たちがかわいくて大好きな作品です。まだまだ弟に気を使えないくらいの年齢の兄で兄弟喧嘩ばかりだけど、危機に立たされて2人(あと、お姉ちゃんと)でがんばるところがたまりません。ゲームをしたら、宇宙に行っちゃったってのも見てるほうには楽しそうだけど、怖いよなあと思ってみてました。
ジュマンジぽい映画でした。今度は双六の中のものが現実世界に現れるだけでなく、家も宇宙に飛ばされてしまいます。お姉ちゃんもその家には寝ていたのですが、気がつくと弟たちにより、ザスーラ(ゲームの名前)が始められていて、宇宙に飛ばされていてかわいそうでした。ワクワクできる冒険もので大好きです。
兄弟2人がとにかく可愛い!母性本能がくすぐられるレベルで可愛い!ストーリーも十分面白いのに、しぐさや服装が可愛すぎて一回目はかわいい!!しか言ってなかったイメージ(笑)でも2回目はしっかり鑑賞させていただきました!冒険心くすぐるストーリーで子供でも楽しめます!

5位 エージェント・ウルトラ

公開年 2015年8月21日
上映時間 96分
配給 ライオンズゲート
KADOKAWA
監督 ニマ・ヌリザデ
メインキャスト ジェシー・アイゼンバーグ(マイク・ハウエル)
クリステン・スチュワート(フィービー・ラーソン)
トファー・グレイス(エイドリアン・イェーツ)
コニー・ブリットン(ヴィクトリア・ラセター)
ウォルトン・ゴギンズ(ラファ)

2015年の冬に公開された映画「エージェント・ウルトラ」に主人公マイクの恋人のフィービー・ラーソンとして出演されており、コンビニ店員で頼りないダメ男の恋人マイクを優しくサポートする役を演じられました。

フィービーはマイクを愛し、彼のためなら何でもするという従来のフェミニズムに見えます。好きになってしまった弱みと言うものではなく、同等でありたいとの想いが根底にあるのだとクリステンはおっしゃり、新しい時代のフェミニズムとして平等に支えあう二人の関係を体現しているそうです。

共演のジェシー・アイゼンバーグはこの映画はコメディとアクション、ドラマとロマンスが融合したユニークな作品で、すべての要素をさばいて演じられるのはクリステンぐらいしかいないと感心しているそうです。

エージェント・ウルトラのあらすじ

1953年以降のアメリカでは、政府によってある極秘計画が進められていた。それは、最強のスパイを生み出すために、一般市民を秘密裏にマインドコントロールするという実験。この計画は封印されたはずだったが……。舞台は変わって、郊外のとある町。コンビニのアルバイト店員、マイク・ハウエル(ジェシー・アイゼンバーグ)は、勤務中にサルがスーパーヒーローになる漫画を描いたりして、のんびり過ごしていた。そんなマイクだが、同棲中の彼女フィービー(クリステン・スチュワート)にプロポーズしようと一念発起。最高の演出をしようとハワイ旅行を計画する。しかし、旅行直前に発作を起こしてしまう。飛行機に乗ることさえできないマイクだったが、フィービーは優しく見守ってくれていた。

エージェント・ウルトラの感想

冴えないコンビニ店員の男性が急に超能力を発動させて人生が一変してしまうお話です。わたしは超能力系のお話が好きなので、この映画も面白かったと記憶しています。この映画を見てから自分も明日目が覚めたらスーパー兵士になっているかも!なんて妄想をしてしまいます。少年の心を持っている方ならとても楽しめると思います!おすすめです。
アメリカの片田舎に住むマイクは冴えない青年で、旅行に行くこともできない。そんな彼に、謎の殺し屋が襲ってくるが、自覚のない戦闘技術で撃退する。実は、マイクはCIAが開発した、超人エージェントの生き残りだったのだ。CIAの極秘部隊とマイクの激闘が繰り広げられる。
ダメ男な主人公だけど、彼女に一途なところが可愛くて最初はこんな彼氏ほしい!とまで思ってしまった。殺し屋が出てきたとたんかっこよく退治しちゃうシーンでキュンキュンが大暴走!アクションシーンはかっこいいしコメディなシーンもしっかり面白くって何度も見返してます!

まとめ

以上がクリステン・スチュワートの人気作品ランキングでした!

いかがでしたでしょうか?

クリステン・スチュワートと言えばエッジの効いたカッコいいハリウッド女優というイメージが強い方もいらっしゃるかもしれませんが、実は幅広いジャンルで活躍をされており、いろいろな姿を作品を通して観ることができますので、是非この機会に気になった作品を視聴してみてはいかがでしょうか?