海外映画(洋画)の動画情報をまとめたメディア|人気映画や最新映画を今すぐネットで無料視聴する方法紹介

ジョン・シナ

大人気作品である映画「バンブルビー」のジャック・バーンズ役として数々のファンを魅了してきたジョン・シナ

その非常に勤勉・真摯で、問題を起こさない「優等生」さが多くの人に反響を呼んでいますよね!

今回はジョン・シナの出演作品のランキングと共にまずはプロフィール情報から紹介していこうと思います♪

ジョン・シナのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

John Cena(@johncena)がシェアした投稿

本名 John Felix Anthony Cena Jr.
生年月日 1977年4月23日
出身地 アメリカ合衆国
マサチューセッツ州の旗 マサチューセッツ州
ウェスト・ニューベリー
経歴 スプリングフィールド大学
身長 185cm
SNS インスタ
ツイッター

1977年4月23日にアメリカ合衆国、マサチューセッツ州ウェスト・ニューベリーで誕生されたジョン・シナですが、

2000年の「ヘッド・ロック GO!GO!アメリカン・プロレス」でカメオ出演で見事デビューを果たし、興行収入が1.27億ドルにもなる、映画「バンブルビー」に出演されており、大活躍されています!また他にも「エイミー、エイミー、エイミー!」や「こじらせシングルライフ」の作品などの名作にも出演されています!

このように俳優として引っ張りだこになっているジョン・シナですが、スプリングフィールド大学を卒業しており、俳優業だけでなく学業の方にも力を注いでいました。

そんなジョン・シナですが、元々はプロレスや総合格闘技の選手で、WWEに所属し、各種王座に輝いている。

ここからはそんなジョン・シナのおすすめ作品をランキング形式でまとめましたので、ご覧ください♪

ジョン・シナの出演作品

数々の名作に出演しているジョン・シナですが、どんな作品が人気なのでしょうか?

1位 バンブルビー

公開年 2019年3月22日
上映時間 114分
配給 パラマウント映画
東和ピクチャーズ
監督 トラヴィス・ナイト
メインキャスト ヘイリー・スタインフェルド(チャーリー・ワトソン)
ジョージ・レンデボーグ・Jr(ギレルモ・“メモ”・グティエレス)
ジョン・オーティス(パウエル博士)
ジェイソン・ドラッカー(オーティス・ワトソン)
パメラ・アドロン(サリー・ワトソン)

2019年の春に公開された映画「バンブルビー」にジャック・バーンズとして出演されており、「セクター7」に配属されている少佐を演じられました。

「トランスフォーマー」シリーズの人気キャラクター“バンブルビー”をフィーチャーしたSFアクション大作。

バンブルビーのあらすじ

1987年、海辺にある、ある田舎町。少女チャーリー(ヘイリー・スタインフェルド)は、亡き父親を想い、哀しみから立ち直れずにいた。18歳の誕生日、廃品置き場で廃車寸前の黄色の車を発見した彼女は、家に持ち帰る。しかし、その車が突然変形する。驚くチャーリーと逃げ惑う変形体。やがて、互いに危害とならないことを察し、似た者同士だった2人は急速に距離を縮める。記憶と声を失い“何か”に怯えている生命体に“バンブルビー(黄色い蜂)”と名付けたチャーリーは、バンブルビーを匿うことに決めた。ボロボロに傷ついたバンブルビーと心に傷を抱えたチャーリーの間に思いもよらない友情が芽生えるが、予測がつかない事態に巻き込まれていく……。

バンブルビーの感想

トランスフォーマー好きとしては、バンブルビーがメインの映画はとっても嬉しいです。初代アニメのキャラクターも、アニメ版をしっかり3Dで実写化してくれていたので見どころの1つかと思います。また、実写1作目につながる形で終わったのは改めて実写トランスフォーマーシリーズを見返したくなりました。
ロボットと可愛い少女との淡い恋のようなものがとても清々しくて良い映画でした。ポンコツっぽいけど、彼女のためなら死ぬ気で頑張るロボットがいじらしい。最後の二人の別れは悲しいけれど、爽やかな風が流れているようで感動しました。
主役のバンブルビーは、丸みを帯びた可愛らしい見た目にちょっとドジなロボット(トランスフォーマー)。多感な時期の女子高生ヒロインが、バンブルビーと交流していくことでぎくしゃくしていた家族にも心を開いていく展開は、成長物語として良くできています。ロボット物が苦手という方にもお勧めです。

2位 エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフ

公開年 2017年3月4日
上映時間 125分
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
インターフィルム
監督 ジャド・アパトー
メインキャスト エイミー・シューマー(エイミー・タウンセンド(雑誌記者))
ビル・ヘイダー(アーロン・コナーズ(スポーツ専門の整形外科))
ブリー・ラーソン(キム・タウンセンド(エイミーの妹))
コリン・クイン(ゴードン・タウンセンド(エイミー、キムの父親))
ヴァネッサ・ベイアー(ニッキー(エイミーの職場の友人))

2017年の春に公開された映画「エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方」にスティーヴン(エイミーのボーイフレンド)として出演されています。
アメリカのお茶の間でもっとも人気を集めるコメディエンヌの一人、エイミー・シューマーが、「40歳の童貞男」「無ケーカクの命中男/ノックトアップ」のジャド・アパトー監督の下、自らの脚本で記念すべきスクリーン・デビューを飾った女の本音コメディ。

エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフのあらすじ

エイミー・シューマー演じるエイミー。彼女は、父親からは幼い頃に一夫一婦制は悪だと教えられて育った。それがトラウマになり、大人に成長しても恋愛できずにいた。彼女は男性と一夜限りの関係だと割り切り自由に生きている。そのような暮らしにマンネリ感を覚え始めたころ、仕事の関係でビル・ヘイダー演じるスポーツ外科医アーロンの記事執筆を担当することになった。そのため、彼に取材をすることになる。エイミーはアーロンとの出会いを機に、自分自身の恋愛観や人生について考え見つめなおして生きていこうと決心するのだった。しかし、今までのエイミー自身がバリアとなり、アーロンとの関係の雲行きが怪しくなる・・・。今までの自分を今更変えることは出来ないと諦めようとした。ある行動に出ようとするのであった・・・。

エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの感想

エイミーのダンスが可愛いくて笑った。自由すぎるエイミーだったけどこの人!っていう運命の人と巡り合えたのでよかった。ハリーが出てきたケースはビックリしたけど出番少なかったなぁ〜笑 両親と観るには向かない映画だったけどフツウに面白いし後味がスッキリな映画だった◎。
下ネタめっちゃ多いし、エイミーがなぜこんなにモテる!?とか思っていましたが、観ていくうちにエイミーの事大好きになっていました。ジョン・シナもこういった筋肉バカな役柄を演じさせると最高ですね、最後にダンスで終わるハッピーなラブコメはなんだかいいなぁ、、エイミーが素直な気持ちを言えるようになれて良かった!。

3位 ザ・ウォール

公開年 2017年9月1日
上映時間 90分
配給 ロードサイド・アトラクションズ
プレシディオ
監督 ダグ・リーマン
メインキャスト アーロン・テイラー=ジョンソン(アレン・アイザック軍曹)
ライト・ナクリ(ジューバ: )
スペンサー・トーマス
アーロン・ジョンソン

2017年の秋に公開された映画「ザ・ウォール」にシェイン・マシューズ2等軍曹として出演されており、アメリカ軍の狙撃手を演じられました。

イラク戦争で30人以上ものアメリカ兵を殺害したと言われる実在の凄腕スナイパー、ジューバをモチーフに、壁ひとつ隔てたどこかから、見えない敵ジューバに狙われたアメリカ兵の決死のサバイバル劇を描いたサスペンス・アクション。

ザ・ウォールのあらすじ

2等軍曹のシェイン・マシューズは、灼熱の太陽が照りつけるイラクの砂漠地帯で、銃のスコープを覗きながら、動かなくなった死体を眺め続ける。着任後20時間以上が経過した頃、相方のアレン・アイザック軍曹に声を掛ける。2人は、石油パイプラインの建設現場の警備任務についていた。辺りには無数の死体がある状態で、敵のうごきを感知し安全な状況を確保する為に、草木に紛れ敵が訪れるのをただ待っている。銃のスコープの先に見える死体は、逃げる様子も隠れる様子もない事から、敏腕の狙撃手によって殺されたのだろうと推測するアイザックに対し、マシューズは妄想だと言う。20時間が経ち、マシューズは立ち上がる。

ザ・ウォールの感想

イラク戦争が終結してすぐの戦場だった土地で、アメリカ兵とスナイパーとの戦い。といってもアクションではなく、スナイパーは姿さえ見せない。でも、十分に緊迫感があって、最後までドキドキしながら見ることができました。
戦争ものなのですが、会話が中心で新鮮でした。凄腕スナイパーに狙われて、壁から離れられない男のドキドキが伝わってすごく怖かったです。オチはどうなるんだろうと思っていたら、なんとも怖い終わりで…。すごく印象的でした。
上映時間は他の映画と比較して短かったので軽い気持ちでみましたが、終始予想を裏切られる展開に見入ってしまいました。声を潜めながらも一言一言が重たく、圧のあるスナイパーとの会話をよく聞くと、終盤で「そういうことだったのか」と点と点がつながりました。最後のシーンは本当に衝撃でした。

4位 ネバー・サレンダー 肉弾凶器

公開年 2007年3月3日
上映時間 92分
配給 20世紀フォックス
監督 ジョン・ボニート
メインキャスト ロバート・パトリック(ローム)
ケリー・カールソン(ケイト・トライトン)
アンソニー・レイ・パーカー(モーガン)
アビゲイル・ビアンカ(アンジェラ)
ジェローム・イーラーズ(ヴァン・ビューレン)

2007年の春に公開された映画「ネバー・サレンダー 肉弾凶器」にジョン・トライトンとして出演されており、元海兵隊員で、優秀であり、とても正義感が強い人物を演じられました。

WWEの人気レスラー、ジョン・シナが映画初主演を果たしたハード・アクション。

ネバー・サレンダー 肉弾凶器のあらすじ

海兵隊員のジョン(ジョン・シナ)はイラク作戦中、決死の活躍によって仲間を助け出し、英雄となる。しかしその行動が軍法に触れて除隊されてしまう。故郷に戻り、妻との静かな生活を始め、海兵隊員に染まったジョンは、ようやく採用された警備員の仕事中、ストーカー男を相手に大立ち回りをし、あっけなくクビにされてしまう。一方、ローム(ロバート・パトリック)を筆頭とするダイヤモンド強盗団は、プロの仕事で首尾よくダイヤモンド強奪に成功するが、警官嫌いで暴力的な仲間が暴走して、バズーカ砲をパトカーに打ち派手に爆発させてしまう。

ネバー・サレンダー 肉弾凶器の感想

肉弾凶器というぐらい、筋肉モリモリのジョン・シナさん!元プロレス、今レスラー。その筋肉を無駄にせず、ひとりで、敵に立ち向かう根性が素晴らしい!命までとるのは、いただけないが妻を取り戻す為には仕方ないのか。
元海兵隊のジョンが、強盗に連れ去られた津摩を救うためにたった一人で立ち向かうという、ありきたりでわかりやすいストーリー。アクションものだけど夫婦の愛も描いている。主人公が絶対に死なない映画だとわかりきって見ることができた。

まとめ

以上がジョン・シナの人気作品ランキングでした!

いかがでしたでしょうか?

バンブルビーのイメージが強い方もいらっしゃるかもしれませんが、実は幅広いジャンルで活躍をされており、いろんな姿を作品を通して観ることができますので、是非この機会に気になった作品を視聴してみてはいかがでしょうか?