海外映画(洋画)の動画情報をまとめたメディア|人気映画や最新映画を今すぐネットで無料視聴する方法紹介

ジーン・ハックマン

大人気作品である映画「スーパーマン」のレックス・ルーサーとして数々のファンを魅了してきたジーン・ハックマン。

その演じる役柄も芝居の感じも、とにかく熱く演じ切り、情熱的でパワフルで怒鳴ったり熱く議論したりする時に見せる時の、顔をクシャっとさせる独特の表情が素晴らしいと評価が高いです。顔や表情から性格は悪い人に見えますが、実生活でのハックマンは穏やかな性格で多くの人に反響を呼んでいますよね!

今回はジーン・ハックマンの出演作品のランキングと共に、まずはプロフィール情報から紹介していこうと思います♪

ジーン・ハックマンのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

ジーンバックマンの代表作を挙げたらキリがない。代表作がこんなに多い俳優っているかな。主役、脇役、仲間を助ける主人公も悪役も演じられるが、そんなに役に幅があるタイプの俳優ではない。 どんな役でもジーンハックマンなんだけど、これだけ長く飽きさせずに演じられる俳優はジーンハックマンしかいなないのではないかな。 俺たちに明日はないが1967年公開だから、デビュー作品はその前とすると、ひぇぇぇぇ、50年以上のキャリアはギネス級だな。 長生きして欲しい。まだまだジーンハックマンの演技が観たい! #ジーンハックマン

吉家章人(@akihitoyoshiie)がシェアした投稿 –

本名 Eugene Allen Hackman
生年月日 1930年1月30日
出身地 アメリカ合衆国 カリフォルニア州サン・バーナディノ
経歴 イリノイ大学卒業
身長 187 cm
SNS

1930年1月にアメリカ合衆国サン・バーナディノで誕生されたジーン・ハックマンですが、1964年にブロードウェイに進出し、同年「リリス」でノーマン役として見事デビューを果たしました。

1971年の映画「フレンチ・コネクション」ではジミー・ドイル の役でアカデミー主演男優賞 受賞、英国アカデミー賞 主演男優賞 受賞、ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ドラマ部門) を受賞しています。その他にも、1988年には「ミシシッピー・バーニング」ルパート・アンダーソン役でベルリン国際映画祭 銀熊賞 (男優賞) 受賞、1992年に「許されざる者」リトル・ビル・ダゲット役でアカデミー助演男優賞 受賞、英国アカデミー賞 助演男優賞 受賞、ゴールデングローブ賞 助演男優賞を受賞しています。興行収入が3.005億にもなる映画「スーパーマン」にも出演をされおり、大活躍されています!

このように俳優として引っ張りだこになっているジーン・ハックマンですが、イリノイ大学を卒業しており、俳優業だけでなく学業の方にも力を注いでいました。

そんなジーン・ハックマンは、小説家の一面もあり、考古学者のDaniel Lenihanと共にこれまで3冊の小説を出版しています。また、2010年には単独で小説Payback at Morning Peakを出版しているのが唯一趣味と言えるでしょう。ジーン・ハックマンといえば小説といった感じで想像もつかない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ここからはそんなジーン・ハックマンのおすすめ作品をランキング形式でまとめましたので、ご覧ください♪

ジーン・ハックマンの出演作品

数々の名作に出演しているジーン・ハックマンですが、どんな作品が人気なのでしょうか?

1位 スーパーマン

 

公開年 1979年6月30日
上映時間 144分
配給 ワーナー・ブラザース
監督 リチャード・ドナー
メインキャスト クリストファー・リーヴ(スーパーマン/クラーク・ケント)
マーゴット・キダー(ロイス・レーン)
マーロン・ブランド(ジョー=エル)
ネッド・ビーティ(オーティス)
ヴァレリー・ペリン(イヴ・テッシュマッカー)

1979年の春に公開された映画「スーパーマン」にレックス・ルーサーとして出演されており、世紀の天才犯罪者を自称する悪人を演じられました。

トップクレジットであり、ジョー役のマーロン・ブランドは冒頭十数分の出演だったにも関わらず、ギャラは主役のリーヴの10倍である400万ドルだったそうです。

たぶんこれが初めて作られたアメコミヒーローの大作映画だと思いますが、ヒーローと対立する悪役とが殴りあって戦ったりせずに、ひたすら人助けのシーンばかりにしたのが良いですね。超人的な能力や、人を助けるというヒーローのすべきこと、そして希望の象徴といったものが際立っていて、とてもヒーローらしい純粋なヒーロー映画でした。

スーパーマンのあらすじ

銀河系、惑星クリプトンでは、最上級犯罪者ゾッド将軍(テレンス・スタンプ)、ノン(ジャック・オハローラン)、アーサ(サラ・ダグラス)の3人の裁判の結果、時間の存在しない宇宙の囚人空間ファントム・ゾーンヘ追放された。しかし、クリプトンは太陽レッド・サンに急接近し最期の時を迎える準備をしていた。クリプトン科学の最高権威を持つジョー=エル(マーロン・ブランド)は、緊急事態であると訴えるが、最長老(トレヴァー・ハワード)もボンド・アー(マリア・シェル)もまるで信じない。そこで、彼は愛する息子を救うために、自分の持つ能力と意志を伝えるグリーン・クリスタルと一緒に息子を逃げさせ、妻ラーラ(スザンナ・ヨーク)と最期を迎えると決めた。

スーパーマンの感想

はじめのうちはマーロン・ブランドの独壇場だが、前半はいささか退屈で、娯楽性があまり感じられない。ジーン・ハックマンがコミカルな悪党を演じているものの、今ひとつ活躍しないのでがっかりした。しかし、ブランドとハックマンの名優二人がアメコミものに出演したことで、作品に貫禄が出たように思う。
ずっと見るのを敬遠していたのだが、いざ鑑賞してみるとやはり子ども向けで、演出の程度も低い。特撮がすぐに分かる。出演者は、主人公のクリストファー・リーヴは悪くない。しかしマーロン・ブランドとジーン・ハックマンという大物は本作では存在感を示せなかった。
元祖ヒーロー。あまりに王道すぎて途中で退屈するかなと思っていたけれど、そんなことは全然なかった。しょぼさは感じられるものの、何十年も前に作られたと考えると逆にすごいことだし、大ヒットしたのもよく分かる。CGは劣るが、ストーリーは古臭くなく、全く飽きなかった。

2位 訴訟

 

公開年 1991年11月2日
上映時間 110分
配給 20世紀フォックス
監督 マイケル・アプテッド
メインキャスト メアリー・エリザベス・マストラントニオ(マギー・ウォード)
コリン・フリールズ(マイケル・グレイザー)
ジョアンナ・マーリン(エステル・ウォード)
ラリー・フィッシュバーン(ニック・ホルブルック)
ドナルド・モファット(クイン)

1991年の秋に公開された映画「訴訟」にジェデダイア・タッカー・ウォードとして出演されており、弁護士を演じられました。

ジーン・ハックマンとメアリー・エリザベス・マストラントニオが父娘でありながら、敵味方に分かれて激しく闘う弁護士を演じています。フォード・ピント事件と、サマンサ・シャッド弁護士の実体験に基づいて制作されています。

「法廷」と「親子の絆」という重いテーマを扱っていながらも、すいすいとテンポよく進んでいくストーリーは全く苦になりません。だるさもなくあっという間にラストです。とても上手くまとまっていると思います。あっさり観れて、すっきりとした後味が魅力です。退屈する作品ではないので、気になったら観てみてください。

訴訟のあらすじ

1960年代以降、弱者の弁護に人生を捧げてきたジェディダイア・タッカー・ウォードは、全米有数の自動車会社アルゴの自動車メレディアンのリコール訴訟の準備を進めていた。一方で、ウォードの娘マギーも弁護士として職に就き、父と同じ道を歩んでいた。しかし彼女は父親の事を憎み恨んでいた。父は世間では英雄視されていたにも関わらず、女性関係で母エステル(ジョアンナ・マリーン)を泣かせてきたことを傍で見ていたからだ。父娘の間には深い溝があった。マギーは上司であり恋人でもあるマイケル・グレイザーに相談し、この裁判を担当させてもらうよう説得した。

訴訟の感想

ジーン・ハックマン、メアリー・エリザベス・マストラントニオが出ている法廷ドラマですが、本質は父と娘の関係と、その関係がもたらす浮き沈みで、それらを温かく、時にユーモラスに表現しています。俳優はみな良く、ハックマンはもちろん、いつものようにプロフェッショナルでした。
ほとんどの弁護士映画は仮定の問題を扱っていて、ただ興味をそそられたり、自分の過去を思い出したりするだけですが、この映画は未来への想像力を掻き立ててくれます。最後のシーンは涙が出るほど感動しました。ジーン・ハックマンがもっとも偉大な俳優の一人であることは今さら言うことではありませんね。
ジーン・ハックマンとメアリー・エリザベス・マストラントニオ、ラリー・フィッシュバーン、ドナルド・モファット、ジョアンナ・マーリン、フレッド・ダルトン・トンプソンなど、錚々たるメンバーが出演した1991年の作品で、よくできた脚本に加え、ハックマンとメアリー・エリザベスの素晴らしい演技のおかげで非常に素晴らしい映画になっていました。

3位 スケアクロウ

 

公開年 1973年9月22日
上映時間 113分
配給 ワーナー・ブラザース
監督 ジェリー・シャッツバーグ
メインキャスト アル・パチーノ(フランシス・ライオネル・“ライオン”・デルブッキ)
ドロシー・トリスタン(コーリー)
アン・ウェッジワース(フレンチー)
リチャード・リンチ(ジャック・ライリー)
アイリーン・ブレナン(ダーリーン)

1973年の秋に公開された映画「スケアクロウ」にマックス・ミランとして出演されており、喧嘩っ早く、どこか神経質な性格を演じられました。

アル・パチーノの妻を演じたペネロープ・アレンは、『狼たちの午後』(1975年)に銀行の主任役としてパチーノと共演しています。またパチーノが監督・主演したドキュメンタリー映画『リチャードを探して』(1996年)にイングランド王妃役として出演しました。

案山子のエピソードをもとに、沸点の低いマックスをライオンが事あるごとに徐々に諭していきます。変化も大事な要素ですが、この映画の最高にいいところは終わり方でしょう。二度表現された靴を枕の下におく理由が最後に分かります。往復チケットを買うことでその先の物語を観るものにハッピーエンドを期待させます。見終わった後の余韻がすごいです。

スケアクロウのあらすじ

俳優アル・パチーノとジーン・ハックマンが共演した話題作。ヒッチハイクでアメリカを横断する2人の男の熱い友情を描いたニューシネマの名作だ。南カリフォルニアの田舎町の路上で出会った短気で乱暴な男マックスと陽気で爽やかな青年ライオン。マックスは6年の刑期を終えた後、洗車店を始めるためにピッツバーグへと向かった。一方、ライオンは5年間船乗り生活を送った後、一度も会ったことのない我が子に会うためデトロイトを目指していた。性格も何もかも正反対な性格の2人は出会ってすぐ意気投合し、共に行動する事になるのだが・・・。

スケアクロウの感想

アルパチーノのインタビュー本を読んだがこの撮影ではジーンハックマンとソリが合わなかったようだ。私の記憶が正しければ、不仲のせいで途中で撮影ができなくなったはずだ。ラストは無理矢理感が出ているように思う。本当なら結末があったはずだが、ラストのいいとこで終わっているところが心残りだ。
スケアクロウとはカカシの事。ライオンのセリフ「カラスはカカシをばかにしているから、カラスは畑を襲わない」。相棒のマックスは頭に血が昇りやすく、いつもトラブルを起こす。そのマックスにライオンは「お前もカカシになるんだ。」と言うがマックスは変わるのか?素晴らしい青春映画です。
久しぶりに見たが、こんなジーン・ハックマンはこの映画の中でしか見られない。マックスは、心から愛すべき人物だ。男の友情映画っていえば気楽な感じだけど、なんとなく内容が深い。不器用な友への熱い思いに心で泣いた。こんな映画、今のご時世じゃ作れないだろうな。

4位 ターゲット

 

公開年 1985年12月7日
上映時間 117分
配給 東映クラシックフィルム
監督 アーサー・ペン
メインキャスト マット・ディロン(クリス・ロイド/デレク・ポッター)
ゲイル・ハニカット(ドナ・ロイド)
ジョセフ・ソマー(テイバー)
ガイ・ボイド(クレイ)
ヴィクトリア・フョドローヴァ(リセ)

2010年に海外で公開された映画「ターゲット」でウォルターを演じられましたが、海外のみでの公開となっており、日本では上映されていません。

1970年代後半から1980年代初頭にかけて人気若手女優のブームがありましたが、その後人気若手男優が中心のYA(ヤング・アダルト)スターブームに変わっていきました。そのブームを牽引したのがマット・ディロンでした。

『ザ・ダーク』同様、こちらもタイトルが単純すぎるものの最後まで楽しめた。話自体は何てことないのですが、85年というとマット・ディロンがアイドルスターから演技派俳優へと脱皮するためのステップを歩みはじめた時期だったと思うので、そういう意味ではなかなか味わい深い作品といえると思います。

ターゲットのあらすじ

ヴィクター・メイナード 54歳 独身、真面目な性格の彼は家業を継ぐ凄腕の殺し屋だった。しかし、老人ホームに入居している母ルイザからは、早く結婚して後継者をつくるように迫られている。そんな彼の次の標的はローズという女性。彼女は色仕掛けで絵画修復師のジェリーにレンブラント偽作を描かせてギャングのボス、ファーガソンに売りつけたが、作品が偽物であることがばれて命を狙われることになる。殺しの依頼を受けたヴィクターは、早速任務にかかろうとローズを尾行するが、邪魔が入り失敗が続き、なかなかうまく進まない。ルイザに叱咤されながらも、気を取り直して駐車場でローズを待ち受けていると、そこへファーガソンの部下が現れ彼女に銃を突き付ける。とっさにその男を撃ってローズの命を救ってしまったヴィクターは、もう1人の部下マイクに捕えられてしまうが、居合わせた青年トニーに助けられ、3人は一緒に逃げる事になる。

ターゲットの感想

よくあるお父さんと子どもの親子ものなんだろうなと思っていたら、奇妙なサスペンスの話になっていって驚いた。お父さんの過去が、思っていたよりも映画あるあるというか、よくある設定だと分かってからは、ちょっと冷めちゃったかなーという印象。
ディロンとハックマンが共演するという事で。大きな期待と共に映画館へ行ったが、残念な結果に・・・。同じ回で観ていた観客も同じ思いをしていたようだった。映画館なので当然無言ではあったのだが、重苦しい空気が流れていたのが伝わり、なんとも言えない気分になった。

ヨーロッパを旅行中に気づくと消息を絶っていた妻のドナを探すため、夫のウォルターと息子のクリスが二人でドナの捜索に当たる。しかしドナの失踪の原因には夫ウォルターの複雑な過去にあったようで…タイトルが単純すぎる気はしなくもないが、最後まで楽しく観ることができた。話自体は何てことない内容ではあるのだが、なかなか味わい深い作品といえるのではないだろうか。クリスが時折見せる年相応のあどけなさと、ふとした時に見せる大人びたような表情に終始目が釘付けになる。ただ、冒頭のシーンで母親の黒い下着を頭に被っているのは・・・

5位 レッズ

 

公開年 1982年4月10日
上映時間 194分
配給 CIC
監督 ウォーレン・ベイティ
メインキャスト ウォーレン・ベイティ(ジョン・リード)
ダイアン・キートン(ルイーズ・ブライアント)
ジャック・ニコルソン(ユージン・オニール)
エドワード・ハーマン(マックス・イーストマン)
モーリン・ステイプルトン(エマ・ゴールドマン)

1982年の春に公開された映画「レッズ」にピート・ヴァン・ウェリーとして出演されており、雑誌編集者を演じられました。

主演のウォーレン・ベイティが製作、監督、脚本も手掛け、1981年度アカデミー賞で最優秀監督賞(ウォーレン・ベイティ)、最優秀助演女優賞(モーリン・ステイプルトン)、最優秀撮影賞(ヴィットリオ・ストラーロ)を受賞しました。

まったく知らなかった歴史がボンボン出てきて興奮しまくりでした。さすがに”ロシア革命”って言葉だけは知っていますが、こういう時代だったんだって感じです。勉強になりました!!ただ、いろいろな主義や政党などの信念や利害に関する知識がないものですから、今ひとつ理解が浅くて表面だけわかった感じがします。革命さなかの臨場感、躍動感の演出が抜群で、観ているだけで震えがくる感じです。

レッズのあらすじ

ジョン・リード(ウォーレン・ベイティ)はハーバード大学を卒業後、ジャーナリストの道へと進んだ。第1次世界で街が燃え行くなか、欧州で火の手が上がった国際労働者同盟の闘争を目にすることで、初めて政治活動に目覚めた。アメリカがこの戦争に参入するのかどうか、知識人に対して深刻な問題を投げかけていたが、ジョンは断固として反対の姿勢を見せ続けた。1915年、ジョンは人妻であるルイズ・ブライアント(ダイアン・キートン)と知り合った。彼女も彼女で女性解放問題を抱え、現実との板挟みに悩み苦しんでいた。2人はお互いを尊重し合う事に合意し、同棲生活を始めた。

レッズの感想

どこまでが事実で、どこからがフィクションか分かりませんでした。歴史の荒波をかいくぐり、混乱した世の中を、愛し合い、すれ違い、生き抜く二人を描いています。ロシア革命を境に、前半と後半を分ける設定がよかったです。
ウォーレン・ベイティの『レッズ』は、『風と共に去りぬ』の次に好きな作品です。この映画はラブストーリーであると同時にドキュメンタリーでもあり、ジョン・リードと仲間についてだけでなく、第一次世界大戦時代の社会一般のことも知ることができます。
アメリカのジャーナリスト、ジョン・リードと1917年に起きたロシア革命の報道を扱った、およそ200分に及ぶ大作です。ウォーレン・ベイティは本作でアカデミー賞最優秀監督賞を受賞しました。ダイアン・キートン、ジャック・ニコルソン、モーリン・ステイプルトンの演技が作品に大きな深みを与え、ポール・ソルヴィノ、エドワード・ハーマン、ジーン・ハックマンらの脇役も印象に残りました。素晴らしい映画だと思います。

まとめ

以上がジーン・ハックマンの人気作品ランキングでした!

いかがでしたでしょうか?

スーパーマンのイメージが強い方もいらっしゃるかもしれませんが、実は幅広いジャンルで活躍をされており、いろいろな姿を作品を通して観ることができますので、是非この機会に気になった作品を視聴してみてはいかがでしょうか?