海外映画(洋画)の動画情報をまとめたメディア|人気映画や最新映画を今すぐネットで無料視聴する方法紹介

宝島の動画(字幕/吹き替え)を無料視聴する方法

『宝島』は、1950年の夏に公開された初めてカラーで劇場上映された宝島作品で、ディズニー作品初の全編実写作品です。ロバート・ルイス・スティーヴンソンの冒険小説『宝島』が原作になっています。

今回は『宝島』のフル動画を無料で見るための方法を、いろんな動画配信サービスやサイトを比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ちなみにU-nextなら『宝島』を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

 

宝島が視聴できる動画配信サービス一覧

動画配信サービスはいろんな種類がありますが、「宝島」を無料で視聴できるサイトをまとめました。

配信サービス名 字幕動画 吹き替え動画 月額・ポイント・無料期間
U-NEXT

見放題

× 31日間無料
月額1990円 600円分配布
Disney DELUXE

見放題

見放題

初月無料
月額770円 ポイントなし
Amazon プライムビデオ

見放題

見放題

30日間無料
月額500円 ポイントなし
Music.jp

299円

299円

30日間無料
月額1958円 1600円分配布
ビデオマーケット

299円

299円

初月無料
月額500〜2000円
540〜2160円分配布
TSUTAYA DISCAS

2000円

× 30日間無料
月額2417円 1100円分配布
Hulu × × 1ヶ月無料
月額960円 ポイントなし
クランクインビデオ × × 2週間無料 月額990円
2000ポイント配布
dTV × × 31日間無料
月額500円 ポイントなし
TELASA × × 30日間無料
月額562円 550円分配布
Abema TV × × 1ヶ月間無料
月額960円 ポイントなし
NETFLIX × × 無料期間なし
月額800円 ポイントなし
FOD × × 2週間無料
月額888円 900円分配布
Paravi × × 2週間無料
月額1027円 チケット1枚配布

U-nextなら登録してすぐに『宝島』を実質無料で視聴できます!

また、U-nextなら、宝島以外の全シリーズの取り扱いもありますし、31日間の無料期間があるのでゆっくり視聴できてオススメです。

さらに、U-NEXTは業界トップの作品数を取り扱っているので無料トライアル期間内でたくさんの作品を見放題で楽しむこともできます。

ですので、U-NEXTを使ったことがない場合は、ぜひ一度無料トライアルで試してみてください。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

とは言っても、 動画配信サービスに登録しなくても無料で見れるサイトもあるんじゃないの?と思う方もいるかもしれません。

そこで、動画配信サービスサイト以外の無料配信サイトでの「宝島」の配信状況に関してまとめてみました。

 

宝島の無料動画一覧

YoutubeやTverなど、無料動画視聴サイトにおいて、「宝島 字幕」 「宝島 吹き替え」で検索した結果が以下となります。

宝島の字幕動画

字幕動画の検索結果をまとめましたが、作品に関係する動画は表示されない傾向にあります。

youtubeでは取り扱いはありますが、購入またはレンタルをしないといけないのが現状となっています。

youtube GYAO ニコニコ動画
TVer 動画イズム

無料動画サイトで動画がなく、すぐに宝島を無料視聴したい場合は「U-next」がおすすめです♪

続いては吹き替え動画の検索結果です。

吹き替え動画

続いて、宝島の吹き替えの検索結果ですが、こちらもこの作品に関係する映像は表示されない傾向かあります。

youtubeなどで取り扱いはありますが、こちらも字幕と同様に、購入しないと視聴が出来ず無料で視聴できる動画は無料サイトでは見つかりませんでした。

youtube GYAO ニコニコ動画
TVer 動画イズム

ご確認いただけるように、ほとんどの場合は、フルの動画の視聴は難しく、画質や音質が悪いものが多いのが実情です。

仮にあったとしても著作権ですぐに削除されてしまうだけでなく、

このようにウイルスに感染し、個人情報を抜き取られたり、悪質なサイトに入ってしまうリスクも高くあるのです。

しかし、動画配信サービスを利用すれば

  • ウイルスに感染する可能性がない
  • 高画質・高音質でフル動画を観ることができる
  • 途中で広告などが入ってこない

といったメリットがあるだけでなく、『U-next』であれば、31日間の無料トライアル期間があるので、ストレスなく視聴できてオススメです♪

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

以上、宝島を無料で視聴する方法を説明しましたが、宝島に至るまでの流れを忘れている方も多いのではないでしょうか?

より、宝島を楽しんで頂くために、過去のあらすじと共に作品情報もまとめましたのでご覧ください!

 

宝島のあらすじ

ある海辺のさびれた宿屋に、ジム・ホーキンズという少年が働いていました。ある日そこにビリー・ボーンズという、顔に刀傷がある大男が大きな箱を持って現れました。彼は「片足の男」にひどく脅えており、ホーキンズ少年こう言いつけました。「片足の男に気をつけろ。4ペンス銀貨やるから、片足の男が現れたら、すぐ俺に知らせろ」と。
しばらくするとビリー・ボーンズを追ってきたであろう怪しい人物を見かけるようになりました。毎日の様にラム酒を飲む様になったボーンズですが、ある晩、突然死んでしまいました。彼の死の原因は、ある一枚の紙切れを見せられたことによるショック死でした。
ボーンズが死んだ後、ホーキンズ少年は郷士のトレローニと医者のリブシーと一緒に、彼が持っていた大きな箱を調べることにしました。
すると、その中の帳面から彼が海賊船の一味であったことを知ります。
さらに、海賊たちが大西洋の孤島に隠したとされる宝の地図を見つけるのでした。
3人は財宝を探しに行くことに決め、早速トレローニとリブシーはブリストルで船を仕立てました。
航海などしたことのない3人でしたが、レトローニが航海に詳しそうなジョン・シルバーという片足の男と知り合い彼の助けで乗組員を集めることが出来ました。そして、コックとして同行することにしたシルバーとともにブリストルの港を出発したのです。
航海の中、ホーキンズ少年はシルバーと乗組員が反乱の相談をしているのを耳にしました。なんと、彼は元フリント海賊団の一味で乗組員にも彼の海賊仲間がいたのです。
ホーキンズ少年はそれを船長スモレットにこっそり報告しました。
船は宝島に到着し、予想通りシルバー達は反乱を起こしますが、スモレットに報告していたおかげでトレローニやリブシー医師らと脱出に成功し、彼らとともに海賊一味と戦いました。
戦いの中から、昔この島に置きざりにされた元海賊のベン・ガンと出会い彼の助けも借りて、一行は海賊たちとの戦いに勝利しました。そして、遂に財宝を手に入れることができたのです。
ホーキンズた一向はシルバーと何人かの仲間は生き残りの降伏を受け入れてともに島を後にしました。途中の島で、処罰を恐れたシルバー達は銀貨の入った袋を盗んで姿を消すということもありましたが一行は長い航海の末イギリスにたどり着きます。
そして、財宝を分け合いそれぞれの道に進むのでした。

宝島の作品情報

公開日 1950年6月22日
配給 RKO
制作国 イギリス、アメリカ合衆国
上映時間 96分
公式サイト https://www.disney.co.jp/

様々な海賊映画の元祖と言われている作品です。物語はシンプルですが、爽快な冒険物語!として楽しめる映画です!

余談ですが、パイレーツ・オブ・カリビアンのキャプテンバルボッサと本作品のジョン・シルバー船長の話し方や動作がとてもそっくりで、バルボッサのやくはここから影響を受けてるんではないか?と思われるぐらいなので注目して見てください!

よりハリーポッターの世界観に浸ることができるように、既に試聴されたハリーポッターファンの興奮しているリアルな声も集めてみました!

宝島の感想

作品の感想

sarapi(30代・女性)
本作は、小国ながら様々な土地柄のある日本の中でも特に独特で、民族の誇りと多くの文化が息づく島「沖縄」の戦後の沖縄が舞台となっている。時代に翻弄される若者の姿が描かれており、かつて起こった、とても忘れられない悲惨な青春に決着をつけるべく、繰り広げられていく若者の冒険譚である。

戦争による多大な被害を受け敗戦し、アメリカ軍による土地の占領を経て、日本の統治下となった沖縄。元々あった文化や価値観が日に日に変わっていく。しかし、そんな状況の中でもひっそりと、確かに息づく力強い琉球魂を読者は感じることが出来る。また、本作の登場人物は全て本を通して熱気が伝わってくるほど生命力に溢れており、皆生き生きと描かれている。
主要人物は4人だが、全編を通じて主要人物の心を占めている「オンちゃん」は、実は冒頭のシーンにしか登場しておらず、その大半はグスクやレイ、ヤマコらといった残された者の目を通して蘇るばかりなのである。オンちゃんは島の英雄なのだが、消息不明になっている。消息不明であるがゆえに皆の脳裏にしっかりと焼き付いており、不変で色あせることがない。それはまるで荒波の中、静かに海底に沈んでいる石のように、時代のうねりにのまれずブレない、誇り高き琉球の人々の魂を示唆しているようでもある。
限りなく現実的な描写であるが、現実の中の非現実の描写がとても素晴らしく、基地の中の御嶽のシーンは特に胸に沁みるものがあった。
真相が明らかになるラストシーンは、胸が締め付けられるような切ない気持ちになる。

本作は、琉球民族に根付くスピリチュアルな部分があり、作品内だけでなく見ている側もまた、神秘的な体験をしているような気分になることが出来るので、同じ気持ちで謎を解き明かしていくわくわく感がある。予測できないような展開が続き、更にわくわく感は増していく。そこで改めて、熱量のすごさを感じられる作品であることを再認識させられる。だが、わくわく感だけではない。これは悲惨な青春に決着をつけるべく繰り広げられる冒険譚なのだ。楽しい場面もあれば、説明しきれないような哀愁や悲壮感もある。
はらはらわくわくさせられる昂ぶりから、本のページを読み進める手が止まらなくなる。しかし、それに反してページをめくることがもったいない、そんな相反した感情を抱きながらも、夜更かしをしてしまうほどに結局はページを読み進めてしまう。とても新鮮な作品なため、書籍には留まらず、まるで映画を見ているようなそんな気分になる作品だ。

「沖縄」という特殊な島を取り扱う本作だが、驚くことに作者は東京出身なのだという。このような具体的に土地にフォーカスをあてている作品を書くにあたり、沖縄出身でない作者が本作品を書くことはとても苦悩したであろうことが伺える。しかし本作は全編を通して、沖縄に対しての敬意に溢れていることから、本作を執筆するにあたり、沖縄にとっての戦争と戦後の生活の移り変わりや米軍基地問題など、入念に下調べを行っていることも伺える。
作品の中で米軍基地問題に触れているが、ただ批判的に語るのではなく、土地の異物として、存在しているのがさも当然のように物語中に登場させている。政治的思想や思想の偏りなどは一切感じられず、限りなく沖縄の人々を尊重し、寄り添いながら作品を構成しているのだと感じられる。

この物語に登場する、”米軍基地をとりまくアメリカ”と”大和人”という沖縄人の視点は、本州の生まれである私にはない視点で、沖縄の文化や伝統・民族の誇りが、アメリカと自国である日本によって傷つけられてきたという歴史を考えるきっかけとなった。久しぶりに傑作と思える作品に出会うことが出来ました。


ぽいっぷしゅがー(30代・女性)
「宝島」のストーリーは、戦後の沖縄という、日本の中でも独特の民族の誇りと文化をもつ地で、若者が悲惨な青春に決着をつけるための冒険を描いたものです。

戦争のさなか、アメリカ軍による占領ののち、日本の統治下となった沖縄。
琉球民族特有のスピリチュアルな描写もあり、めまぐるしく変わる環境の中でもひそかに、しかし確固とした琉球の魂を感じることができます。

予測できない展開には謎解きのようなわくわく感があり、読み進める手が止まりませんでした。
しかしそのわくわく感とは対照的に、哀愁や悲壮感もはらんでいます。
本を読んでいるはずなのに、映画を見ているような、新鮮な気持ちになりました。

登場人物は本を通して熱気が伝わってくるほど、生き生きと描かれています。
時代の波にのまれない、高い誇りをもつ琉球の魂が感じられました。

意外にも、作者の方は東京出身だそうです。
どこかの地についてこのような具体的な物語を作るというのにはたいへん苦悩されたと思います。
全編を通して沖縄に対する敬意があふれており、筆者の方が詳細に取材したことが想像できます。
書中に登場する沖縄人の”アメリカー”と”大和人”という視点は、本州で生まれ育った私にはない視点でした。

米軍基地問題に触れていますが、批判的な描写はなく、そこに当然のように存在するものとして物語中に登場させていました。
思想の偏りや、政治的思想なども感じることなく、とても沖縄の人々に寄り添った作品の構成だと思います。
沖縄の伝統と民族の誇りがアメリカと日本によって傷つけられてきた歴史を改めて考えさせられました。

ファンの方が宝島に興奮しているのがよくわかりますね!

感想だけでなく、実際に映像を通して見たいなと思ったら是非U-nextで無料視聴してみてくださいね!

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

それでは最後に宝島の出演者や声優の情報をまとめて見ていきたいと思います。

宝島のキャスト・吹き替え声優

ジム・ホーキンス役:ボビー・ドリスコール(村上想太)
映画「宝島」の登場人物

ロング・ジョン・シルヴァー :ロバート・ニュートン  (玄田哲章)
映画「宝島」の登場人物

スモレット船長 :ベイジル・シドニー(中村秀利)
映画「宝島」の登場人物。

トレローニー :ウォルター・フィッツジェラルド(池田勝)
映画「宝島」の登場人物。

リヴジー医師 :デニス・オディア(てらそままさき)
映画「宝島」の登場人物。

ビリー・ボーンズ船長 :フィンレイ・カリー(藤本譲)
映画「宝島」の登場人物。

ジョージ・メリー: ラルフ・トルーマン (辻親八)
映画「宝島」の登場人物。

宝島のスタッフ

  • 監督: バイロン・ハスキン
  • 脚本: ローレンス・エドワード・ワトキン
  • 原作: ロバート・ルイス・スティーヴンソン 、 ロバート・ルイス・スティーヴンソン 、 ロバート・ルイス・スティーブンソン
  • 製作: パース ピアース
  • 製作総指揮:ライオネル・ウィグラム
  • 撮影監督: F・A・ヤング
  • 音楽: クリフトン・パーカー

宝島の関連作品

  • マイ・インターン
  • ジョジョ・ラビット
  • テッド
  • テッド2

 

宝島を無料視聴する方法まとめ

今回は映画「宝島」を無料でフル視聴する方法を紹介いたしました。

様々な動画配信サービスやサイトがある中でもやはりオススメなのは『U-next』です。

こちらの作品だけでなく、他にも見放題作品が90000本以上もあるため期間内にたくさん見ることができますので、 まだU-nextの無料お試しトライアルに申し込まれたことがない場合は是非この機会に体験をしてみませんか?

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴