海外映画(洋画)の動画情報をまとめたメディア|人気映画や最新映画を今すぐネットで無料視聴する方法紹介

生きてこその動画(字幕/吹き替え)を無料視聴する方法

『生きてこそ』は、1972年10月、学生ラグビーチームら45名を乗せた旅客機が厳寒のアンデス山脈に墜落し、16人が無事に生還したドキュメンタリーを原作にしたアメリカ映画です。

極限状態で人間はどのような行動にでるのでしょうか。生きるために。

今回は『生きてこそ』のフル動画を無料で見るための方法を、いろんな動画配信サービスやサイトを比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ちなみにTsutaya Discasなら『生きてこそ』を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

生きてこそが視聴できる動画配信サービス一覧

動画配信サービスはいろんな種類がありますが、「生きてこそ」を無料で視聴できるサイトをまとめました。

 

配信サービス名 字幕動画 吹き替え動画 月額・ポイント・無料期間
TSUTAYA DISCAS

実質無料

実質無料

30日間無料
月額2417円 1100円分配布
U-NEXT × × 31日間無料
月額1990円 600円分配布
Hulu × × 1ヶ月無料
月額960円 ポイントなし
クランクインビデオ × × 2週間無料 月額990円
2000ポイント配布
Amazon プライムビデオ × × 30日間無料
月額500円 ポイントなし
Music.jp × × 30日間無料
月額1958円 1600円分配布
dTV × × 31日間無料
月額500円 ポイントなし
ビデオマーケット × × 初月無料
月額500〜2000円
540〜2160円分配布
TELASA × × 30日間無料
月額562円 550円分配布
Abema TV × × 1ヶ月間無料
月額960円 ポイントなし
NETFLIX × × 無料期間なし
月額800円 ポイントなし
FOD × × 2週間無料
月額888円 900円分配布
Paravi × × 2週間無料
月額1027円 チケット1枚配布
Disney DELUXE × × 初月無料
月額770円 ポイントなし

Tsutaya Discasならなら登録してすぐに1100円分のクーポン(1100ポイント)が配布されるので、そのポイントを使えば『生きてこそ』(440円)を実質無料で視聴できます!

また、Tsutaya Discasなら、生きてこそ以外の全シリーズの取り扱いもありますし、30日間の無料期間があるのでゆっくり視聴できてオススメです。

さらに、Tsutaya Discasは10000作品の見放題動画に加えて、DVDのレンタルも無料で借り放題となっていますので、ほとんどの作品が網羅されており、観たいと思っていた作品もこの機会に楽しむことができます!

ですので、Tsutaya Discasを使ったことがない場合は、ぜひ一度無料トライアルで試してみてください。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

とは言っても、 動画配信サービスに登録しなくても無料で見れるサイトもあるんじゃないの?と思う方もいるかもしれません。

そこで、動画配信サービスサイト以外の無料配信サイトでの「生きてこそ」の配信状況に関してまとめてみました。

生きてこその無料動画一覧

YoutubeやTverなど、無料動画視聴サイトにおいて、「生きてこそ 字幕」 「生きてこそ 吹き替え」で検索した結果が以下となります。

生きてこその字幕動画

字幕動画の検索結果をまとめましたが、予告編や、映画のワンシーンを切り取った動画などが主な検索結果となっています。

youtubeでは取り扱いはありますが、購入またはレンタルをしないといけないのが現状となっています。

youtube GYAO ニコニコ動画
TVer 動画イズム

無料動画サイトで動画がなく、すぐに生きてこそを無料視聴したい場合は「U-next」がおすすめです♪

続いては吹き替え動画の検索結果です。

吹き替え動画

続いて、生きてこその吹き替えの検索結果ですが、こちらも予告編や映画のワンシーンの動画が表示される傾向にあります。

字幕と違う点は、映画のワンシーンがより多く表示されている傾向にあるというところです。

youtubeなどで取り扱いはありますが、こちらも字幕と同様に、購入しないと視聴が出来ず無料で視聴できる動画は無料サイトでは見つかりませんでした。

youtube GYAO ニコニコ動画
TVer 動画イズム

 

ご確認いただけるように、ほとんどの場合は、フルの動画の視聴は難しく、画質や音質が悪いものが多いのが実情です。

仮にあったとしても著作権ですぐに削除されてしまうだけでなく、

このようにウイルスに感染し、個人情報を抜き取られたり、悪質なサイトに入ってしまうリスクも高くあるのです。

しかし、動画配信サービスを利用すれば

  • ウイルスに感染する可能性がない
  • 高画質・高音質でフル動画を観ることができる
  • 途中で広告などが入ってこない

といったメリットがあるだけでなく、『Tsutaya Discas』であれば、30日間の無料トライアル期間があるので、ストレスなく視聴できてオススメです♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

以上、生きてこそを無料で視聴する方法を説明しましたが、生きてこそに至るまでの流れを忘れている方も多いのではないでしょうか?

より、生きてこそを楽しんで頂くために、過去のあらすじと共に作品情報もまとめましたのでご覧ください!

 

生きてこそのあらすじ

1972年10月13日、飛行機が遠征試合のため南米、ウルグアイからチリへと飛びだちました。
飛行機にはステラ・マリス学園のラグビーチームとその家族・友人計45名が乗っていました。

その飛行機はアンデスアンデス山脈の岩肌に激突してしまい墜落しました。
食料は少しのチョコレートと飲み物はワイののみ。
救助は打ち切りとなってしまい、生存者たちが生き残るために取った行動とは・・。

音信普通で救助を待つしかない状況でしたが、キャプテンのアントニオ(ヴィセント・スパーノ)は一面の雪景色の中に広がる惨状にたじろぐが、医学生のロベルト(ジョシュ・ハミルトン)やカリトス(ブルース・ラムゼイ)らと協力しながら怪我人の手当をしてました。
27名の生存者たちは翌朝犠牲者を之に埋めて祈りました。
その次の日ナンド(イーサン・ホーク)が瀕死状態から奇蹟的に息を吹き返しました。
事故が発生してから10日が経過した朝、生き残っていた人たちは生きるために仲間の死体を食べることを選びました。

生き残った16名にも衰弱の色が目立ち始めました。
なんとかして山を越えようとして、61日目にナンドはロベルトとティンティン(ジョン・ハイムズ・ニュートン)と一緒に出発しました。
ティンティンは途中で引き返すことになりましたが、ナンドとロベルトはついに山の麓にたどり着きました。
そして、生き残った人達は救助隊に助けられて無事生還することができました。

 

生きてこその作品情報

公開日 1993年1月15日
配給 ブエナ・ビスタ・ピクチャーズ
制作国 アメリカ合衆国
上映時間 126分
公式サイト https://www.allcinema.net/cinema/1804/

ウルグアイ学生ラグビーチームら45名が乗った飛行機がアンデス山脈に激突・墜落。

厳しい雪山に放り出された生存者たち、生き残るために選んだ道は?

人間はどこまで生きることにしがみつけるのでしょうか、あなたなら、どうしますか。

事実を元に描かれた「生きてこそ」を既に試聴されたリアルな声も集めてみました!

生きてこその感想

作品の感想

Mika0903(50代・女性)
私がこの映画を見たのは、すごくすごくむかしのことです。多分20年以上も前に、レンタルビデオ屋さんからレンタルをして一人で見ました。それなのに、今でもこの映画のストーリーを鮮明に覚えている程、強烈な衝撃を与える映画です。非常にデリケートな実話をすごく上手に映画化したなーと感じる映画です。とりわけ、印象に残っているのは、やはり、飛行機の冬山墜落事故の後、生き延びるために、先に餓死や、怪我、寒さなどから死んでしまった仲間の死体を食べてでも生き延びるか、食べずに生きる事を諦めるかの究極の選択を迫られるシーンです。それぞれの倫理観や哲学に基づき、人肉を食べた人、食べなかった人に分かれます。作品の流れは、すごくテンポが良くて、わりと最初の方にすぐ飛行機が墜落してしまいます。そこからの人間の葛藤や心理描写をすごい丁寧に描いている名作だと思います。この作品は、一度見たら、強烈な印象が心に残ります。未成年や小さいお子さんには勧めません。自分のアイデンティティが確立した年代以上が、じっくり人生観について考えるのには、凄く良い作品だと思います


yamakita(50代・女性)
1972年の実際に起きた旅客機墜落事故をハリウッドが映画化したもので、ウルグアイの学生ラグビーチームが乗った飛行機が墜落した極寒の地での生き残りをかけたサバイバルは当時の生存者が制作に協力したこともあり作品に大きなリアリティーを持たせることに成功していると思います。生きるために最後まで必死に努力し続け生還を果たすまでの姿に、驚愕と共に拍手を贈りたくなる作品でした。人間として道徳上の賛否が分かれる場面もありますが、それ以上に極限の状態でいかに希望を見出し、諦めずに自分自身を信じ進んでいったかということに着目して見て欲しいです。遭難当初は墜落で亡くなった人を雪の中に埋葬したり、上空に飛行機が飛んできたことですぐに助かると思い込み食料を食べつくしてしまったりとまだ余裕もあり人間らしいのですが、次第にいつ終わるとも知れない遭難生活と飢えに自我が無くなっていき、最後に究極の選択に迫られていくシーンは印象的であり、自分だったらどちらか選択出来るのだろうかと考えたりしますが、この答えは同じ境遇にならなければ分からないのかもしれません。自分を叱咤したい時や、前向きな気持ちになりたい時などにお勧めの映画だと思います。

ファンの方が生きてこそに興奮しているのがよくわかりますね!

感想だけでなく、実際に映像を通して見たいなと思ったら是非Tsutaya Discasで無料視聴してみてくださいね!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

それでは最後に生きてこその出演者や声優の情報をまとめて見ていきたいと思います。

生きてこそのキャスト・吹き替え声優

ナンド・パラード – イーサン・ホーク(吹替:宮本充)
アントニオ・バルビ – ヴィンセント・スパーノ(吹替:大塚明夫)
ロベルト・カネッサ – ジョシュ・ハミルトン(吹替:江原正士)
カルロス・”カルリトス”・パエス- ブルース・サムゼイ(吹替:中田和宏)
アントニオ・”ティンティン”・ビシンティン – ジョン・ハイムス・ニュートン(吹替:関俊彦)
グスターボ・セルビノ – デヴィッド・クリーゲル
ロイ・ハーレイ – ケヴィン・ブレズナハン(吹替:中原茂)
ハビエル・メトル – サム・ベーレンズ(吹替:西村知道)

生きてこそのスタッフ

  • 監督: フランク・マーシャル
  • 脚本:ジョン・パトリック・シャンレー
  • 原作:ピアズ・ポール・リード
  • 製作:ロバート・ワッツ キャスリーン・ケネディ
  • 撮影監督: ピーター・ジェームズ
  • 編集:ウィリアム・ゴールデンバーグ マイケル・カーン
  • 音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード

生きてこその関連作品

  • たとえば願いが叶うなら
  • デスランド
  • ビフォア・ミッドナイト
  • クロッシング・デイ

 

生きてこそを無料視聴する方法まとめ

今回は映画「生きてこそ」を無料でフル視聴する方法を紹介いたしました。

様々な動画配信サービスやサイトがある中でもやはりオススメなのは『Tsutaya Discas』です。

こちらの作品だけでなく、他にも見放題作品が10000本以上もあり、旧作をレンタルし放題なため期間内にたくさん見ることができますので、 まだTsutaya Discasの無料お試しトライアルに申し込まれたことがない場合は是非この機会に体験をしてみませんか?

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴