海外映画(洋画)の動画情報をまとめたメディア|人気映画や最新映画を今すぐネットで無料視聴する方法紹介

フード・インクの動画(字幕/吹き替え)を無料視聴する方法

『フード・インク』は、2011年の冬に公開された映画で、遺伝子組み換え食品の問題など、農業や畜産業の巨大工業化が生み出した数々の弊害を、ドキュメンタリー映画として描いた作品です。

今回は『フード・インク』のフル動画を無料で見るための方法を、いろんな動画配信サービスやサイトを比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ちなみにTsutaya Discasなら『フード・インク』を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

フード・インクが視聴できる動画配信サービス一覧

動画配信サービスはいろんな種類がありますが、「フード・インク」を無料で視聴できるサイトをまとめました。

配信サービス名 字幕動画 吹き替え動画 月額・ポイント・無料期間
TSUTAYA DISCAS

見放題

× 30日間無料
月額2417円 1100円分配布
Amazon プライムビデオ

300円

× 30日間無料
月額500円 ポイントなし
Music.jp

330円

× 30日間無料
月額1958円 1600円分配布
ビデオマーケット

330円

× 初月無料
月額500〜2000円
540〜2160円分配布
クランクインビデオp × × 2週間無料 月額990円
3000ポイント配布
dTV × × 31日間無料
月額500円 ポイントなし
Hulu × × 1ヶ月無料
月額960円 ポイントなし
TELASA × × 30日間無料
月額562円 550円分配布
Abema TV × × 1ヶ月間無料
月額960円 ポイントなし
NETFLIX × × 無料期間なし
月額800円 ポイントなし
FOD × × 2週間無料
月額888円 900円分配布
Paravi × × 2週間無料
月額1027円 チケット1枚配布
Disney DELUXE × × 初月無料
月額770円 ポイントなし

Tsutaya Discasなら登録してすぐに1100円分のクーポン(1100ポイント)が配布されるので、そのポイントを使えば『フード・インク』(400円)を実質無料で視聴できます!

また、Tsutaya Discasなら、フード・インク以外の全シリーズの取り扱いもありますし、30日間の無料期間があるのでゆっくり視聴できてオススメです。

さらに、Tsutaya Discasは10000作品の見放題動画に加えて、DVDのレンタルも無料で借り放題となっていますので、ほとんどの作品が網羅されており、観たいと思っていた作品もこの機会に楽しむことができます!

ですので、Tsutaya Discasを使ったことがない場合は、ぜひ一度無料トライアルで試してみてください。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

とは言っても、 動画配信サービスに登録しなくても無料で見れるサイトもあるんじゃないの?と思う方もいるかもしれません。

そこで、動画配信サービスサイト以外の無料配信サイトでの「フード・インク」の配信状況に関してまとめてみました。

 

フード・インクの無料動画一覧

YoutubeやTverなど、無料動画視聴サイトにおいて、「フード・インク 字幕」 「フード・インク 吹き替え」で検索した結果が以下となります。

フード・インクの字幕動画

字幕動画の検索結果をまとめましたが、予告映像や映画の批評動画などが主な検索結果となっています。

youtubeでは取り扱いはありますが、レンタルをしないといけないのが現状となっています。

youtube GYAO ニコニコ動画
TVer 動画イズム

無料動画サイトで動画がなく、すぐにフード・インクを無料視聴したい場合は「U-next」がおすすめです♪

続いては吹き替え動画の検索結果です。

吹き替え動画

続いて、フード・インクの吹き替えの検索結果ですが、こちらも予告映像や映画の批評動画が表示される傾向にあります。

字幕と違う点は、予告動画がより多く表示されている傾向にあるというところです。

youtubeなどで取り扱いはありますが、こちらも字幕と同様に、レンタルしないと視聴が出来ず無料で視聴できる動画は無料サイトでは見つかりませんでした。

youtube GYAO ニコニコ動画
TVer 動画イズム

 

ご確認いただけるように、ほとんどの場合は、フルの動画の視聴は難しく、画質や音質が悪いものが多いのが実情です。

仮にあったとしても著作権ですぐに削除されてしまうだけでなく、

このようにウイルスに感染し、個人情報を抜き取られたり、悪質なサイトに入ってしまうリスクも高くあるのです。

しかし、動画配信サービスを利用すれば

  • ウイルスに感染する可能性がない
  • 高画質・高音質でフル動画を観ることができる
  • 途中で広告などが入ってこない

といったメリットがあるだけでなく、『Tsutaya Discas』であれば、30日間の無料トライアル期間があるので、ストレスなく視聴できてオススメです♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

以上、フード・インクを無料で視聴する方法を説明しましたが、フード・インクの内容を知らない方や流れを忘れている方も多いのではないでしょうか?

より、フード・インクを楽しんで頂くために、映画のあらすじと共に作品情報もまとめましたのでご覧ください!

 

フード・インクのあらすじ

アメリカにおける食生活に生じた変化は、過去1万年よりもここ50年間の方が遥かに大きい。スーパーに四季は関係なく、常に豊富な食材が並ぶ。それは人工的に熟させた概念としての商品が並んでいるからだ。青果のみならず食肉は「農場」ではなく「工場」の流れ作業によって生産される。利益優先の巨大企業がフードシステムを支配することで、人間の健康以外にも危険が迫っている。
1930年代に登場した「ドライブ・イン」は「工業フードシステム」の発端となり、外食店経営に画期的革命を起こした。熟練した調理人の能力よりも、低賃金で代わりのきく人員の雇用を優先することで、世界中のどこで食べても美味しい食事を提供することが可能となった。巨大な買い手となった一握りの企業は巨大な売り手を求め、生産業者の占有率も変えてしまった。
さらに化学の進化は養鶏場を「ただヒナを預かる場所」へと変化させてしまった。消費者が好む大きい胸肉の鶏を供給するため、従来の1/2の期間で2倍のサイズの鶏を育てることに成功したが、体重を支えきれず2.3歩進むだけで足が折れてしまう異常な個体が完成してしまう事態。「チキン」を育てるのではなく、機械によって個体差のない食品を大量に作っている。

 

フード・インクの作品情報

公開日 2011年1月22日
配給 アンプラグド
制作国 アメリカ合衆国
上映時間 94分
公式サイト https://www.cinemacafe.net/official/foodinc/

アカデミー賞にもノミネートされた話題作でしたが、日々の健康や食の安全性について、とても考えさせられる内容です。

アメリカの農業・畜産業の実態と、人々の食生活はどうなるのでしょうか?

よりフード・インクの世界観に浸ることができるように、既に視聴された皆様のリアルな声も集めてみました!

フード・インクの感想

作品の感想

EclairOwl(40代・男性)
中国の農産物と並んで、アメリカのコーンや牛肉についての危険性に関しては前から知っていました。しかし、今回拝見した作品『フード・インク』を通して、アメリカの生産工場での、すごいスピードで処理をされ、生産の過程を通り過ぎていく牛肉を見て、改めてその恐ろしさを実感しました。新型肺炎、コロナウイルスの流行が世界的に始まったせいもあり、TPPの話題も報道されなくなってしまったようです。しかし、利益ばかりを追求した結果、安全性が蔑ろにされている現在のアメリカのやり方で育った牛の牛肉などがどんどん日本に輸入されてしまい、この国の食卓に並んでいくと思うと恐ろしいです。このようなやり方を続けていたら、いつか人間は食中毒など、なんらかのかたちでしっぺ返しを食らうと思います。しかし、そんなアメリカにも今のやり方に疑問を持ち、警鐘を鳴らす農家さんたちなど、行動をおこしている人たちがいることを知って少しばかり安心しました。牛は本来であれば草を食べて生活をする生き物であり、コーンを食べません。これはとても重要なことであると考えています。


Jas2(30代・男性)
消費者一人ひとりが意識しながら、食材のことを考えて、生活しなければならないと改めて感じた作品です。スーパーに並ぶ前の食材のことも、もちろんそれを作っている生産者の人たちのことも含めてです。この作品では、中国の農産物だけでなく、アメリカのコーンや牛肉についての危険性を改めて認識しました。コロナの影響でTPPの話も、あまりされなくなってしまったようですが、利益ばかりを追求して安全性をおろそかにするやり方は、辞めた方が良いと思いました。現在も行われているアメリカの育て方で育った牛肉が、どんどん日本へ流入してくると考えると、身の毛がよだちます。きっとこのような生物をもてあそぶやり方をしていれば、人類はしっぺ返しに遭うと思います。一方で、映画を観て、アメリカにもこの状況に危機感を感じる農家関係者がいることを知って、安心しました。
最終的に、オーガニックを選ぶと決められる理由は、オーガニックでないことによって、被害を被る被害者がいるということだと思います。これは、人間だけではなく動物たちへの影響も含まれます。何かが傷つくと知った時に、人は変わろうとするのかもしれません。そのような意味で、この作品は人々の良心に訴え、変わるきっかけの一つを与えることに繋がると思います。

舞台はアメリカですが、日本の私達の食生活についても、改めて恐ろしさを実感しましたね。

感想だけでなく、実際に映像を通して見たいなと思ったら是非Tsutaya Discasで無料視聴してみてくださいね!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

それでは最後にフード・インクの出演者や声優の情報をまとめて見ていきたいと思います。

フード・インクのキャスト・吹き替え声優

エリック・シュローサー
アメリカのジャーナリスト・脚本家であり、この作品の共同プロデューサー。食に関する啓発記事を多数執筆しており、代表作の「ファストフードが世界を食いつくす(Fast food nation)」が有名である。

R・ロブ
全米養鶏協会に在籍している。養鶏産業のモデルケースが実現すると利点が多いと語る人物。

ヴィンス・エドワーズ
ダイソン社と契約している農家。16棟の鶏舎を保有し、30万羽以上もの鶏を育てている。科学の進歩に感謝し、金儲けを優先する養鶏家。

キャロル・モリソン
パーデュー社と契約している農家。大勢の農家が取材を拒否する一方で、唯一取材に応えてくれた農家。昔ながらの開放型の鶏舎を使用している。

マイケル・ポーラン
「雑食動物のジレンマ」の著者。食べ物を語る権利を主張している。目の前の事実と異なっている実態を暴こうとする。

L・ジョンソン
アイオワ州立大学、穀物利用研究室に在籍している。多くの食品の原料となる「高果糖コーンシロップ」の発明に携わっている。

バーバラ・コワルチク
「食の安全」を提唱している。6年前に汚染された食材がきっかけで、自身の息子を失うという経験をしている。

J・サラティン
ポリフェイス農家。自然との共存をした上で、有機農家を実践している農家。

フード・インクのスタッフ

  • 監督:ロバート・ケナー
  • 脚本:ロバート・ケナー
  • 製作:ロバート・ケナー エリス・ピアルスタイン
  • 製作総指揮:ロビン・スコア ジェフリー・スコール ダイアン・ワイヤーマン
  • 撮影監督:リチャード・ピアース
  • 編集:キム・ロバーツ
  • 音楽:マーク・アドラー

フード・インクの関連作品

  • いのちの食べかた
  • キング・コーン 世界を作る魔法の一粒
  • 100,000年後の安全
  • パリ・オペラ座のすべて

 

フード・インクを無料視聴する方法まとめ

今回は映画「フード・インク」を無料でフル視聴する方法を紹介いたしました。

様々な動画配信サービスやサイトがある中でもやはりオススメなのは『Tsutaya Discas』です。

こちらの作品だけでなく、他にも見放題作品が10000本以上もあり、旧作をレンタルし放題なため期間内にたくさん見ることができますので、 まだTsutaya Discasの無料お試しトライアルに申し込まれたことがない場合は是非この機会に体験をしてみませんか?

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴