海外映画(洋画)の動画情報をまとめたメディア|人気映画や最新映画を今すぐネットで無料視聴する方法紹介

十二人の怒れる男の動画(字幕/吹き替え)を無料視聴する方法

『十二人の怒れる男』は、1959年の夏に公開されたアメリカのテレビドラマのリメイクで、密室劇の金字塔として高く評価されています。

今回は『十二人の怒れる男』のフル動画を無料で見るための方法を、いろんな動画配信サービスやサイトを比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ちなみにTsutaya Discasなら『十二人の怒れる男』を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

 

十二人の怒れる男が視聴できる動画配信サービス一覧

動画配信サービスはいろんな種類がありますが、「十二人の怒れる男」を無料で視聴できるサイトをまとめました。

 

配信サービス名 字幕動画 吹き替え動画 月額・ポイント・無料期間
TSUTAYA DISCAS × × 30日間無料
月額2417円 1100円分配布
U-NEXT × × 31日間無料
月額1990円 600円分配布
Hulu × × 1ヶ月無料
月額960円 ポイントなし
クランクインビデオ × × 2週間無料 月額990円
2000ポイント配布
Amazon プライムビデオ × × 30日間無料
月額500円 ポイントなし
Music.jp × × 30日間無料
月額1958円 1600円分配布
dTV × × 31日間無料
月額500円 ポイントなし
ビデオマーケット × × 初月無料
月額500〜2000円
540〜2160円分配布
TELASA × × 30日間無料
月額562円 550円分配布
Abema TV × × 1ヶ月間無料
月額960円 ポイントなし
NETFLIX × × 無料期間なし
月額800円 ポイントなし
FOD × × 2週間無料
月額888円 900円分配布
Paravi × × 2週間無料
月額1027円 チケット1枚配布
Disney DELUXE × × 初月無料
月額770円 ポイントなし

Tsutaya Discasならなら登録してすぐに1100円分のクーポン(1100ポイント)が配布されるので、そのポイントを使えば『十二人の怒れる男』(440円)を実質無料で視聴できます!

また、Tsutaya Discasなら、十二人の怒れる男以外の全シリーズの取り扱いもありますし、30日間の無料期間があるのでゆっくり視聴できてオススメです。

さらに、Tsutaya Discasは10000作品の見放題動画に加えて、DVDのレンタルも無料で借り放題となっていますので、ほとんどの作品が網羅されており、観たいと思っていた作品もこの機会に楽しむことができます!

ですので、Tsutaya Discasを使ったことがない場合は、ぜひ一度無料トライアルで試してみてください。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

とは言っても、 動画配信サービスに登録しなくても無料で見れるサイトもあるんじゃないの?と思う方もいるかもしれません。

そこで、動画配信サービスサイト以外の無料配信サイトでの「十二人の怒れる男」の配信状況に関してまとめてみました。

十二人の怒れる男の無料動画一覧

YoutubeやTverなど、無料動画視聴サイトにおいて、「十二人の怒れる男 字幕」 「十二人の怒れる男 吹き替え」で検索した結果が以下となります。

十二人の怒れる男の字幕動画

字幕動画の検索結果をまとめましたが、予告編や解説動画などが主な検索結果となっています。

youtubeでは取り扱いはありますが、購入またはレンタルをしないといけないのが現状となっています。

youtube GYAO ニコニコ動画
TVer 動画イズム

無料動画サイトで動画がなく、すぐに
十二人の怒れる男を無料視聴したい場合は「U-next」がおすすめです♪

続いては吹き替え動画の検索結果です。

吹き替え動画

続いて、
十二人の怒れる男の吹き替えの検索結果ですが、こちらも予告編や解説動画が表示される傾向にあります。

字幕と違う点は、解説動画がより多く表示されている傾向にあるというところです。

youtubeなどで取り扱いはありますが、こちらも字幕と同様に、購入しないと視聴が出来ず無料で視聴できる動画は無料サイトでは見つかりませんでした。

youtube GYAO ニコニコ動画
TVer 動画イズム

 

ご確認いただけるように、ほとんどの場合は、フルの動画の視聴は難しく、画質や音質が悪いものが多いのが実情です。

仮にあったとしても著作権ですぐに削除されてしまうだけでなく、

このようにウイルスに感染し、個人情報を抜き取られたり、悪質なサイトに入ってしまうリスクも高くあるのです。

しかし、動画配信サービスを利用すれば

  • ウイルスに感染する可能性がない
  • 高画質・高音質でフル動画を観ることができる
  • 途中で広告などが入ってこない

といったメリットがあるだけでなく、『Tsutaya Discas』であれば、30日間の無料トライアル期間があるので、ストレスなく視聴できてオススメです♪

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

以上、十二人の怒れる男を無料で視聴する方法を説明しましたが、十二人の怒れる男に至るまでの流れを忘れている方も多いのではないでしょうか?

より、十二人の怒れる男を楽しんで頂くために、過去のあらすじと共に作品情報もまとめましたのでご覧ください!

 

十二人の怒れる男のあらすじ

“18歳の少年が父親を殺した罪で裁判にかけられます。有罪なら少年は電気椅子による死刑が待っています。陪審員12人のうち11人は少年の有罪を何ら疑っていませんでした。しかしただ一人、8番陪審員のみが無罪を主張。8番は少年が無罪であるかどうかは分からない、少年の話を多分信じていないけれど、5分で人の生死を決めて間違ったら? と問いかけます。11人は8番を説き伏せようとしますが、8番を除いた11人で行われた投票では逆に8番の思いに応えた一人が無罪を支持し、有罪10人、無罪2人となります。8番の整然とした『彼を有罪とするには疑いがある』理由や検証が引き金になり、紛糾しながらも一人、また一人と陪審員らは少年が無罪であると確信して主張を変え、何回めかに行われた投票では6対6とついに五分五分になるのです。数々の証拠――動機、犯歴、12時10分に格闘のような物音がしたあと「殺してやる」という少年の叫び声や身体が倒れた音を聞き、少年が階段を駆け下りるのを見たという殺人現場の階下に住む老人の証言、少年が使ったとされるナイフ、なぜ少年は犯行時間に見たという映画の題名や俳優すら覚えていなかったのか等はことごとく論破されますが、高架鉄道を挟んだ向かいの部屋に住む女性が犯行を目撃したとの証言だけは覆すことができませんでした。有罪3人、無罪9人にまでなっていた陪審員のうち、12番陪審員の心は揺らぎ、再び有罪と宣言します。有罪であれ無罪であれ、全員の評決が一致しなければ審判を下すことはできず、3番陪審員は評決不一致を言い立てようとします。果たして12人の男たちが最後に辿り着いたのは……。”

十二人の怒れる男の作品情報

公開日 1957年4月13日
配給 ユナイテッド・アーティスツ
制作国 アメリカ合衆国
上映時間 96分
公式サイト https://warnerbros.co.jp/

名作としてとても有名な作品でしたが、陪審員制度について考えさせられる深い作品でしたよね!

ひとつの会議室で繰り広げられる会話劇、裁判の判決はどうなるのでしょうか?

より十二人の怒れる男の世界観に浸ることができるように、既に視聴された方達のリアルな声も集めてみました!

十二人の怒れる男の感想

作品の感想

anpontan0905(30代・男性)
本作は犯人の少年が真実なのですが、それをおこなったかどうかは全く分からず、とても素敵なやり取りの結果、なんとなく無罪の方が良さそうな曖昧な雰囲気が流れているだけ。
しかし、皆が納得したのだからこれが事実でありそれ以上の真実となる。という作品です。
監督シドニールメットが手掛けており、やはり「シドニールメットに外れなし」、と言われているだけあってこちらの作品はそれ以上に素晴らしいものだと思います。巧妙すぎるほどにたくみで優れている冒険的な映画です。

個人的には政治に関する考えもとても優れたものを持っている脚本だと思っています。
民主主義の素晴らしさを描いただけではなく、同時に危うさも織り交ぜた作品だと思います。
流れがとてもなめらかかつ美しい弁論なのにそれらがさっと跡形もなく消えてしまい、ただ会話劇としての面白さのみがとりあげられてしまった評価になっているのは少し残念に思います。

俳優たちの演技も素晴らしく、観ていくとどんどんと見入ってしまい、最後まで飽きることなく見ることができる仕上がりとなっていると思います。


p-mama (30代・男性)
舞台はアメリカのとある陪審員室。少年が父親をナイフで刺し、殺害した事件を審議するため、無作為に選ばれた12人の陪審員たちが評決を下すまでを描いた密室劇。さっさと終わらせようとする雰囲気の中、一人の陪審員ヘンリー・フォンダだけが無罪を主張し、他の11人の陪審員と対峙していくという流れ。犯人の少年が真実、殺害したかどうかは全く不明で、素晴らしいやり取りの果てになんとなく無罪の方が良さそうな空気が出ているだけなのだが、そこで皆が納得した以上、これが事実以上の真実となる。巧妙すぎるほどに巧妙で冒険的な映画と言える。民主主義の素晴らしさだけではなく、危うさも描かれた本作。政治思想としても優れた感性を持っている脚本だが、流麗な弁論の中でそれらが掻き消えてしまい、ただの会話劇としての面白さのみがクローズアップされてしまっている点は些か残念。しかし、シドニー・ルメット監督に外れなしと言われているが、本作は95分という比較的短い時間の中で、これだけの議論を息詰まるタッチで描いていることから、それ以上に素晴らしい評価を受けているのである。

既に視聴した方達が楽しんでいるのがよくわかりますね!

感想だけでなく、実際に映像を通して見たいなと思ったら是非Tsutaya Discasで無料視聴してみてくださいね!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

それでは最後に十二人の怒れる男の出演者や声優の情報をまとめて見ていきたいと思います。

十二人の怒れる男のキャスト・吹き替え声優

陪審員1番 ノーマン・フェル
陪審員2番 ジョン・ビール
陪審員3番 フランチョット・トーン
陪審員4番 ウォルター・エイベル
陪審員5番 リー・フィリップス
陪審員6番 バート・バーンズ
陪審員7番 ポール・ハートマン
陪審員8番 ロバート・カミングス
陪審員9番 ジョセフ・スウィーニー
陪審員10番 エドワード・アーノルド
陪審員11番 ジョージ・ヴォスコヴェック
陪審員12番 ラーキン・フォード

十二人の怒れる男のスタッフ

  • 監督:シドニー・ルメット
  • 脚本:レジナルド・ローズ
  • 製作:レジナルド・ローズ、ヘンリー・フォンダ
  • 撮影:ボリス・カウフマン
  • 編集:カール・ラーナー
  • 音楽:ケニヨン・ホプキンス)

十二人の怒れる男の関連作品

  • ライムライト
  • わが青春のマリアンヌ
  • 海底2万マイル

 

十二人の怒れる男を無料視聴する方法まとめ

今回は映画「十二人の怒れる男」を無料でフル視聴する方法を紹介いたしました。

様々な動画配信サービスやサイトがある中でもやはりオススメなのは『Tsutaya Discas』です。

こちらの作品だけでなく、他にも見放題作品が10000本以上もあり、旧作をレンタルし放題なため期間内にたくさん見ることができますので、 まだTsutaya Discasの無料お試しトライアルに申し込まれたことがない場合は是非この機会に体験をしてみませんか?

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴