海外映画(洋画)の動画情報をまとめたメディア|人気映画や最新映画を今すぐネットで無料視聴する方法紹介

デビッド・ボウイ

今回はデビッド・ボウイの出演作品のランキングと共にまずはプロフィール情報から紹介していこうと思います♪

 

デビッド・ボウイのプロフィール

 

本名 David Robert Jones
生年月日 1947年1月8日
出身地 イングランド
ロンドン・ブリクストン
経歴
身長 178cm
SNS インスタグラム

1947年1月8日イングランドで誕生し、子供の頃からアメリカのポピュラー・ロック音楽に親しんでいました。15歳の時に、彼にとっての最初のバンド「Konrads」を結成しました。1967年6月、デビューアルバム『デヴィッド・ボウイ(David Bowie)』を発表し、ミュージシャンとしての地位を築いていきます。初めてのメジャーな映画出演は『地球に落ちてきた男』です。この作品での演技が評価されて、第4回サターン賞の主演男優賞を受賞し、以降も映画において様々な作品に出演しています。

このようにミュージシャンとしても、俳優としてもメジャーな存在になっているデビッド・ボウイですが、大の親日家としても知られており、一時期、京都に居住していたこともあり、歌舞伎の様式美や女形という要素に大きな影響を受けています。

デビッド・ボウイは2016年1月10日に亡くなりましたが、グラムロックの先駆者として台頭し、ポピュラー音楽の分野で世界的名声を得ました。 役者としても、数々の受賞実績を持つマルチ・アーティストとして知られていまする。

ここからはそんなデビッド・ボウイのおすすめ作品をランキング形式でまとめましたので、ご覧ください♪

 

デビッド・ボウイの出演作品

数々の名作に出演しているデビッド・ボウイさんですが、どんな作品が人気なのでしょうか?

1位 イメージ

公開年 2019年4月20日
上映時間 84分
配給 コムストック・グループ
監督 ジャン=リュック・ゴダール
メインキャスト “アンヌ=マリー・ミエヴィル
バスター・キートン
ジャンコクトー
ダニエル・ダリュー
エディ・コンスタンティーヌ”

2019年の春に公開された映画「イメージ」で絵の1つからすぐに出て行ったように見える幽霊のような若い男を演じられました。

イメージは、マイケル・バーンとデヴィッド・ボウイが最初の映画の役割で主演したマイケル・アームストロング監督の1969年の白黒短編映画です。この映画は、認定された「X」レーティングを取得した数少ない短編映画の1つであり、その暴力的なコンテンツによりこのレーティングを獲得しました。
デヴィッド・ボウイによる最初のスクリーンパフォーマンスの1つ。この白黒のショートアート映画には、デヴィッド・ボウイがアーティストを苦しめるために生き生きとしたイメージとして描かれています。アーティストが自分のイメージを取り除くために何をしても、イメージは戻ってきます。なかなか見つからない面白い短編映画。しかし、ハードコアなボウイファンには必見です

2位 地球に落ちて来た男

公開年
上映時間
配給
監督
メインキャスト

1996年に公開された映画「バスキア」にアメリカの芸術家・アンディ・ウォーホルとして出演されており、主人公のバスキアと関係を築き、自らの死の後も影響を与える存在という役を好演しました。

デビッド・ボウイさんは、銀髪のウィッグを付けて、時代の寵児アンディ・ウォーホルになり切っていました。

バスキアとバンドを組んでいたヴィンセント・ギャロがカメオ出演したりと、いわくつきのキャスティングが施されている事でも話題になりました。

地球に落ちて来た男のあらすじ

人間によく似た宇宙人が乗っている宇宙船が、地球からはるか離れた惑星から飛んできて、ニューメキシコ州の湖に不時着してしまったのである。地球人とまったく変わらない服装・容姿をしており、宇宙人とは判別がつかない。彼は不時着した後、ちょうど近くにあった古物商に彼のイニシャルの”T.J.N.”のマーカーされた指輪を売る。その際に、身分証明を提示するように言われトーマス・ジェローム・ニュートンと書かれているイギリスのパスポートを見せたのだった。川辺に辿りついたトミー(トーマス・ジェローム・ニュートン)は、コップに1杯の川の水を汲んで、乾きを潤すように一気に飲み干したのであった。身なりを整えたトミーは、特許に詳しい弁護士であるオリバー・ファーンズワースを出向き、9つの根本的な特許を元にした複合会社WorldEnterprises(W.E.社)を立ち上げて、彼を社長に置いたのである。ほどなくして会社は成功し、トミーは巨万の富を得ることになる。

地球に落ちて来た男の感想

デヴィッド・ボウイのファンにおすすめの1本。彼の異世界的な魅力を感じられる地球に落ちてきたその宇宙人のキャラクターデザインに感動。その魅力的な宇宙人の出立は本物の宇宙人さながらで、SF映画にありがちな異質な設定も違和感なく鑑賞することができた。個人的には前半部分のメインキャラクターたちの延々と続く濡れ場に嫌気がさしていましたが、壮大な目的を持って地球に来た宇宙人なのに、地球の文明に溺れて自堕落になってしまうというこの映画の本筋のストーリーが私にとっては新鮮で面白く感じました。SF映画にありがちな説明的な長いセリフなどが少ない内容にも交換が持てました。ラストはなんとも形容しがたい切なさがあり、映画館を後にするときにはなんだか気怠い想いになってしましましたが、良作でした。
本作品は、とにかくデヴィッド・ボウイのファンに必ず見てほしいお勧めの作品です。彼の異世界空間を思わせる絶対的な魅力が感じられる宇宙人が、地球にやってきます。本当のSF映画に出てくる宇宙人と感じるくらい、濃厚なキャラクター設定です。個人的にはまさかと思う展開もあり、文明も地球より進んでいるにも関わらず、地球の文明に溺れ、堕落していく宇宙人の姿を見て、そうきたかと感じました。そういう意味でもとても新鮮で、斬新なところが面白いです。なんと、最後はなんとも説明できない切なさが待っており、映画館を出た後にはとても虚無感に駆られてしまいましたが、大変良作でまた観たいと思いました。ふと、デヴィッド・ボウイのファンであることも忘れてしまうような、彼の芸術性が富んだ作品でした。

3位 ジャスト・ア・ジゴロ

公開年
上映時間
配給
監督
メインキャスト

1978年に公開された映画「ジャスト・ア・ジゴロ」にポーロとして出演されており、売春宿でジゴロとして働く男性を演じられました。

大戦の間の激動の1920年代のベルリンを舞台にジゴロとなって街を彷徨う一人の男の悲運な生涯を描く。製作はロルフ・ティーレ、監督は「別れのクリスマス」などのデイヴィッド・ヘミングス、脚本はジョシュア・シンクレア、撮影はチャーリー・スティンベルガー、音楽アレンジャーはギュンター・コルトウィック、衣裳はイングリット・ツォーレが各々担当

ナチの足音の聞こえる頃、敗戦国特有の重苦しさと、説明にもあった貧困、享楽の混在した社会の様子がとてもよく伝わった。それに馴染めない戦争帰りの軍人と、とりわけ反発したナチのような存在もしっかり描かれていた。ストーリーは暗く、すっきりしないタイプではあるため、苦手な人も多いと思うが、私はそういう映画を好んで鑑賞するので、じわじわと「良い映画だったな」と思えた。

ジャスト・ア・ジゴロのあらすじ

ポール(デイヴィッド・ボウイ)は、第一次大戦で負傷し、故郷のベルリンに帰って来た。ドイツ社会は敗戦のショックで混乱していたが、ヒットラーが掲げるファシズムだけが人々の心を捉えていた。エリート軍人を目指す教育を受け、第一線で戦って来たポールも、帰国後は無為に日々を過ごしていた。母のミュッティ(マリア・シェル)や伯母ヒンダ(ヒルデ・ウェイスナー)はしかし、そんな状況下でもたくましく働いている。彼の幼なじみで場末の踊子だったシリー(シドニー・ローム)は、ハリウッド女優へと変貌を遂げ人気を博していた。ある日、ポールの前の連隊長であったヘルマン・クラフト(デイヴィッド・ヘミングス)が、自分が作った政治結社にポールを誘う。しかし彼は戦争の後遺症から分裂症となっており、その誘いの奥にはポールに対する同性愛的な感情が含まれていた。

ジャスト・ア・ジゴロの感想

1人の青年を狂言回しにして、ナチス台頭で不穏な時代に突入するドイツをブラックユーモア満載で、軽快に描いた作品です。紹介サイトでの解説では深刻そうなことが書かれていますが、全体のトーンの明るさと使われる音楽へのノスタルジーから終始明るい気分で観られる楽しい作品です。何だか知らないうちに時代に流されていく主人公には深刻さは全くありませんし、ナチズム運動家もとても明るく描かれています。この映画の俳優陣はとても豪華ですが、特に注目したいのがこの作品が最後の劇映画出演となった、マレーネ・ディートリッヒです。彼女が出てきたシーンで映画館に感嘆の声が上がったのを覚えています。そして映画館を出る観客は口々に映画の出来よりも彼女について話していました。全盛期の美しさが全く変わっていないというか全く年齢を感じさせないのです。更に劇中で聴かせてくれる歌は見事で、映画の印象が霞んでしまうほど嬉しかったです。そして、最後まで観客を裏切らなかったスターを見て、別種類の感銘をうけました。
土台となるアイデアは割と秀逸だが、メイキングは甘めの婉曲表現としては申し分ない。それは、再加熱された残り物のような匂いのするジョークの重荷の積み重ねのように見える。例をあげるとアンドレア・フェレオール監督のロールプレイングゲームやパスカル・エルベの苦悩は評価できるが、この映画は残念ながら90分も続く。かなりの挑戦だ。
1983年2月3日に大阪サンケイホールにて鑑賞。
2時間15分あるオリジナル版を短縮して作ったためか、かなり繋ぎが悪い。ボウイが惹かれていた高級娼婦は、その後どうなったのだろう。キム・ノヴァクの軍人の夫の葬儀に、以前から知り合いのボウイ一家が出席するシーンも唐突と言わざるを得ない。冬のベルリン市街を2人の老婦人が話しながら行き交うシーンばかりでいくら何でも手を抜き過ぎではないだろうか。役者はみな役柄演技ともに良いのだが、残念なことに映像に深みがない。出演もしている監督のデヴィッド・ヘミングスにセンスがない。ファシストの隊長がホモセクシャルでボウイを仲間に引き入れようとするなど、浅はかではないか。シドニー・ロームが女優の卵を実に可憐に好演している。これは拾い物である。西独映画ではあるが、頽廃の香りの薄い表面的な映像に終始した。監督力量不足が一番の原因だ。”

4位 クリスチーネ・F

公開年
上映時間
配給
監督
メインキャスト

“1982年の春に公開された映画「クリスチーネ・F」に出演されています。

素人を俳優としてキャスティングし、ベルリンの実在のロケーションで撮影された本作は、ドラッグと売春をとりまく社会環境についての考察でもある。彼女が友人とともに麻薬に手を出し始めたのは1974年頃のこと。徐々に麻薬への依存は抑えきれなくなっていく。やがて、フェルシェリノヴは14歳にしてベルリンのZoo駅付近で売春に手を染めることになる。ボーイフレンドのデトレフも男娼として体を売り始めた。一方、クリスチーネの母親は娘の生活が破綻を来たしているのに気づかない。あるとき、新聞の見出しがクリスチーネの目に入る。親友のバプジー(実在の人物、バベッテ・デーゲ Babette Dögeのこと)がオーバードースで命を落としたのだ。バプジーもまた14歳。友人の死、当時のドイツでは最年少のヘロイン中毒死という事実を突きつけられ、彼女は戦慄する。
この作品は主人公が本当にリアルで、痩せ細ってる感じとか顔の血色の悪さとかを完全に再現しているのが素晴らしかったです。辛い気持ちになりますが、これが現実なんだろうなと感じられました。”

クリスチーネ・Fのあらすじ

西ベルリン郊外にある町、グロピウスシュタット。本作では、ここに暮らす一人の女性、クリスチーネ・F(クリスチアーネ・ヴェラ・フェルシェリノヴ)の人生が語られていく。1974年頃、フェルシェリノヴは友人とともに麻薬に手を出し始めた。その後、彼女は徐々に麻薬にハマり、いつしか薬物依存は抑えきれなくなっていく。やがて、14歳になったフェルシェリノヴは、ベルリンのとある駅のまわりで売春婦として体を売り始める。彼女のボーイフレンドのデトレフも、男娼として自分の体を売り始めるのだった。

クリスチーネ・Fの感想

“「バーダーマインホフ」を見に行ったとき、監督の名前を見て、過去に同じ監督の作品を見た記憶が甦って確認したところ、この作品だった。「バーダーマインホフ」はドキュメンタリータッチの冷徹な視線で表現した映画だが、この作品も同じタッチでありながらもどこか温もりが感じられた。クリスチーネは13歳で麻薬に手を出してしまい、クスリの世界から抜けようとするがまた戻ってきてしまう。そんな姿がとても悲しく切ない。彼女をクスリへと引き込む周りの環境も描かれており、切なさには怒りも含まれるのだ。麻薬に手を出した者には非難と批判が集中する。しかし、それは、すぐに手が届くところにクスリがあり、勧める者が傍にいるという環境のせいだ。この作品は、薬物中毒になったことを一方的に非難せず、その環境を作りだした者たちを非難し、厳重な摘発をすべきだと訴えている。当時のドイツに麻薬中毒の若者が急増したことにより製作されたこの作品は大ヒットし麻薬に手を出す若者がかなり減少したという。日本では、こういったものを題材にした映画は教育映画という形で作られ一般にはあまり知られない。しかし、学校で見させたって、生徒は嫌いな授業の1つでしかなく、まともに見てはくれない。麻薬撲滅を知らしめたいのなら、一般公開できる、きちんとした映画を製作する努力が不可欠だと思う。
麻薬中毒についての映画を数多く見てきたが、この映画の迫力に匹敵するものはなかった。この14歳の西ベルリンのジャンキーの人生は、リアリズムの驚異的なレベルで作られている。ヘロイン中毒と売春に陥っていく彼女のスパイラルは、ウルリッヒ・エーデルによって捉えられており、彼の描写には何の後ろめたさもない。私たちはクリスティアンの目を通して、不潔なトイレ、麻薬のお金のために彼女が騙さなければならない不気味でぬるぬるしたジョン、恐怖と絶望のすべての瞬間を見ることができる。この年齢になると、すべてが強烈に感じられる。クリスティアンは、グロピシュタットと呼ばれる「地上の地獄」から来た若いティーンエイジャー。ティーンエイジャーがやることが絶対にない場所。彼女は “サウンド “と呼ばれるところを発見します。そこは麻薬が蔓延っていて、売人たちは退屈な現実から逃れたい、楽しみたいと願う子供たちにバリウムとヘロインを与えて喜んでいた。ここでクリスティアンは同い年の少年デトレフと出会う。デトレフは出会ってすぐにヘロインを利用し、クリスティアンはデトレフを失うことを恐れてヘロインを利用し始める。特に注目すべきは、この映画がヘロインを誇示していないことだ。ハードなドラッグの使用が始まると、映画の雰囲気はガラッと変わる。クリスティアンが崇拝するデヴィッド・ボウイの素晴らしい音楽が、映画の最初の部分で頻繁に聞かれる。彼女と彼女の友人たちが麻薬に手を出した後、ボウイの音楽が消えていくのは、とても象徴的だと思う。ありがたいことに、エデル監督は、多くのアメリカ人監督が十代の若者の物語を撮影するときに犯すようなミスを犯さなかった。俳優は14歳から15歳くらいの本物のティーンエイジャーだ。このことが、この映画をより衝撃的なものにしていて、より信憑性の高いものにしている。ヘロインが子供たちに与える影響は目を見張るものがあり、彼らはゾンビのように、次の薬を求めてかつての自分の病的な影に変わっていく。そして不思議なことに、クリスティアンと彼女の友人たちは、ヘロインからのハイな気分を楽しむことはないようだ。麻薬中毒のシュールな地獄に迷い込んだ子供たちの、これほど荒涼としたビジョンは見たことがない。加えてこの映画は138分という長尺のノーカット作品で、分刻みで着実に暗くなっていく。そして驚くことに、この映画は終始、一瞬たりとも説教することがない。また、アメリカのドラッグ映画にありがちな、感傷的になることもない。映画のスタイルは特にドイツ語である。アメリカ人監督が、これほどまでに若年層を題材にしたダークでグロテスクな映画を制作できるとは思えない。”クリスティアンF: Wir Kinder vomhof Zoo』は、今でもドイツ映画の中で最も有名で賞賛されている作品の一つである。
麻薬中毒を描いた映画は数多く見てきましたが、この映画のような恐ろしさはありませんでした。笑える。何年もこの映画のことを考えていなかったのですが、今になって突然この映画のことを考えたのは、DVDの欲しい映画のリストを考えていたからです。クリスティアーネFはそのリストに入っていた。だから、ふざけてインターネット・ムービー・データベース(このサイトは素晴らしい!)で検索してみたら、驚いたことにこの映画が出ていたのです。もちろん私はそれを注文した。字幕版であればよかったのですが、ドイツ語版と吹き替え版を持っているので、それも悪くないですね。REQUIEM FOR A DREAMを見て、薬物中毒について見た中で最も不穏な映画だと思った人に、私はあなたのためにニュースを持っています:あなたはまだ何も見ていない!あなたはまだ何かを見ていない!あなたはまだ何かを見ていますか?CHRISTIANE F.さんは、『REQUIEM』をディズニー映画のように見せてくれます。英語の吹き替えは本当に安っぽくて悪いですが、それでもウルリッヒ・エデルのヘロイン中毒者の暗くて陰気で憂鬱な世界のイメージを損なうことはないのです。Image of a Generation」と題された『CHRISTIANE F』は、70年代の孤独で退屈なティーンエイジャーの実話で、12歳で麻薬の世界に入り、13歳でヘロインにはまり、14歳で売春婦になってその習慣を支えている。これについてはいくつかのことが気になった。第一に、エデルは主要な役柄、特に子供たちに、すべての未知の人物を使っていたことです。彼らはとても自然に演技をしていて、エデルが「彼らが一生役者やジャンキーにならなかったのが不思議だ」とコメントしているほどです。また、主人公を演じた子供たちは、実在の人物を演じているのと同じくらいの年齢になっていました。クリスティアン役のナジャ・ブルンクホルストは当時14歳で、素晴らしい演技を見せてくれました。実際、この映画で彼女はドイツのスターになり、今日に至るまで、主にドイツのテレビや映画の仕事で多作の俳優として活躍しています。2つ目は、サウンドトラックにデヴィッド・ボウイの音楽が使われていたことです。さて、私は偏見を持っています。私はボウイの大ファンですが、そうでなくても、彼の音楽は驚くほど効果的に使われていました。特に印象に残っているのは、映画の終盤、地下鉄のホームにいる人々の幽霊のような悲しげな顔をエデルのカメラがパンしているときに、ボウイの曲「Sense of Doubt」がバックで流れているシーンです。音楽はこのシーンの絶望感をとてもよく捉えている。この音楽は、どんな偉大な映画音楽でもそうであるように、映画の中のもう一つのキャラクターとして、青春の絶望、孤独、誇らしさ、混乱を描写するのに役立っている。私は、私が彼女の年齢だったときにクリスティアンと彼女の人生を識別することができると感じています。私は孤独で、疎外された、と悲しかった。彼女がドラッグで彼女の痛みを逃れたように、私は私の文章を通して私の痛みを逃れた。完全に共感できる あなたはひどくグループに合わせたいので、あなただけの “”クールである “”ために、あなたがすべきではないことを知っていることを行うことになります。もっと多くのティーンエイジャーにこの映画を見せてあげたいですね。それは人生を変えるでしょうか?かもしれません。この映画の元になった彼女の本を読んだ後、私は同じ魂を見つけたのです。私が知っている限りでは、彼女は麻薬をやっていないし、この映画が公開されてからも麻薬をやっていない。彼女が今後もそうであり続ける強さを持っていることを願っています。かつてのジャンキーは いつまでもジャンキーだからな “”We can be heroes, just one day.””-David Bowie, ‘Heroes’ この曲は、この映画の非常に控えめなテーマになり、希望がほとんどない映画の中での希望を歌った曲です。

5位 ハンガー

公開年 1984年4月6日
上映時間 96分
配給 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
監督 トニー・スコット
メインキャスト カトリーヌ・ドヌーヴ(ミリアム・ブレイロック)
スーザン・サランドン(サラ・ロバーツ)
クリフ・デ・ヤング(トム・ヘイヴァー)
ベス・エラーズ(アリス・キャヴェンダー)
ダン・ヘダヤ(アレグレッツァ警部補)

ハンガーのあらすじ

舞台は、ニューヨーク。ロックの演奏が鳴り響いている深夜のディスコクラブ。踊り狂う若者たちに混ざって、一見変わった空気をかもしだす男女。カトリーヌ・ドヌーヴ演じる黒いレザーの服にサングラスといういで立ちのミリアムとデイヴィッド・ボウイ演じるジョンの2人だ。2人は、ディスコにいるある若いカップルを誘い出し、アパートへと連れ帰る。魅了するような仕草でミリアムとジョンが誘惑する。2人はそれぞれの男女を引寄せた。その瞬間、ぺンダントに仕込まれていたナイフでその2人の若者の首を傷つけた。血にまみれで床に倒れる若者たち。実は、ミリアムは、吸血鬼だったのだ。何千年もの昔から生きていて、20世紀の米国に現れたのだった。。彼女は不死身の命をキープするため、その時々で愛する者を見つける。そして、自らと同じようにしてその者にも永遠の生命を与えるのだ。

ハンガーの感想

この頃のスーザンはと言うと失礼かもしれませんが、この映画のスーザン・サランドンはとても美しいですねぇ。それは置いといて時代の流れを感じさせてくれる映画ですなぁ。そしてスコット兄弟は両人とも鳩を使うのが好きなんですね〜。なにかと鳩がバサバサ飛んできますなあ。
おどろおどろしくファンタジックでこだわりが見える映像になっていると思います。31年の前の映画なので、現在ほどの撮影技術は無いのでしょうが。それもあってそこまで衝撃的には感じられませんでした。若くて綺麗なサランドンとドヌーヴが1番の見どころでした。
序盤に出てくるクラブのバウハウスにびっくり。覚えてなかったなあ。ピーターマーフィーをボウイだと勘違いしてる人がまだ結構いるんじゃないかってくらい似てるよね。なんとまあ格好いい映像。って訳なんだがそれをも越えてよりインパクトのある映像を造っていると感じた。ストーリーよりも映像優先だな。

 

まとめ

以上がデビッド・ボウイの人気作品ランキングでした!

いかがでしたでしょうか?

ミュージシャンのイメージが強い方もいらっしゃるかもしれませんが、実は幅広いジャンルで活躍をされており、いろんな姿を作品を通して観ることができますので、是非この機会に気になった作品を視聴してみてはいかがでしょうか?