海外映画(洋画)の動画情報をまとめたメディア|人気映画や最新映画を今すぐネットで無料視聴する方法紹介

ダイ・ハード4.0の動画(字幕/吹き替え)を無料視聴する方法

『ダイ・ハード4.0』は2007年に公開された映画であり、12年ぶりに制作された『ダイ・ハード』シリーズの第4作にあたる作品です。

今作では、ブルースウィルス演じる不死身の男「ジョン・マクレーン」が最新技術を駆使したサイバーテロリスト組織に立ち向かいます!

今回は『ダイ・ハード4.0』のフル動画を無料で見るための方法を、いろんな動画配信サービスやサイトを比較してまとめましたので紹介していこうと思います♪

ちなみにU-nextなら『ダイ・ハード4.0』を無料で観ることが出来るので、興味がある方はチェックしてみてください。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

 

ダイ・ハード4.0が視聴できる動画配信サービス一覧

動画配信サービスはいろんな種類がありますが、「ダイ・ハード4.0」を無料で視聴できるサイトをまとめました。

配信サービス名 字幕動画 吹き替え動画 月額・ポイント・無料期間
U-NEXT

見放題

見放題

31日間無料
月額1990円 600円分配布
Hulu

見放題

見放題

1ヶ月無料
月額960円 ポイントなし
TSUTAYA DISCAS

見放題

× 30日間無料
月額2417円 1100円分配布
ビデオマーケット

299円

299円

初月無料
月額500〜2000円
540〜2160円分配布
Music.jp

299円

299円

30日間無料
月額1958円 1600円分配布
dTV

300円

300円

31日間無料
月額500円 ポイントなし
Amazon プライムビデオ

300円

300円

30日間無料
月額500円 ポイントなし
TELASA ×

200円

30日間無料
月額562円 550円分配布
クランクインビデオ × × 2週間無料 月額990円
2000ポイント配布
Abema TV × × 1ヶ月間無料
月額960円 ポイントなし
NETFLIX × × 無料期間なし
月額800円 ポイントなし
FOD × × 2週間無料
月額888円 900円分配布
Paravi × × 2週間無料
月額1027円 チケット1枚配布
Disney DELUXE × × 初月無料
月額770円 ポイントなし

U-nextなら登録してすぐに『ダイ・ハード4.0』を実質無料で視聴できます!

また、U-nextなら、ダイ・ハード4.0以外の全シリーズの取り扱いもありますし、31日間の無料期間があるのでゆっくり視聴できてオススメです。

U-NEXT
ダイ・ハード
ダイ・ハード2
ダイ・ハード3
ダイ・ハード /ラストデイ

さらに、U-NEXTは業界トップの作品数を取り扱っているので無料トライアル期間内でたくさんの作品を見放題で楽しむこともできます。

ですので、U-NEXTを使ったことがない場合は、ぜひ一度無料トライアルで試してみてください。

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

とは言っても、 動画配信サービスに登録しなくても無料で見れるサイトもあるんじゃないの?と思う方もいるかもしれません。

そこで、動画配信サービスサイト以外の無料配信サイトでの「ダイ・ハード4.0」の配信状況に関してまとめてみました。

 

ダイ・ハード4.0の無料動画一覧

YoutubeやTverなど、無料動画視聴サイトにおいて、「ダイ・ハード4.0 字幕」 「ダイ・ハード4.0 吹き替え」で検索した結果が以下となります。

ダイ・ハード4.0の字幕動画

字幕動画の検索結果をまとめましたが、映画のワンシーンを切り取った特集動画などが主な検索結果となっています。

youtubeでは取り扱いはありますが、購入またはレンタルをしないといけないのが現状となっています。

youtube GYAO ニコニコ動画
TVer 動画イズム

無料動画サイトで動画がなく、すぐにダイ・ハード4.0を無料視聴したい場合は「U-next」がおすすめです♪

続いては吹き替え動画の検索結果です。

吹き替え動画

続いて、ダイ・ハード4.0の吹き替えの検索結果ですが、こちらも映画のワンシーンの動画が表示される傾向にあります。

字幕と違う点は、ブルースウィルス演じるジョン・マクレーンの声優を務めた「野沢那智」さんの吹き替え演技を集めた動画がより多く表示されている傾向にあるというところです。

youtubeなどで取り扱いはありますが、こちらも字幕と同様に、購入しないと視聴が出来ず無料で視聴できる動画は無料サイトでは見つかりませんでした。

youtube GYAO ニコニコ動画
TVer 動画イズム

ご確認いただけるように、ほとんどの場合は、フルの動画の視聴は難しく、画質や音質が悪いものが多いのが実情です。

仮にあったとしても著作権ですぐに削除されてしまうだけでなく、

このようにウイルスに感染し、個人情報を抜き取られたり、悪質なサイトに入ってしまうリスクも高くあるのです。

しかし、動画配信サービスを利用すれば

  • ウイルスに感染する可能性がない
  • 高画質・高音質でフル動画を観ることができる
  • 途中で広告などが入ってこない

といったメリットがあるだけでなく、『U-next』であれば、31日間の無料トライアル期間があるので、ストレスなく視聴できてオススメです♪

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

以上、ダイ・ハード4.0を無料で視聴する方法を説明しましたが、ダイ・ハード4.0を初めて見る方や気になっている方も多いのではないでしょうか?

より、ダイ・ハード4.0を楽しんで頂くために、あらすじと共に作品情報もまとめましたのでご覧ください!

 

ダイ・ハード4.0のあらすじ

ワシントンDCのFBI本部サイバー犯罪部に独立記念日の前夜、交通、通信、原子力、水道などの全てのインフラを監視するシステムが何者かの手によってハッキングされるという異変が起きた。事態を極めて重く見たサイバー犯罪部長ボウマンは、FBIブラックリストに掲載されているハッカーたちの一斉捜索をするよう指示を出した。そのころニューヨーク市警統合テロ対策班の警部補ジョン・マクレーンは離婚した妻との娘であるルーシーに会おうとニュージャージー州の大学を訪れていた。そこに上司から連絡があり、ニュージャージー州内に住むマットというハッカーの身柄を拘束し、ワシントンまで連れ帰るようにと通達を受ける。マクレーンはマットのアパートにやってきたが、そこで謎の一味から襲われる。辛くも逃れたマクレーンは、マットと共にワシントンを目指して動き出した。マクレーンたちを襲撃した一味はガブリエル率いるテロ集団の衛兵部隊だった。マットはガブリエルのテロ計画の全容を知らずに依頼されたプログラムの開発を引き受けていたのである。計画に関与したハッカーたちはマットを除き、すでにガブリエルの手下によって全員が殺害されていた。夜が明け、ワシントンに車で到着した二人は街で大混乱が起きているのを目にした。騒ぎの中、マクレーンに連れられたマットはボウマン部長と対面し、ガブリエルがインターネットに流した映像を見るや「ファイアーセールだ」と呟く。ファイアーセールとはハッカーのスラングで、国のインフラに対する組織的サイバーテロを意味している。ガブリエルは全米のライフラインの全てを己の管轄化に置き、国家の乗っ取りを目論んでいたのだった。マットの協力のもと、マクレーンは衛兵たちの攻撃をかいくぐり、サイバーテロを食い止めようと奔走しはじめる。一方、マットを守るマクレーンの身元を調べたガブリエルは、娘のルーシーの存在に目をつけた。

ダイ・ハード4.0の作品情報

公開日 20世紀フォックス
配給 20世紀フォックス
制作国 アメリカ合衆国
上映時間 129分
公式サイト http://www.foxjapan.com/

大人気のダイ・ハードシリーズで12年ぶりに作られたダイ・ハード4.0でしたが、今作でもド迫力な爆破シーンやガンアクションシーンが盛りだくさんでした!

敵となるテロリストがサイバー攻撃を行ってくる中で、ジョン・マクレーンは新しい相棒であるオタクなハッカーのマシュー・ファレルと共に立ち向かっていきます。

またサイバーテロリストとの戦いだけでなく、父親と娘の複雑な関係性や絆にも注目してみてほしいですね!

よりダイ・ハードの世界観に浸ることができるように、既に試聴されたファンの興奮しているリアルな声も集めてみました!

ダイ・ハード4.0の感想

作品の感想

msbfj051(30代・女性)
12年ぶりに製作された「ダイ・ハード」シリーズの4作目にあたる作品です。
そして、アナログ世代とデジタル世代が見事に融合した作品だと思います。
「ダイ・ハード」シリーズは3作目で完結したと思えば、まさかの4作目で多少の不安をありました。しかし、時代遅れのアナログ人間のジョン・マクレーンがサイバーテロに立ち向かうという物語が素晴らしかったです。今回はジョンが知らない世界で彼をサポートするハッカーのマシューの存在はかなり大きく、あまり語らない彼の代わりとしてしゃべりまくりで、いい意味で全体のやり取りの雰囲気を軽くしています。ハッカーの若者が相棒というのも意外性があって良かったのだと思います。主人公や相棒に悪役、どれも濃いキャラクターばかりですが、何より短いシーンながら強烈なインパクトを残したワーロック役のケヴィン・スミスの存在が非常に面白いと思いました。
前の作品と比べると、若干の疾走感は否めませんが、相変わらずやりたい放題の「マクレーン節」には「待ってました!」という他ありませんでした。しかし、親が親なら娘も娘でですね。ちゃんとマクレーンの血を引き継いでいる威勢の良さに思わず娘の「ルーシー」を応援したくなりました。


zakuro_gemini(30代・女性)
12年ぶりに製作されたシリーズの4作目にして、アナログ世代とデジタル世代が見事に融合した作品である作品が、今回のダイ・ハード4.0です。サイバーテロに揺れるアメリカを舞台に「世界一不運な男」ジョン・マクレーンの活躍を描いたものです。3作目で完結したと思っていたので、4作目の登場に少し不安を持ちましたが、時代遅れのオヤジとなったジョン・マクレーンがサイバーテロに対抗する物語が素晴らしいと思いました。今回はジョン・マクレーンが知らない世界をサポートするハッカーのマシューの存在は大きく、あまり語らない彼の代わりとしてよくしゃべっていて、いい意味で雰囲気を軽くしています。ダイ・ハードシリーズの中でも今作は一気にサイバー犯罪などのネットの世界に踏み込んだイメージでした。今回の相棒であるマット・ファレルはひ弱な感じでしたが、自分が得意とするハッキング技術を使いマクレーンを助ける場面もあり、最後にはかっこいい男性になっていて良かったです。シリーズを追うごとに規模が大きくなってきていますが、マクレーンのやる気のないキャラクターで調和され、やりすぎ感が出ないところがこのシリーズの最大の魅力だと思います。

ファンの方がダイ・ハード4.0でのアクションシーンや映像技術に興奮しているのがよくわかりますね!

感想だけでなく、実際に映像を通して見たいなと思ったら是非U-nextで無料視聴してみてくださいね!

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴

それでは最後にダイ・ハード4.0の出演者や声優の情報をまとめて見ていきたいと思います。

ダイ・ハード4.0のキャスト・吹き替え声優

ジョン・マクレーン刑事役:ブルース・ウィリス(野沢那智)
本作の主人公であり、ニューヨーク市警察にある統合テロ対策班の刑事。
警官になってからは今作品で30年勤務しており、ベテラン刑事として有名である人物。
本作では刑事としか言及されないが、階級は警部補にあたる。

マシュー・ファレル役:ジャスティン・ロング(川中子雅人)
ハッカーの青年であり、今作のマクレーンの相棒。
既存のメディアに強い不信感を持つ典型的なネット世代であるものの、ハッカーとしての腕は優秀。
アメリカン・コミックスの大ファンで、自室にフィギュアをいくつか飾っている一面も。
自分の能力を評価してくれたマクレーンを慕い手助けする。

ルーシー・ジェネロ役:メアリー・エリザベス・ウィンステッド(園崎未恵)
ジョン・マクレーンの娘。
両親の離婚により、母と一緒にいる。
当初はジョンに対して反抗的だったが、次第に信頼する様子も見せるように。
気の強さと手の早さに関しては、父親よりも母親に似ている。

サイバーテロ・グループ

トーマス・ガブリエル役:ティモシー・オリファント(東地宏樹)
テログループのリーダーで、元国防総省公共機関の保安担当チーフプログラマー。
ボウマンの元同僚でもあるものの、横暴かつ自己中心的な性格で、非常にプライドが高い。
目的達成のためならば無関係な人間を巻き添えにしたり、仲間を切り捨てることもある。
それなりに高い知能と高度なハッキング技術を持っているため、作中では仲間のハッキング技術を駆使して様々な策を巡らせている。

マイ・リン役:マギー・Q(坪井木の実)
ガブリエルの部下であり恋人。印象的な声を持っている。
アジアンビューティーな美貌で男性を魅了しているが、その美声が仇となって緊急無線において偽オペレータだと見破られるてしまうこともあった。
小柄な体型にも関わらず、カンフーなどの格闘に秀でており、マクレーンからは「すぐ人を蹴る女」と形容されていた。

ランド役:シリル・ラファエリ(前島貴志)
ガブリエルの部下。
パルクールを使い、垂直の壁を駆け上がるなどのマイと同等の格闘術を持つ。
また、強靭な運動神経をしており、度々マクレーンとファレルを窮地に陥れている。

キャスパー役:アンドリュー・フリードマン(河相智哉)

ワーロック役:ケヴィン・スミス(坂東尚樹)
本名フレデリック(フレディ)・カルーディス。
ボルチモア在住のハッカーであり、ファレルに引けを取らない程のハッキング能力の持ち主。
その能力は、コンピューターに精通しているだけでなく、前時代的なCB無線も使いこなしている。
また、『スター・ウォーズ』の大ファンという事もあり、ファレルからは「デジタル時代のジェダイ」と評価。

ダイ・ハード4.0のスタッフ

  • 監督:レン・ワイズマン
  • 脚本:マーク・ボンバック
  • 原案:マーク・ボンバック、デヴィッド・マルコーニ
  • 製作:マイケル・フォトレル
  • 製作総指揮:アーノルド・リフキン、ウィリアム・ウィッシャー
  • 撮影監督:サイモン・ダガン
  • 編集:ニコラス・デ・トス
  • 音楽:マルコ・ベルトラミ

ダイ・ハード4.0の関連作品

  • ダイ・ハード
  • ダイ・ハード2
  • ダイ・ハード3
  • ダイ・ハード /ラストデイ
  • フィフス・エレメント

 

ダイ・ハード4.0を無料視聴する方法まとめ

今回は映画「ダイ・ハード4.0」を無料でフル視聴する方法を紹介いたしました。

様々な動画配信サービスやサイトがある中でもやはりオススメなのは『U-next』です。

こちらの作品だけでなく、他にも見放題作品が90000本以上もあるため期間内にたくさん見ることができますので、 まだU-nextの無料お試しトライアルに申し込まれたことがない場合は是非この機会に体験をしてみませんか?

\今すぐ動画を無料視聴する/
31日間無料で動画視聴