海外映画(洋画)の動画情報をまとめたメディア|人気映画や最新映画を今すぐネットで無料視聴する方法紹介

クリス・プラット

大人気作品である映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」のピーター・クイルスター・ロードとして数々のファンを魅了してきたクリス・プラット。

そのスポーツマンタイプの体格と明るく人を楽しませるコメディアン気質が多くの人に反響を呼んでいますよね!

今回はクリス・プラットの出演作品のランキングと共に、まずはプロフィール情報から紹介していこうと思います♪

 

クリス・プラットのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Chris Pratt(@dailypratt)がシェアした投稿

本名 Christopher Michael Pratt
生年月日 1979年6月21日(41歳)
出身地 ミネソタ州ヴァージニア(アメリカ)
経歴 レイクスティーブンス高校卒業
身長 188cm
SNS ツイッター
インスタグラム

1979年6月21日にアメリカ・ミネソタで誕生されたクリス・プラットですが、2000年の「Cursed Part3」でデボン役として見事デビューを果たし、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」ではサターン主演男優賞を受賞したり、「ジュラシック ワールド」では、MTVムービーアワードアクション賞を受賞したりと様々な作品で活躍をされています。

このように俳優として引っ張りだこになっているクリス・プラットですが、コミュニティ・カレッジ大学に入学しており、俳優業だけでなく学業の方にも力を注いでいました。

小児病院に慰問したり、寄付をしたりといった社会福祉活動にも積極的に取り組んでいます。

ここからはそんなクリス・プラットのおすすめ作品をランキング形式でまとめましたので、ご覧ください♪

クリス・プラットの出演作品

数々の名作に出演しているクリス・プラットですが、どんな作品が人気なのでしょうか?

1位 アベンジャーズ/エンドゲーム

公開年 2019年4月26日
上映時間 181分
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
監督 アンソニー・ルッソ
ジョー・ルッソ
メインキャスト ロバート・ダウニー・Jr (トニー・スターク / アイアンマン)
クリス・エヴァンス (スティーブ・ロジャース / キャプテン・アメリカ)
マーク・ラファロ (ブルース・バナー / ハルク)
クリス・ヘムズワース (ソー)
スカーレット・ヨハンソン (ナターシャ・ロマノフ / ブラック・ウィドウ)

2019年の春に公開された映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」にヒロインが所属するアベンジャーズのメンバーのピーター・クイル/スター・ロードとして出演されており、ガーディアンズギャラクシーのリーダーを演じられました。

あれこれと本作に対して憶測が飛んだが、「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」を受けてのアベッンジャーズの逆襲編となっています。キャストの仲間を想う気持ちが伝わってきます。

劇中でタイムスリップや復活劇などで過去の関連作品にも触れるなど、アベンジャーズシリーズの集大成と呼ぶべき作品です。

アベンチャーズ/ エンドゲームのあらすじ

アベンジャーズとは、色んな種類のアメリカンヒーローが協力して、地球の危機に立ち向かう姿を描いており、アクションを見ていると楽しくて仕方ありません。得にハルクは、強靱な力を武器に戦う姿は、どんな相手にも勝ってしまうのではないかと思ってしまいます。様々なキャラクターがそれぞれの特徴を活かしてお互いに助けあって闘う姿は、とてもかっこいいです。今まで別々の作品に出ていたキャラクターが一緒に出演するという贅沢な物語を皆様も一度は、ご覧頂きたいです。

アゲンチャーズ/ エンドゲームの感想

この作品はアベンジャーズがオールスターになったものです。8作品すべてを観たんだけど、終わることなく新たな敵が出てきてまた同じような展開になりそうだ。でも、とっても完成度が高く観ていて面白くて感動して泣いてしまいました。キャプテンが大好きだー!

アベンジャーズシリーズが1つ終わったことを暗示する作品だろう。すべてが面白くて良い。終始、手に汗握るシーンが多くて飽きることなく最後まで観られてとても満足しました。最初は6人のヒーローだったのですが、シリーズことに、ヒーローが増えてアヴェンジャーズ48みたいになってた。

観終わったあとはもう、放心してしまうほど最高に良い作品でした。観ているうちに感情も高ぶっていって、何度も大号泣するほどでした。アヴェンジャーズさん、今までありがとう、お疲れさんです。アイアンマンは永久に不滅です。

2位 パッセンジャー

公開年 2017年3月24日
上映時間 116分
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
監督 モルテン・ティルドゥム
メインキャスト ジェニファー・ローレンス (オーロラ・レーン)
マイケル・シーン (アーサー)
ローレンス・フィッシュバーン (ガス・マンキューゾ)
アンディ・ガルシア (ノリス船長)

2017年の春に公開された映画「パッセンジャー」に主人公のジム・プレストンとして出演されており、宇宙船で航行中、目的地到着までに90年も早く目覚め壮絶な運命をたどる男性を演じられました。

アメリカだけで1億ドル、世界で合わせて3億300万ドルの興業収入を得ています。ちなみに制作費は、1億1000万ドルだったそうですので、それだけ作品の反響が大きかったということでしょう。

作品に対する評価は辛口の意見が多い中、キャストの良さを生かした作品であることは証明されているとしています。映画批評サイトでは約30%の支持率にとどまっています。

パッセンジャーのあらすじ

青年フィリップは、幼少期にに両親を亡くし、従兄のアンブローズに育てられ、父親のように慕っていた。ある日、フィリップはアンブローズから手紙を受け取った。療養先のイタリアでアンブローズが従姉妹で未亡人のレイチェルと結婚したとの知らせを受けていた。 当初は幸せそうなアンブローズだったが、手紙の内容によると、アンブローズが妻レイチェルに命を狙われているという衝撃の事実が書かれていた。 すぐさまイタリアに駆けつけたフィリップは、レイチェルの弁護士であるライナルディより、既にアンブローズが脳腫瘍で亡くなったことを知らされる。そして、病気が原因の思い込みによってレイチェルらに対して暴力的になっていたことを知らされるのだが・・・

パッセンジャーの感想

冷凍睡眠装置で約5000人もの乗客が宇宙船で眠っていたのだが、ある事故が起きたことで1人だけ、本来の時間よりも90年近くも早く目覚めた主人公はこれからどうするのか?というストーリーになってます。映像的にはとてもきれいで素晴らしい出来だったと思います。が、私個人の主観ですが、ジェニファーと多部未華子がめちゃくちゃそっくりで最初は多部ちゃんが出演しているのかと思ったほど。

こんな災難に出くわした主人公も可哀そうだろうが、他の乗客まで巻き込むのはアカンやろ。そこのシーンがなんかむちゃくちゃ嫌やって観るのがしんどかったわ、ホンマ。作品自体の世界観は面白いんやけど、クライマックスからはどうやって助かるかという艦から脱出するのか?というのも良かった。あと、ジェニファーがめちゃめちゃべっぴんさんやった。

もし、自分がジェニファーと同じ状況になったら、冷静に対応できただろうか。他人の人生を狂わすのは別に気にならないが、彼女のキレてるところとか行動を観てたら、とても辛くなってしまいました。でも、お話はとっても面白かったです。

3位 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

公開年 2014年9月13日
上映時間 122分
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
監督 ジェームズ・ガン
メインキャスト ワイアット・オレフ (少年期のピーター・クイル)
ゾーイ・サルダナ (ガモーラ)
デイヴ・バウティスタ (ドラックス)
ヴィン・ディーゼル (グルート)
ブラッドリー・クーパー (ロケット)

2014年の秋に公開された映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」に主人公のピーター・クイル/ スター・ロードとして出演されており、銀河中を飛び回るトレジャーハンターで、見た目は地球人だが、実は正体不明の宇宙人と地球人のハーフの男性を演じられました。

作中のクリス・プラットのコミック的なトーンの演技は、思わず笑いを誘い、観ている人を明るくしてくれると「バラエティ」のスコット・ファウンダスは述べています。

「調和したアンサンブルは独特のスタイル、豊富なスリルと不足のないユーモアによってヒーローのオリジン映画を立ち上げるという試みを成功させている」とも評されいます。マーベル史上最も素晴らしいとの声も上がるほど、たくさんの支持を獲得しました。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのあらすじ

9歳だったピーター・クイル(クリス・プラット)は、何者かによって宇宙に連れ去られてしまった。それから20年。ピーターは宇宙を巡るトレジャー・ハンターとなっていた。彼は、訪れた惑星モラグで、廃墟の中から謎の球体“オーブ”を発見する。それを換金するために、ザンダー星にいるブローカーのもとを訪ねるピーターだったが、そこには宇宙を裏で牛耳る“闇の存在”によって送り込まれた暗殺者のガモーラ(ゾーイ・サルダナ)が待ち受けていた。そこへアライグマで賞金稼ぎのロケット(声:ブラッドリー・クーパー)や、相棒であり樹木型ヒューマノイドのグルード(声:ヴィン・ディーゼル)も加わり、派手な乱闘となってしまう。やってきたザンダー星警察に、彼らは逮捕されてしまう。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの感想

この作品は3回目くらいの鑑賞。コメディ感強めで何度見ても面白いです。今までマーベル作品ということをあまり気にせず見てたけど、シリーズを通して見てみるとまた違った見方ができてとても良かったです。グルートのヒロイン力がすばらしい。
観れていなかった重要な作品をようやく鑑賞!このチーム大好きだし、めちゃめちゃ面白い。音楽との組み合わせも抜群で早く続編のリミックスも見なければ!と思える作品です。最後のグルート可愛すぎで、ロケットも大好きです。もう一回最初から全部観ようと思います!

マーベルって世界観のスケールがとても大きい!CG無しの映像が好きだけどこういうアクションのやり方も悪くないなと思った。ジェットパックで魅せるアクションシーンは私にとってはとても最高だった。

4位 ジュラシック・ワールド

公開年 2015年8月5日
上映時間 125分
配給 東宝東和
監督 コリン・トレヴォロウ
メインキャスト ブライス・ダラス・ハワード (クレア・ディアリング)
タイ・シンプキンス (グレイ・ミッチェル)
ニック・ロビンソン (ザック・ミッチェル)
イルファーン・カーン (サイモン・マスラニ)
ケイティ・マクグラス (ザラ・ヤング)

2015年の夏に公開された映画「ジュラシック・ワールド」に主人公のオーウェン・グレイディとして出演されており、元海軍の軍人で「ジュラシック・ワールド」の恐竜監視員で管理人の1人を演じられました。

作中の後半の映像マジックは圧巻です。特におびただしい翼竜の群れが襲いかかるシーンは、まさにスペクタルな悪夢。さらにシリーズで一貫した裏テーマとなっている、ラプトルと人間の関係性。彼らを忘れることなく、物語に絡ませる演出が本作の勝因だとされています。

最新作である本作品は、1作目の感触に最も近いものとなったと評されています。スピルバーグ監督が抜擢したコリン・トレボロウ監督の破格のスリルとアクションを交えた、ノスタルジーの恐竜王国の見事な復活で多くの観客を魅了しました。

ジュラシック・ワールドのあらすじ

コスタリカ沖のとある島に、“ジュラシック・ワールド”という名のテーマパークが建設された。そこでは、本物の恐竜が闊歩し、安全な環境の中で彼らを身近に体験することができる。遺伝学者ヘンリー・ウー博士(B・D・ウォン)が恐竜たちを蘇らせたのだ。早速にぎわう園内では、多くの家族連れたちが、恐竜たちの動き回る様子を楽しんでいた。園の全てを監督しているのは、出世に意欲的なクレア(ブライス・ダラス・ハワード)。そこへ、クレアの甥であるザック少年(ニック・ロビンソン)とグレイ少年(タイ・シンプキンス)がやって来る。仕事で動き回っているクレアは、甥たちを構う時間がとれず、彼らにフリーパスを渡して好きに見学させていた。

ジュラシック・ワールドの感想

ジュラシックパークの続編の作品であり、恐竜たちの暴走や、アクションがかなりリアリティーがあり、とても面白く、楽しい映画でした。ジュラシックパークの世界に入り込んで行きそうでした。映画のCGの効果や、出演が最高にリアルで、迫力があり良かったです。恐竜が出た時は、恐竜に襲われるかとハラハラ、ドキドキ感がたまりませんでした。

クリス・プラット演じるオーウェンがめちゃくちゃかっこいいです。前シリーズでハラハラドキドキ展開に多用された、知能を持ち集団で攻撃することが語られていたラプトル。まさかの伏線回収でその知能と集団行動によってオーウェンに飼育されるとは。どちらかというと小賢しいイメージの怖い存在だったのですが今作では可愛さが異常。観たら必ずブルーちゃんのファンになるでしょう。前シリーズが好きな人なら随所に散りばめられたオマージュや小ネタがあるのでより楽しめると思います。もちろん、前シリーズを観てなくても迫力の映像とハラハラドキドキの演出に楽しめる事間違いなしだと思います。
過去に様々なジュラシックシリーズがありましたが、今回の作品はブルーという恐竜が味方になり人間を守るという違う形の作品になっていたので良かったです。恐竜は歴史上なので仲間意識があったのかは分かりませんが、同じ生き物として意思疎通ができる所は感動しました。

5位 ウォンテッド

公開年 2008年9月20日
上映時間 110分
配給 東宝東和
監督 ティムール・ベクマンベトフ
メインキャスト ジェームズ・マカヴォイ (ウェスリー・ギブソン)
アンジェリーナ・ジョリー (フォックス)
モーガン・フリーマン (スローン)
テレンス・スタンプ (ペクワースキー)
トーマス・クレッチマン (クロス)

2008年の秋に公開された映画「ウォンテッド」に主人公の同僚のバリーとして出演されており、誠実さに欠ける軽々しい態度の男性を演じられました。

作中で登場する超人的射撃テクニックの弾道曲げは、アメリカのテレビ番組「怪しい伝説」で検証実験され、実際には再現できないものだとされたそうです。

荒々しさ、野蛮さは変わらずに、原作コミックにあるブラックジョークも交えたストーリーにファンも納得の作品でした。新ワザの「アサシン・モード」は、視覚に加えて、聴覚を刺激する演出。暗殺者の体内感覚を見事に描いていると評価されています。

ウォンテッドのあらすじ

ウェスリー・ギブソン(ジェームズ・マカヴォイ)、25歳。彼は、職場で女性の上司に嫌味を言われる日々。さらに、親友に同棲中の恋人を寝取られる。そんな最低の毎日を過ごす中で彼は、緊張によってパニックを起こしそうになるのを薬で抑えていた。ある日ウェスリーがいつものようにドラッグストアで薬を処方してもらっていると、1人の美女が話しかけてくる。その女性、フォックス(アンジェリーナ・ジョリー)は、ウェスリーの死んだ父親のことを知っており、彼を偉大な暗殺者だったと言う。その瞬間、フォックスを襲って来た刺客との間で突然銃撃戦が始まる。フォックスは、店を飛び出したウェスリーを車で拾い、激しいカーチェイスを繰り広げる。

ウォンテッドの感想

ルトガー・ハウアーを偲んで。お顔の美しさにしみじみ見惚れてしまう。ふとした時の表情がなんとも美しい。「ブレードランナー」の印象が強いせいで敵方がイメージがあるが、賞金稼ぎ役もなかなかのハマり役。恋人とのシーンは可愛らしいし、銃を撃ちっぱなす姿ははカッコイイ、哀愁漂うラストもいい。この敵役はKissの人ってことにびっくり。白塗りのイメージしかなかった笑。

ルトガーハウアーが亡くなったとニュースで知って、思い出して投稿。この作品を観た人いないか思ってたけど、意外といますね。話は大して覚えてないほどありきたりなストーリー。失礼だけどマジで悪人面のこの二人が出てる時点で鑑賞決定。当時ルトガーの作品観まくってた。

ブレードランナーから始まり、この作品、ブラインド・フュ-リー、ヒッチャ-、サルート・オブ・ジャガーと、尊い酔っぱらいレジェンド。ルトガー・ハウワ-は本当に素晴らしい。KISSの人も気持ち悪さ最高。デトロイト・ メタル・ シテイ~!

 

まとめ

以上がクリス・プラットの人気作品ランキングでした!

いかがでしたでしょうか?

アベンジャーズ/エンドゲームのイメージが強い方もいらっしゃるかもしれませんが、実は幅広いジャンルで活躍をされており、いろいろな姿を作品を通して観ることができますので、是非この機会に気になった作品を視聴してみてはいかがでしょうか?