海外映画(洋画)の動画情報をまとめたメディア|人気映画や最新映画を今すぐネットで無料視聴する方法紹介

レッドクリフ Part II -未来への最終決戦- の動画(字幕/吹き替え)を無料フル視聴する方法

画像1(C)2009, Three Kingdoms, Limited. All rights reserved.

レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-が視聴できる動画配信サービス一覧

見放題

 

レンタル

 

配信なし

こちらからコピーして入れていただければと思います(表が完成したら消してください)

配信サービス名 配信状況 月額・ポイント・無料期間
U-next
見放題
31日間無料 月額1990円 600円分配布
hulu
レンタル
2週間無料 月額1026円 ポイントなし
amazonプライムビデオ
配信なし
30日日間無料 月額500円 ポイントなし
TSUTAYA DISCAS
レンタル
30日間無料 月額2417円 1100円分配布
music.jp
  30日間無料 月額1958円 1600円分配布
dTV
  31日間無料 月額500円 ポイントなし
TELSA
  30日間無料 月額562円 550円分配布
FODプレミアム
  2週間無料 月額888円 900円分配布
ABEMA
  1ヶ月間無料 月額960円 ポイントなし
NETFLIX
  無料期間なし 月額800円 ポイントなし
新動画サービス「Paravi」の挑戦 背景にあるテレビ局の危機感と ...
Paravi
  2週間無料 月額1027円 チケット1枚配布
初月無料】動画視聴するならビデオマーケット
ビデオマーケット
  初月無料 月額500~2000円 540~2160円分配布
M500X/ネットワーク/動画配信サービス|テレビ|REGZA:東芝
クラインクインビデオ
  2週間無料 月額990円 2000ポイント配布
Disney DELUXEロゴ| キャステル | CASTEL ディズニー情報
ディズニーデラックス
  初月無料 月額770円 ポイントなし
U-nextなら「レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-」が31日間も無料で見放題で、 なおかつ配布される600ポイントを使用して話題の新作も楽しむことができます作品の画像 また、業界トップの作品数を誇っており海外映画はもちろんのこと、 アニメ、国内ドラマ、韓流ドラマなども同時に楽しめるので非常にオススメとなっています

レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-の字幕/吹き替えが見れる動画配信サービス

配信サービス名 字幕 吹き替え
U-next
amazonプライムビデオ
TSUTAYA DISCAS
dTV
ビデオマーケット

→ 作品が見れるサービスだけを表に加えて字幕と吹き替えがあるのかをまとめる (この文章は消してください)

 
注意
pandora tvやDailymotionなどでアップされている動画を視聴すると ウイルスに感染する可能性が非常に高いです
草屋大黒堂: 8月 2010
ウイルスに感染して個人情報を抜き取られたり、 悪質なサイトに入ってしまうことになるので注意する必要がありますしかし動画配信サービスを利用すれば、
  • ウイルスに感染する可能性がない
  • 高画質・高音質でフル動画を見ることができる
  • 途中で広告が入ってこないといったことがありますので非常にオススメです!

レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-の無料動画の検索結果

字幕動画

吹き替え動画

レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-の作品情報

強敵を前に知略を競う周瑜と諸葛亮の活躍を軸に、曹操・孫権・劉備ら各陣営の英雄、周瑜の妻・小喬や孫権の妹・尚香らヒロインそれぞれの戦いが赤壁の戦いをクライマックスとした一大決戦を舞台に、様々に交錯して展開する。 前作に比して、火攻めで火達磨になる敵味方の兵士たちの描写や、孫尚香の友の無惨な死など、戦争そのものの悲惨さを強調した描写が目立つ。 孫権には尚香というおてんばな妹がいた。彼女は自ら鍛えた軍隊をもつほどの腕前で、曹操の陣の男装をして忍びこんでいた。そこで曹操の軍隊に疫病が流行していることを知った彼女は、孔明に伝書鳩でその事実を伝える。一方で曹操は疫病で倒れた兵の死体を船に積み、敵陣である孫権と劉備の軍に送る。残虐非道な行為に周瑜たちは憤りを覚えるが、疫病を目の当たりにした劉備は撤退することを決意する。しかし孔明はその場に留まり機会を探す。そんな時、曹操の陣営に乗り込んでいた尚香が帰還。陣営の配置図を完成させてきたのだ。それを見て勝機を言い出した周瑜。気象学や地理学を駆使し、周瑜は連合軍が勝つために必要な「東風の風」が吹く日を割り出した。そしてその風が吹いた日、連合軍は見事に勝利を収める。その一方でこの戦いに自分が関係していると知った小喬は、曹操のもとへ向かっていたのだ。小喬を助け出し全ての肩がついたが何故か虚しさが残った周瑜だった。そして孔明と周瑜にも別れの時が来てしまった。

 

 

公開日 2009年4月10日
配給 東宝東和、エイベックス・エンタテインメント
制作国 アメリカ・中国・日本・台湾・韓国合作
上映時間 144分
公式サイト・SNS 公式サイト:https://redcliff.jp/news/main.html

 

レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-のキャスト・吹き替え声優

周瑜 : 梁朝偉(山寺宏一) 知略・武略に優れており、曹操や劉備からも恐れられるほどであった。寛大な性格で人心を掴むことが得意。 諸葛孔明 : 金城武(東地宏樹) 中国後漢末期から三国時代の蜀漢の政治家・軍師。蜀漢の建国者である劉備の創業を助け、その子の劉禅の丞相として補佐した。 曹操 : 張豊毅(磯部勉) 後漢の丞相・魏王で、三国時代の魏の基礎を作った。三国志演義では、適役・悪役。 孫権 : 張震(平田広明) 三国時代の呉の初代皇帝。馬をよく操り、騎射が得意。 孫尚香 : 趙薇(朴璐美) 三国時代の呉の女性で、劉備の即位前の正室の一人。身の回りには常に武装した侍女たちが付いている。 趙雲 : 胡軍(佐久田修) 五虎大将軍の1人。非常に勇猛かつ義に篤い、また冷静沈着な武芸の達人。 甘興 : 中村獅童(中村獅童)甘寧をモデルにした架空の人物。 小喬 : 林志玲(岡寛恵)橋公の娘で周瑜の妻。絶世の美女。

レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-のスタッフ

監督: ジョン・ウー 脚本:ジョン・ウー、チャン・カン、コー・ジェン、シン・ハーユ 原作:三国志演義 製作:テレンス・チャン、ジョン・ウー 製作総指揮:ハン・サンピン、松浦勝人、ウー・ケボ、千葉龍平、デニス・ウー、ユ・ジョンフン、ジョン・ウー 撮影監督:リュイ・ユエ、チャン・リー 編集:デビット・ウー、アンジー・ラム、ヤン・ホンユー 音楽:岩代太郎
 

レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-の感想

作品の感想
(30代・男性) まずその圧倒的な世界観にに魅了されました。こんな場所よく見つけたなと思ってしまう程、美しく壮大な大自然の中で大勢の兵士達の駆け回る様子はまさに三国時代の合戦といった感じで観ていてとても爽快な物でした。特に印象に残ったのは曹操軍の大艦隊が炎上していくシーンで、敵味方それぞれの思惑が交差する中、見事作戦を成功させ敵の軍船が燃え上がっていく様子は孔明達の強い勝利への意志を感じると共に、何百はあろうかという軍船が一気に燃え上がっていく大迫力を味わえる名シーンです。他にもこの映画には孔明や周瑜が楽器を奏でるシーンが度々あるのですが、その雰囲気が独特で静寂に包まれた部屋で美しい音色を奏でる様子にため息が出る様な何とも言えない感動を覚えました。クライマックスに近づくと今度は打って変わって武将達の一騎討ちのシーンが多くなりその表情、動き、心理描写など細かくも大胆に表現されているので惹きつけられるものがあり、最後まで飽きる事なく観ることができとても満足のいく作品でした。この作品は三国志を題材にしているので一見難しい印象を受けると思いますが知識などない人でも、その圧倒的な映像美や深い心理描写によって充分に楽しめる良作だと思います。
アル(30代・男性) 三国志の有名な戦いである赤壁の戦い。それを実写化された作品であるレッドクリフシリーズ。そのレッドクリフPARTⅡは蜀の軍師諸葛亮、呉の軍師周瑜が手を組み魏に戦いを挑む話です。魏は今にも全てを手に入れる勢いがある中で敵同士である蜀と呉が立ち向かうといった壮大な話になります。赤壁の戦いといえば水軍と火が使われるのが有名ですが、三国志のことは全く知らない方や名前は知ってるけど見たことがない方でも三国志をテーマにしたことでスケールの大きさに圧巻されます。なんと言っても諸葛亮がカッコ良く諸葛亮の言葉一つ一つに惹きつけられますし、その才能から呉の周瑜が嫉妬する感情に色々考えさせられる作品です。一つ一つの場面が壮大で飽きる場所もなくずっと目が釘付けになります。三国志を見てないから話がわからないなどで見るのを止めていた方などは是非このレッドクリフPARTⅡを見て三国志の世界に足を運んでみてはいかがでしょうか。この作品を見たら三国志の色んな場面の戦いから人柄、人物を知ってみたいと思えること間違いなしです。レッドクリフPARTⅡを見てからPARTⅠを見ても面白いですので是非三国志が好きな方からそうでない方、全く三国志のこと知らない方にもオススメできる作品です。
Eastflower (50代・男性) 数で圧倒的に有利な曹操(そうそう)軍を呉・蜀(ご・しょく)連合軍が火攻めで破るシーンはすごい迫力で、ドラマでは再現できない映画ならではの世界であり目が釘付けになりました。Part Iでは、待ち伏せで陣形を作り曹操軍を撃退した連合軍でしたが、今回は水軍による火攻めで、真っ暗な夜に火の黄色は鮮やかで、見どころも満載でした。大船団で押し寄せる曹操軍を岸前にした連合軍は、霧の朝にダミーの船で曹操軍に接近します。ものすごい数の矢が船に飛んできますが、船の中では冷静にお茶を飲んでいる天才軍師、諸葛孔明(しょかつこうめい)。見事に曹操軍から矢を調達することに成功するこのシーンは何度見ても痛快です。多勢に無勢。少数の軍が大軍に勝利するためには、自然の力を借りるしかありません。東南の風に変わったときが攻め時だとはわかってはいても、いつ風向きが変わるのか?戦いのため、日々、訓練に励む連合軍の周瑜(しゅうゆ)たち。天候の分析やまじないで東南の風を起こそうとする孔明。そして、ドンピシャリと風向きが変わった時、攻勢をかける連合軍でした。この作品は、三国志ファンのみならず諸葛孔明を演じた金城武ファンにはたまらない映画なのです。

レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-の関連作品

レッドクリフ Part Ⅰ